乳児湿疹からジュクジュクの黄汁が!!それは乳児湿疹の悪化のサイン

乳児湿疹と黄汁
スポンサーリンク

何もかも手さぐりの育児の中、今まで何もなくきれいだった赤ちゃんの肌に赤い湿疹が出始めみるみるうちに痛々しい状態に…。丁寧に洗ってもお風呂上りにケアしてもなかなか良くならないこの湿疹。そんな赤ちゃんを見ていると何も悪くないお母さんがなぜか罪悪感でいっぱいになってはいませんか?乳児湿疹に悩んでいるお母さんの役に立てばと思い私の経験とともに黄汁が出る乳児湿疹について説明しますね。

乳児湿疹の原因とは

乳児湿疹とは乳幼児の赤ちゃんの顔や体にできる湿疹のことを総称して乳児湿疹と呼びます。赤ちゃんにできた湿疹が全て乳児湿疹と呼ばれるので症状やタイプはさまざまで、その程度も人によって違い多くの赤ちゃんが初めて経験する肌トラブルともいえます。中には「うちの子は乳児湿疹とは無関係なぐらいツルツルです」なんてうらやましいお子さんもいます。

生後間もない赤ちゃんは大人の肌に比べて肌のバリア機能が未完成なので、あらゆるものが赤ちゃんの肌の刺激となって肌トラブルを起こしてしまうのです。それに、新生児の赤ちゃんは体の中で一時的に男性ホルモンが多くなってしまうために、皮膚から油分が過剰に分泌され肌は脂ぎってしまい毛穴が詰まって乳児湿疹になります。

このホルモンの影響で多くの赤ちゃんはポツポツと赤い湿疹がではじめニキビのように頬やおでこに広がっていきます。生後3カ月ごろにはホルモンが落ち着くので、皮脂の過剰分泌も落ち着き乳児湿疹も気が付くと良くなってきます。

こればっかりは仕方のないことなので、母乳育児のお母さんはお母さんの食べ物が悪かったなんてことは決してないので全て自分のせいだ…なんて自分を責めないでください。ミルクで育った赤ちゃんでも乳児湿疹は起こります。 

乳児湿疹が悪化すると黄色い汁が

乳児湿疹がなかなか治らず湿疹を不快に感じる赤ちゃんが自ら湿疹を掻きむしることでどんどん湿疹が悪化し、肌がジュクジュクとし始め皮膚から黄色い汁が出てきます。この汁は炎症を起こしている肌を再生するためにあふれ出てくる浸出液で肌の再生には必要な汁なんです。

汁が出ることは体の正常な反応ですが、この汁が出てくるということは乳児湿疹が悪化してしまっているということになります。息子の場合も頬全体に黄汁がでて湿疹が耳の付け根の部分にまで広がり、耳切れが起こりそこからも汁がでるようになりました。

その汁が枕元や髪の毛に絡まりカピカピに固まり、浸出液で寝具の繊維まで一緒に固まってしまい皮膚に繊維がこびりついていることもよくありました。見た目はやけどしたかのような肌で皮膚はとっても薄くなってしまい、顔全体が大きな傷のような状態で本当に痛々しい肌でした。

黄汁の対処方法

ホルモンの影響で起こる乳児湿疹なので湿疹ができないようにする方法を見つけることは難しいのですが、自宅で今以上に悪化させないようにする対策はあります。

スポンサーリンク

それは日々のケアです。ジュクジュクして黄汁が出てしまった肌は見ているだけでも痛々しくなるべく触れずそっとしてあげたい気持ちになるはず。ですがそこは子供の肌の悪化を防ぐためにも心を鬼にして、でも手つきは優しくていねいに肌を洗ってあげてください

赤ちゃんは一日中のほとんどを家で過ごしているので、外で遊びまわる子供ほど汚れることはないのですが家の中で過ごしているだけでも肌には汗やホコリ、雑菌が付着します。

デリケートな赤ちゃんの肌でその上乳児湿疹で炎症を起こしている肌ならば、いつ悪化してしまってもおかしくない肌状態です。ひどく炎症を起こしている肌からさらに細菌感染が起こらないように汁が出ている肌を清潔に保ってください。

洗顔は自宅で心がけることであって、必ず病院は受診してください。黄色い汁が出てしまっている乳児湿疹は赤ちゃんにとっても不快です。

毎日の洗顔と併せて病院での適切な治療で早めに治してあげる必要があります。

私は病院で

「乳児湿疹はこんなものだから仕方がない」

「大きくなれば治るから今は焦らないで様子をみましょう」

「赤ちゃんはお人形じゃないからずっときれいな肌でいようなんて思わないで」

と言われました。

「そんなことは分かってる!!ただ荒れた肌のせいで気持ちのよいはずのお風呂がしみて痛みを感じて苦痛な時間となってしまっていることや、痒みで寝付けない息子のストレスを少しでも軽減して欲しいだけなの!!」

と何度思ったことか…。その気持ちを理解してくれ、効果が出る皮膚科にめぐり会うまで何カ所も皮膚科を受診しました。 

まとめ

  1. 赤ちゃんは一時的に男性ホルモンが多くなることで皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まって乳児湿疹となっています
  2. 乳児湿疹が悪化すると肌の炎症が強くなり乳児湿疹から黄汁がでることがある。これは傷口を再生するための体が起こす正常な反応である
  3. 黄汁が出るジュクジュクな肌も毎日の洗顔を欠かさず行って肌の余分な皮脂や汚れを洗い流す
  4. 自力で治そうと思わず必ず病院を受診し適切な治療を受ける

 

私も息子の乳児湿疹で悩み何度携帯で「○カ月 肌荒れ」「○カ月 乳児湿疹」を検索したことか。今思い返すとあの頃は必死でなんとかしてあげたい、痛みを取ってあげたいと毎日何かに助けを求めていました。

生後1カ月から生後6カ月にかけてはお宮参り、お食い初めやハーフバースデーと多くのイベントがあるのでできるだけきれいな肌で迎えたい、かわいい写真に残してあげたいと思っているはず。

乳児湿疹は時間と共に良くなるものです。でも乳児湿疹だから仕方ないと今を諦めてしまうのではなく、子供のためにいろいろと試してみることは大切なことだと思います。

何が正解なのかは子供によって違います。意外と当たり前のように毎日していたことを少し変えてみたりするだけでも乳児湿疹の改善につながることもあるんですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です