ラフィスADリッチクリームはアトピーに効果なし?実際の付け心地や効果のリアルな感想を暴露!!

ADリッチクリーム0
スポンサーリンク

私は中学生の頃にアトピーになりました。

それからずっとステロイドに頼り過ごしてきました。

しかし、高校生になり、ステロイドを塗るとアトピーが治まるものの、ステロイドの使用を辞めるとすぐに再発してしまっていることに気づきました。完治しないのです。

既に私はステロイドが無い生活は考えられず、依存してしまっていました。

そこで私はアトピーを完治させるためにはどうしたらよいのか自分なりに調べていると、ステロイドを辞め、脱ステロイドでアトピーを完治させることで、アトピーから完全に抜け出せるということを知ったのです。

私はその情報を詳しくも調べずに、ステロイドの使用を辞めました。

その結果私の肌は最悪な状態に・・・。

見た目もボロボロ、痒みも酷く、ジュクジュクになってしまった部分は傷むという状態でした。

そんな私を見てステロイド肯定派の母はすぐに皮膚科に私を連れて行き、またステロイドでの治療に逆戻りです。

本当に気分も最悪でした。

ステロイドを辞めたいのにやめられない、辞めた結果、私の考えを聞いた母との関係も喧嘩ばかりに・・・。

ステロイドの代わりになるステロイドではないアトピーに効く何かが必要だったのです。

そのまま大学進学、卒業、社会人へとなり、ステロイドとの生活が続いていました。

諦めかけてステロイドで炎症を抑える日々の中で、化粧も上手くできない、好きなファッションも出来ない、手のアトピーは人目に良く付き、心配される事に嫌気を感じ、諦めきれずに何かないのか、どうにかアトピーは完治しないのかと調べ続けていました。

そんな時、ラフィスADリッチクリームというものを見つけたのです。

アトピーに効果的、ステロイドでもない、これでアトピーが完治するのではないかと期待して購入しました。

アトピーはなぜステロイドでは治らない?!

ADリッチクリーム1

アトピーにとって最善薬とされているステロイド、ほとんどの皮膚科ではステロイドが処方されます。

しかし、ステロイドを塗ってもアトピーが完治することは無く、再発を繰り返してしまうのです。

それはなぜなのでしょうか・・・。

ステロイドはアトピーによって起きた肌の炎症を抑える役割を果たしています。

炎症抑えられますが、それは完治ではありません。

肌の炎症を起こしている原因は黄色ブドウ球菌というものだからです。

ステロイドはこの黄色ブドウ球菌を操ることはできないため、炎症を抑えたところで炎症を引き起こす黄色ブドウ球菌は、また悪さをしてきます。

だからステロイドを塗っていてもアトピーが完治することはないのですね。

黄色ブドウ球菌をどうにかしなければいけません。

また、肌は炎症が起きてしまうと水分が無くなります。

肌に水分を与え、保湿しなければ、肌のバリア機能は低下してしまい、弱った肌となってしまいます。

殺菌効果のある薬で完治?

市販のもので殺菌効果のある薬はたくさんありました。

黄色ブドウ球菌は肌の悪玉菌であり、この菌を殺菌したら治るのではないかと思いますよね。

しかし、調べたところ殺菌効果のある薬は、悪玉菌だけを死滅させるのではなく、善玉菌までもを死滅させてしまうのです。

善玉菌は肌をより良い状態に保ち守ってくれている菌なので、肌にとって絶対的に必要な菌です。

善玉菌も無くなってしまえば、肌が何にも守られていない弱い状態となってしまい、外部からの刺激により、アトピーは再発しやすくなってしまいます。

アトピーを完治させるためには・・・

  • 黄色ブドウ球菌を抑制し、善玉菌は残す。
  • 肌を保湿して肌バリア機能を高める。

ということが必要となるのです。

ADリッチクリーム2

ラフィスADリッチクリームは含まれているダチョウ卵黄エキスというものが配合されています。

このダチョウ卵黄エキスが黄色ブドウ球菌にのみアプローチをすることで、黄色ブドウ球菌は抑制され、黄色ブドウ球菌が悪さを出来なくなってしまうというのです。

また、様々な保湿成分がたっぷりと含まれているため、肌の保湿も出来てしまうのです。

私が求めていたものとしてピッタリでした。

市販の保湿剤との違い

市販の保湿剤でもアトピーを治すことが出来るものが無いかとたくさん探しました。

スポンサーリンク

しかし、市販の保湿剤には殺菌作用のあるものなら見つけられたのですが、それでは残しておかなければいけない善玉菌までもを無くしてしまいます。

また成分も見ると無添加のもの、パラベン不使用のもの、エタノールフリーのもの、香料不使用、医薬品不使用のものを見つけることはできませんでした。

一方でラフィスADリッチクリームは肌に限りなく優しい成分で作られていました。

ラフィスADリッチクリームを使った結果・・・

 

初日

アトピー肌で悩み、脱ステロイドで最悪な思いをした私は、いくら調べて安全なものと知り、効果があるということを確信していたとしても、不安は残っていました。

そこで手にだけラフィスADリッチクリームを塗ってみました。

するとかゆみがおさまり、肌に違和感もなく使用できました。

またお風呂上りは乾燥してカサカサになってしまう肌もしっとりとしていました。

ステロイドを塗っていないのに、痒みがおさまるクリームと出会ったのは初めてで感動しました。

その後お風呂上りに毎日全身にラフィスADリッチクリームを塗り続ける生活を始めました。

もちろん早く脱ステロイドしたかった私は、ステロイドの使用はやめました。

1週間~2週間

その後も痒みは落ち着き、炎症も治ってきました。

お風呂上りも塗りましたが、乾燥し痒みを感じたときも塗るようにしていました。

1ヵ月

塗り始めて1ヵ月、肌の状態はかなり落ち着きました。

炎症も引き起こらずに、アトピーは治りました。

その後・・・

ラフィスADリッチクリームを塗り続けているため、アトピーの症状は引き起こらず、過ごせています。

しかし、使用を辞めれば黄色ブドウ球菌はまた増殖してしまうかもしれません。

また、保湿もしっかりと出来ているため、肌が弱りトラブルが起きることは無くなっていますが、使用を辞めれば乾燥しはじめ、肌トラブルが再発もしてしまうかもしれません。

今はアトピーの症状が再発する気配はありません。

ラフィスADリッチクリームでアトピーは完治する?

私はラフィスADリッチクリームで痒みや痛みから解放されました。

毎日痒みと戦い、醜い肌を隠し、気づかれれば落ち込み、ステロイドを辞めて完治させたいという悩みで頭が一杯でした。

そんな状態からラフィスADリッチクリームは私を救い出してくれたものでした。

しかし、使用を辞めるということはできていません。

肌にとって黄色ブドウ球菌を抑制し、保湿をすることは大切だと実感したからこそです。

私は副作用が起きてしまうため、使用を辞めたかったのですが、ラフィスADリッチクリームは肌に優しい成分でしたし、副作用も出ず、医薬部外品なので使用を続けても問題ないと感じています。

ステロイドを使い続けるよりも断然ラフィスADリッチクリームのほうが安全だからです。

ステロイドよりも値段が高いことがネックですが・・・。

ラフィスADリッチクリームの使い心地

ラフィスADリッチクリームはかなり伸びが良く、少量で広い範囲に塗り広げることができました。

また塗心地としては、保湿成分がたっぷりと含まれていると、ベタベタするイメージですが、サラッとした塗心地でした。

その為、お風呂上りだけではなく、仕事中も痒みを感じたり乾燥しているなと感じると塗っていましたが。制服と肌がベタベタとすることもなく、不快感なく使用できています。

まとめ

ADリッチクリーム3

ラフィスADリッチクリームを塗り続けることで、アトピーの炎症は起きない日々を手に入れることが出来ました。

現在もラフィスADリッチクリームを塗り続けています。

もしラフィスADリッチクリームの使用も辞めるとしたら、黄色ブドウ球菌が繁殖しない他の手段、肌が乾燥しない他の手段が必要となるでしょう。

ラフィスADリッチクリーム以外の方法で何か手段があるかを調べてみましたが、結局手段としては、また効果のある保湿剤を塗るということになるという結果になりました。

それなら、まだ信頼できない未知のクリームを塗り始めるよりも、確実にアトピーに効果のあったラフィスADリッチクリームを塗り続けたほうが賢明だと思うのです。

塗心地も私的にはとても良いですし、チューブ式なので、持ち運びも持ち運び先で塗るときも使い勝手が良いということもラフィスADリッチクリームを使い続けているポイントの1つですね。

今後もラフィスADリッチクリームで肌の状態を保っていきたいと思います。

使い続けるという結果に至ったこともあり、はじめて注文する際に、お試し定期便にしておいてよかったです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です