ホホバオイル使ったらアトピー悪化?実際使ってみて検証してみた!

アトピーとホホバオイル2
スポンサーリンク

わたしが初めてホホバオイルを使ったのはおよそ8ヶ月前。

季節は春でした。

いつもこの時期はアトピーが悪化する季節で、8ヶ月前もいつものように肌が荒れていました。

そんな時にインターネットサイトで話題のオイルで、「ホホバオイル」というものがありました。

友達が使っていて、アトピー良くなったということ聞いていましたし、いつも通っている皮膚科医からも勧められたので使ってみました。

結果は最悪でアトピーが悪化してしまいました。

なぜだ?

天然成分で、添加物もなく、低刺激なのになぜアトピーが悪化してしまったのか?

今回はその原因について、そしてホホバオイルの種類や使い方など幅広く紹介していきたいと思います。

悪化した原因

アトピーとホホバオイル2

悪化した原因はわたしの体質にありました。

わたしの肌は非常にかぶれやすく、季節が春になると毎年鼻水が止まらなくなるなどの他のアレルギーの症状もありました。

わたしが使った「ホホバオイル」は植物成分100パーセントで、その植物成分にかぶれてしまい悪化してしまいました。

もし使うのであればまずは目立たない場所につけてみて、次の日に皮膚が赤くなっていなかったら問題なく使えるので、最初はちゃんと検査をしてみてください。

保湿目的で使うとかぶれたのですが、シャンプーで使うと荒れなかったです。

よくわからないですけれど、洗い流すとわたしは使えました。

わたしの皮膚は、皮膚にオイルが残ると悪化するタイプですね。

オススメの使い方

アトピーとホホバオイル3

「ホホバオイル」の使い方は二つあります。

  • スカルプケア
  • 保湿ケア

わたしは「ホホバオイル」を保湿で使ってかぶれてしまったので、保湿ケアについてはオススメする方法が思いつかないので、スカルプケアの方法を紹介したいと思います。

  1. 15ミリから20ミリのホホバオイルを手に取ります。(一般的なボトルタイプのシャンプーのワンプッシュで1プッシュ3ミリです)
  2. 頭皮全体をマッサージしながらなじませていきます。(頭皮が荒れているときはマッサージすると血の流れが良くなって痒くなることがあるので必ずしなくても大丈夫です)
  3. ラップを頭に巻いて、「15分から20分」待ちます。
  4. 時間が経ったら「ホホバオイル」が残らないように丁寧にすすぎます。

このスカルプケアは毎日行わなくても大丈夫です。

1週間に1、2回で十分ですので、ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク

ホホバオイルは種類があるって知ってますか?

アトピーとホホバオイル4

「ホホバオイル」には2つ種類があります。

  1. 未精製のホホバオイル
  2. 精製されたホホバオイル

まず1の「未精製のホホバオイル」ですが、メリットは下の2つが挙げられます。

<メリット>

  • 使用感がサラサラしていて気持ちいい
  • 精製していないので、オイルの栄養がそのまま残っている

デメリットは一つだけです。

<デメリット>

・コストがかかる

とにかく値段が張ります。

素人目からすると、「なぜ精製されていないのに値段が高いのか」と疑問に思いますが、精製していないと、品質がどんどん下がってしまいます。

すぐにボトリングをしなければいけないなどの手間がかかるなどの理由があります。

2の「精製されたホホバオイル」のメリット/デメリットを紹介します。

<メリット>

  • 未精製のホホバオイルより安い
  • かぶれにくい

デメリットは2つです。

<デメリット>

  • ・使用感が最悪
  • ・精製されているので、オイルの栄養が抜けてしまっている

わたしが使ったのがこの「精製された方のホホバオイル」でした。

塗った感じがものすごく不快でした。

ベタベタしていて、ワセリンをつけているようでした(ワセリンもベタベタしていてあまり好きではないです)。

美容成分が中に入っていってる感覚はなく、ただベタっと皮膚にふたを閉じられた感覚がありました。

アトピーの人はただでさえ皮膚が炎症起こしていて、熱を帯びています。

そこに熱の逃げ道がなくなると、肌が呼吸できなくてかゆくなりますよね。

選ぶポイントは値段や栄養素などさまざまですが、自分の条件にあった「ホホバオイル」を使いましょう。

ホホバオイル人気商品

アトピーとホホバオイル5

わたしのオススメはこの「生活の木 ホホバクリア」です。

高品質のオーガニックを使っている製品です。

わたしのアトピー友達や口コミでもこの商品を使って良くなったという声が聞こえます。

ぜひ試してみてください。

まとめ

アトピーとホホバオイル6

ホホバオイルには「精製されたもの、未精製のもの」があります。

栄養素が高い、かぶれにくい、値段が安いなど2つとも色々な特徴がありますので、あなたの希望に合うホホバオイルを選んでみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です