乳児湿疹がお腹だけに出ているのはどうして?原因とケア方法

赤ちゃんにキスするママ
スポンサーリンク

乳児湿疹といえば、顔に出る赤ちゃんが多いと思います。

ある日赤い湿疹がポツポツできてるな~なんて思っていたら次の日には、ほっぺたやおでこ口の周りと、全体が赤くなって見えるほどの広がりになっていてパニックになるママも多いのでは。

ところが気付きにくいのが、お腹の乳児湿疹です。顔と同じようにブワーっと広がって発症するというよりかは、ポツポツと散らばって発症します。

 

 

私の娘のように、顔から始まって全身に広がったならお腹の乳児湿疹にも気付きやすいですが、お腹だけの乳児湿疹もあるようなので、そうなるとなかなか気付きづらいのではと思います。

娘もお腹の部分の症状はあまりひどくはなかったように思います。顔や背中などが特にひどかったので、余計にそう感じました。

一度乳児湿疹になると、1、2カ月はきちんとケアをしないとダメです。気付くのが遅かったり間違ったケアを続けていると取り返しのつかないことになってしまい、完治するまでに1年位かかってしまいます(実体験)。

幸いお腹だけに出ているということなら、きちんとケアすればすんなり完治できるはずです! 悪化して長引かないためにも、原因とケア方法をまとめたので要チェックです!

 

原因

干からびた地面 お腹だけに乳児湿疹が出ているということですが、もしかして赤ちゃんは生後2~3カ月頃ではないですか? というのも、乳児湿疹が発症する1番の原因というのは「乾燥」なのですが、丁度その頃の赤ちゃんのお肌は急に乾燥モードに変わるんです。 生後2カ月頃までは、ママからもらった女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰なほどなんですが、生後3カ月頃になると女性ホルモンの働きが収まります。なので次はお肌が乾燥しやすい状態へと変わってしまうんですね。 そしてさらに、その時期が冬の寒い時期や季節の変わり目とばっちり被ってしまうと、空気が乾燥しているのでよりお肌を乾燥させてしまいます。誕生月から数えて被ってしまう赤ちゃんは、より乾燥対策を心がけてあげてください。

スポンサーリンク

ケア方法

沐浴する赤ちゃん 原因が乾燥なので、対策すべきは「保湿」です。保湿よりも沐浴などきれいにする方に力を注いでしまいがちですが、何よりも保湿に重点を変えてみてください。きっと効果が表れるはずです。 季節の話をしましたが、私の娘は1月生まれでした。もちろん、とても寒い時だったので沐浴のときは風邪を引かさないように大変でした。しかし、ここにも間違ったケア方法が隠れています。 冬場のお湯の温度設定は40度~41度が望ましいとされていますが、人間の皮膚は37度以上のお湯に浸かると乾燥しやすくなるようです。冬だと温度設定が高めになってしまうので、より保湿しなければなりません。 お風呂から上がったあとは、寒いし泣いて暴れるし、ママも慣れていないのもあって、保湿を怠りがちになりますよね。とりあえずちゃっちゃとベビーオイルを塗って、早く服を着せなきゃ風邪ひいちゃう!という気持ちはわかりますが、お風呂上がりが一番お肌が乾燥しているので、いつもより少し時間がかかっても丁寧に塗ってあげてください。 沐浴の回数も、本当は2~3日に1回で十分です。娘の乳児湿疹がひどい時は2~3日に1回に減らしました。でも何となく気持ち悪いというか気になるので、朝起きた時やお昼寝のあとなどお着替えの時に、お湯で蒸らしたタオルで体を拭いてあげていました。もちろん、その後にベビーオイルも忘れずに! 1日のほとんどを寝ている赤ちゃんは、大人の2倍の汗をかくと言われています。そのままにしておくと乳児湿疹が悪化する原因(あせもなど)にもなってしまうので、沐浴の回数を減らしてその代わりにタオルで拭いてあげる方法はおすすめです。娘も気持ちいのか、その時はニコニコしてじっとおとなしくしてくれていました。

マッサージの効果

新生児を抱くママ 乳児湿疹が出ているのはお腹だけだったとしても、お肌が乾燥している状態なのは間違いないので、他の部分にも出てしまわないように全身を保湿する方がいいと思います。 保湿クリームは1日に何回塗っても大丈夫なので、お風呂上がりだけでなく、日中でも塗ってあげてください。その時に軽くマッサージするように塗ってあげると赤ちゃんも喜んでくれるので、一石二鳥ですね! マッサージはママのオリジナルでもいいし、ベビーマッサージといって赤ちゃんの発育に合わせて行うマッサージもあります。 ↓ベビーマッサージの参考動画です↓

ベビーマッサージは赤ちゃんの発育を促すだけでなく、赤ちゃんとママの肌が触れ合うことで、お互いに心が満たされたり安心したりと良いことづくしのスキンシップの一つです。 ベビーオイルを塗られている時間が赤ちゃんにとって楽しい時間になるようにしてあげたいですね。

 まとめ

1、お腹の乳児湿疹の原因は「乾燥」

2、保湿をしっかりしましょう

3、ベビーマッサージで保湿とあわせて一石二鳥!

赤ちゃんにとって乳児湿疹は、ひどくなればなるほどつらくなっていきます。また、赤ちゃんが苦しむ姿を見ているだけのママにとってもつらいものです。悪化してしまう前に、きっちり治しちゃいましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です