乳児湿疹から黄色い汁が?!正しい対処法と誤った対処法

乳児湿疹と黄色い汁
スポンサーリンク

私の子供は生後1ヵ月頃に、乳児湿疹が急激に出てくるようになり、清潔にしていれば治るものだと出産した産科で教わっていたので、様子を見ることにしました。

しかし、徐々に症状は悪化し、黄色い汁が出てきてしまい皮膚科に受診しました。

その時に皮膚科の先生に教えてもらった、正しい対処法と誤った対処法を紹介したいと思います。

黄色い汁の原因とは・・

子供の乳児湿疹から黄色い汁が出てしまっている場合、大きく分けて2つの原因があるようなのです。

黄色い汁は浸出液

1つ目は、黄色い汁が浸出液の場合です。

乳児湿疹を掻いたり、誤った対処法によって悪化させてしまった場合、炎症が起き浸出液という黄色い汁が出てきてしまいます。

しかし、その黄色い液は細菌などが含まれているのではないか、嫌な臭いもするので汚いのではないかと思われがちですが、浸出液には湿疹を治してくれる成分が含まれているようです。

黄色い液が出るという事は、かなり状態が悪化している状況でもあるため、治るまで時間がかかってしまうので、病院へ受診することをおすすめします。

アトピー性皮膚炎

2つ目の原因としては、アトピー性皮膚炎の場合があるそうです。

アトピー性皮膚炎が原因で、湿疹ができてしまうと、黄色い汁が出るケースが多いという事でした。

しかしアトピー性皮膚炎と乳児湿疹の違いは素人では見分けらないようです。

乳児湿疹であれば、正しい対処法を行うことで症状が落ち着いてくるのですが、アトピー性皮膚炎が原因の場合は、症状がどんどん悪化してしまうそうです。

治らないなと感じたら、すぐに皮膚科に受診したほうが良いですね。

大体2か月程度続き、頭から顔、体へと湿疹が広がっていったら、アトピー性皮膚炎である可能性が高いようですが、様子を見ている間も子供はかゆみを感じているため、早めに対処してあげられるように、病院へ受診したほうが良いかもしれません。

乳児湿疹から黄色い汁が出たときの正しい対処法

乳児湿疹から黄色い汁が出てきてしまった場合、病院へ受診することも大切なのですが、皮膚科の医師の方から、自宅での正しいケアもはたく治すためには必要であると、教えていただいた正しい対処法です。

ストレスを軽減

子供は小さい赤ちゃんでも、お母さんの気持ちには敏感です。

その為、お母さん自身がストレスを抱えていると、子供もストレスを感じてしまいます。

子供とお母さんで外に出て散歩をしたり、一緒に楽しくスキンシップを図り、ストレスを軽減するようにしましょう。

また、子供を数時間での見てくれている人が身近にいる場合は、思い切って子供と数時間離れて息抜きをすることで、ストレスを軽減し、ストレスを共有するという悪循環を断ち切れますね。

栄養素の高い食事を

栄養素の高い食事を心がけることは大切ですが、赤ちゃんの場合母乳を与えていることも少なくないでしょう。

大人の食事は味が濃く、塩分が高いものや油や砂糖が多く称しているものが多いですよね。

味が濃いものや塩分の多いもの、砂糖が多いものは乳児湿疹を悪化させてしまう原因となるため、質素で栄養価の高い食事を心がけるようにすると良いですね。

清潔に保つ

子供の顔を清潔に保つように心がけましょう。

食べこぼしがついていたり、母乳やミルクが口周りについてしまっている場合は、綺麗に拭いて清潔に保つことが大切です。

スポンサーリンク

また、よだれは水でしっかりと流し落とす必要があります。

酷い汚れの場合はせっけんを使用して洗うと良いのですが、せっけんの落としに気を付けましょう。

肌の保湿力を高める

そして最も重要なポイントなのですが、肌の保湿力を高めてあげると良いそうです。

肌の保湿力が高いと、肌トラブルとは無縁になります。

また、保湿力が高い肌は、乾燥しにくくなるため、かゆみが落ち着き黄色い汁が出る原因となる掻く行為を防ぐことができます。

保湿力が高ければ、口元の汚れを拭いた時も乾燥してしまわないので新たな肌荒れを引き起こす心配がなくなりますね。

保湿力を高めるためには、ベビーローションを活用したり、ベビー用の保湿クリームを塗ってあげると良いです。

誤った対処法

黄色い汁が出てしまった場合、つい行ってしまいそうな対処法があります。

実際に私も行ってしまっていた対処法がありました。

黄色い汁をティッシュで拭く

親が子供の黄色い汁を優しく少しだけ拭くのは問題ないのですが、強く拭き取ろうとしたり、子供が親の真似をして、自分で拭いてしまうと危険です。

ティッシュの破片が患部にへばりついてしまったり、ティッシュについていた何らかの菌が侵入してしまい、悪化してしまうことがあります。

あまり何度も拭き取ったり、ティッシュを使用することは避けたほうが良いですね。

赤ちゃん用ソープは適量で

赤ちゃん用ソープを使用することは良いのですが、赤ちゃん用だから洗浄力が弱いのではないかと思い込み、何度も使用したり多めに使用するようにすることは避けましょう。

赤ちゃんソープの洗浄力は大人用の物よりも洗浄力が強いものが多いので、適量での量を使用し、洗いすぎには注意しましょう。

ワセリンなどを塗る

黄色い汁が出たことで、悪化していると思いワセリンなどを塗ることは避けましょう。

ワセリンを塗って保湿しようとしても、ワセリンには保湿機能が無いので意味がありません。

ワセリンは保湿できるクリームなどを塗ってから、カバーするために上から塗れば活躍してくれますが、乾燥した上からカバーだけしても、肌に良い影響は無いですね。

更に、患部にワセリンを塗ることで、刺激となり更なる乳児湿疹の悪化に繋がってしまう場合もあります。

絆創膏やテープを貼る

外気に触れることで菌が入りそうだから、見た目がかわいそうだからなどの理由から、絆創膏やテープを貼ってしまうケースがあるそうなのですが、絆創膏やテープを貼ることで、肌から体外に出そうとしている菌を肌へ戻してしまったり、剥がす時に幹部への刺激となってしまいます。

風に当たらず、蒸れることで悪化してしまう場合もあるので、乳児湿疹には何も貼らないほうが良いですね。

まとめ

  • 湿疹から黄色い汁が出る原因は浸出液の場合とアトピー性皮膚炎の場合がある
  • 対処法としては、ストレスをなくす、食事の改善、清潔に保つ、保湿力を高めることが大切
  • 黄色い汁はティッシュで拭かない、赤ちゃんソープは適量使用する、ワセリンを塗らない絆創膏などを貼らないことが大切

私も誤った対処法をいくつかしてしまっていましたが、皮膚科から処方された塗り薬と、正しい対処法で完治、再発を防ぐことができました。

子供の肌は小さいうちからしっかりとケアしてあげることで、大人になってからの肌質が関係してくるという事もあるようです。

綺麗な肌にしてあげたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です