ホホバオイル使ったらアトピー悪化?実際使ってみて検証してみた!

アトピーとホホバオイル2
スポンサーリンク

私はアトピーの症状が起きてから数年間、皮膚科で処方されたステロイドを塗り、症状を落ち着かせいる状態でした。

ステロイドではアトピーが完治しないということはうすうす気づいていました。

ステロイドを塗ると炎症は一時的にしっかりと落ち着くものの、少し経つとすぐに再発してしまうのです。

調べてみるとやはりステロイドはアトピーの炎症を抑えるだけであり、肌がアトピーのならない肌にしていく必要があるということだったのです。

アトピーにならない肌を作るためには肌バリアというものが正常に働くように、保湿をすることが大切だということを知ったのです。

保湿をしなければいけないということで、美容に詳しい友人に保湿をするために何を使っているか尋ねてみると、ホホバオイルというものをオススメされたのです。

ホホバオイルで保湿をすればアトピーが再発しない肌を手に入れられるようになるのだとウキウキしながら購入してみることにしました。

ホホバオイルには2つの種類があった!

アトピーとホホバオイル1

私は近くの薬局へホホバオイルを求めて来店しました。すると意外にも安価ですぐに購入したのです。

その晩ホホバオイルをさっそく塗ってみたのですが、なんと肌がピリピリしてきて痛い、痒いといった状態で、すぐに洗い流さずにはいられませんでした。

なぜ肌にこんなに染みたのか・・・。安かったからか?合わない商品だったのか?と思い、ホホバオイルについて調べてみることにしました。

すると、ホホバオイルには2つの種類のものがありました。

1つ目は比較的安価な透明なホホバオイルです。

このホホバオイルは熱を加えて高圧プレスというものが行われているため、ビタミンやミネラルという肌に必要な成分は失われています。そのため、塗っても肌への良い効果はあまり期待できないということです。

2つ目は、値段は高いものの、低温圧搾されているホホバオイルで、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているものです。肌にも良い影響を与えてくれるということです。

そこで私は少し値段の高いオーガニックホホバオイルというものをもう一度購入しました。

新たに試したホホバオイルの効果は?

アトピーとホホバオイル2

値段が少々高めのホホバオイルを購入した私は再度試してみることにしました。

塗ってみたところ最初に購入したホホバオイルよりは違和感を感じなかったのですが、塗心地がベタベタとしていて好みではないなと思いながらも、アトピーを治す為と思い、塗続けました。

しかし、塗り続けても良くなるような様子は無く、逆になんだか悪化しているように見えたのです。

常に肌に熱を持っているような感じで、赤みも酷く、痒みも良く感じるようになってしまいました。

ホホバオイルがもたらす効果ってなに?!

ホホバオイルは保湿に優れています。

肌に油分で膜を張り、肌の水分が蒸発してしまわないように保護してくれるのです。

また植物性ということで、肌にも優しい成分です。

なぜアトピーが治らなかったの?

なぜ私のアトピーにホホバオイルを塗っても治らなかったのかということを調べてみることにしました。

すると私は悪化するためにホホバオイルを塗っていたと言っても過言ではないほどでした。

アトピーの炎症が起きると、肌は熱を発します。

その熱は排出すべき熱なのにも関わらず、ホホバオイルでカバーしてしまうため、熱は放出されなくなってしまいます。

するとホホバオイルと肌の間には熱がこもり、ムレてしまうような状態となり、肌は痒みを感じやすくなってしまったり、悪化してしまいます。

また、アトピーの炎症が起きているということは肌のバリア機能となる角質には隙間が出来てしまっているため、肌が外部刺激に弱くなっています。

その角質の隙間からホホバオイルのアレルゲンが侵入してしまい、炎症を酷くしてしまうこともあるというのです。

更に炎症が起きている肌は皮脂や水分が失われてしまっています。砂漠状態です。

そこで肌に油分となるホホバオイルを重ねたところで、砂漠状態の肌は潤う事は無く、水分がプラスされているという訳でもないので、肌に変わりはないのです。

アトピーの私にとって保湿はとても大切なことだということは確実でしたが、ホホバオイルではアトピー肌の私にとって適切な保湿方法ではなかったのです。

スポンサーリンク

調べた結果としては、

肌に水分を与えたうえで水分が蒸発しないようにしなければいけない。

肌に優しい成分のものを使わなければいけない。

炎症は治まってから保湿をしなければいけない。

ということが分りました。

アトピーを再発させないためには・・・

アトピーとホホバオイル3

まずは保湿をする前に今まで通りステロイドで炎症は抑えてから保湿を始めることを決めました。

また保湿をするための適切な保湿剤を手に入れなければいけません。

保湿剤探し

薬局で保湿剤を探してみたのですが、どれが良いのかよくわかりませんでした。

髙ければ良いという訳でもなさそうですし、どの保湿剤が水分を肌に与えてくれるのか、水分が蒸発しない状態が続くのかということが全く見ただけでは分らなかったのです。

そこで自宅でインターネットを活用し、保湿剤の口コミを見てみることにしました。

アトピーの人でも安心して使えるもの、アトピーの再発防止になるような保湿剤といった感じのものを見ました。

するとそこで目にとまったのが【アトピスマイル クリーム】というものでした。

実際にアトピーの人が使用し、アトピーの再発防止にもなっているというのです。

私の肌に合うのかどうかはわかりませんでしたが、肌に刺激となる成分も配合されていないようで、赤ちゃんでも使えるということでした。

また、肌の深層まで水分を与えて肌を潤わせてくれるということもあり、試してみようと思い購入してみました。

アトピスマイルクリームを使用。

アトピスマイルクリームが届いた時はアトピーの炎症があり、ステロイドを塗っていたので、失敗を繰り返さないように一旦お預けにしました。

炎症が治まってから使用してみるということにして、ステロイドを炎症が治まってから使用しました。

実際に塗ってみると、肌に違和感もなく使用できたということが一つ目の安心でした。

続いて使用感は私が苦手なベタベタした感じが無く、肌にすーっと染み込んでいくような感じです。

入浴後、朝の2回塗るルールを作り、しばらく塗り続けてみることにしました。

顔にも体にも使用できるということで、全身に・・・。

驚いたことは夜に塗ったホホバオイルは朝になると完全に乾ききり、急いで保湿し直さなければと思うような状態でしたが、【アトピスマイル クリーム】を塗った朝は、肌がまだツルッと潤いを保っているような状態だったのです。

これは効果が期待できそうだなと思い、積極的に毎日欠かさず塗り続けた結果、気づいた時にはアトピーの炎症が起きないな?アレ?再発防止出来てる?出来てるー!!という感じでした。笑

まとめ

アトピーとホホバオイル4

私のアトピーの再発が防止され、アトピーの症状や繰り返すアトピーから抜け出すことが出来たのは、完全にアトピスマイルクリームのおかげです。

なぜこんなにも効果があったのか・・・。

アトピスマイルクリームに含まれているライスパワー№11という成分のおかげです。

ライスパワー№11の効果により、私は肌に十分な水分を蓄えておくことが出来て、肌のバリア機能を正常に戻すことが出来たのだと感じます。

あの時ホホバオイルを勧められたままに塗り続け、取り返しのつかない事になったり、結局治らないのかと落ち込み、ステロイドで炎症を抑える生活に戻らなくて良かったなと思います。

今では綺麗な肌を保っている私に、ホホバオイルを勧めてくれた友人が、どんなスキンケア商品使っているの?どうやってその肌まで回復させたの?と尋ねてくるほどです。

最近は入浴後だけ塗り、朝は塗らずとも、常に潤った肌を保つことが出来ています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です