パン派の私は涙目!アトピー悪化の原因はパンだったの?

お肌に良い手作りパン
スポンサーリンク

パン食はアトピーを悪化させるって良く聞きますよね?

でもすべての女子はパンが好きと言っても過言ではないはず笑

そんな私の娘もパンが大好き!でも母としてはパンを食べさせたいけど、アトピーが悪化してステロイドを使うのはイヤ! 

そこでなぜパンがアトピーを悪化させてしまうのか食べてはいけない4つの理由を我が家の経験を元に紹介します!

パンを食べてはいけない理由

赤ちゃんアトピーの為の手作りパン

我が家では主人が毎朝コーヒーと食パンという生活スタイルで、子供たちもパンを食べていました。私はごはん派なのでパンは買うだけだったんですけどね。

娘はその頃アトピーの診断を受けていなかったので、全く気にすることなく毎日の用に食べさせていました。今考えると末恐ろしい。娘が痒みで暴れ回るようになり慌てて病院へ行くとアトピーと診断をされました。アトピーに良くない物、良い物など調べていたら毎日食べているパンも良くないとのこと。 

ではなぜ食べてはいけないのでしょうか?

アトピーに良い手作りパン

それは

  • 砂糖が大量に使われている

からなのです。

砂糖は血糖値を上げ、アトピーを抑える成分が上手く働くことが出来なくなってしまいます。砂糖がアトピーによくないのは有名ですよね。

私は恐ろしいほど無知だったので喜ぶ娘を見て菓子パンを与えていました。。。 

パンを食べてはいけない理由②

アトピーに影響ない手作りホットケーキ

パンと言えば小麦粉ですよね。小麦粉にはグルテンというタンパク質が含まれています。このグルテンこそがアレルギーを引き起こす原因となるのです。

グルテンが含まれている量は小麦粉によって違いがあり

  • 強力粉

グルテン重量比:11.5~13.5%含まれる

主にパン・ピザ・マカロニ・ラーメンの材料

  • 中力粉

グルテン重量比:8.5~10.5%含まれる

主にうどん・そうめん・ドーナッツの材料

  • 薄力粉

グルテン重量比:7.0~8.5%含まれる

主にケーキ・お菓子・てんぷら粉の材料

以上3つの違いがあります。

もちろんアトピーが強い人ほどグルテンが多いものを食べるのはNGです。また日本ではほとんどの小麦粉を輸入で賄っています。海外から輸入する時、虫の侵入やカビを防ぐためにポストハーベストという日本では禁止されている農薬を使います。

グルテンだけならまだしも農薬漬けの小麦なんてどう考えても体に悪いですよね。。。

パンを食べてはいけない理由③

あなたは「トランス脂肪酸」って知っていますか?マーガリンやショートニングと言ったパンにかかせないものはすべてトランス脂肪酸なのです。バターよりも安いのでご家庭でもお菓子を作る時にマーガリンで代用するなんてよくある話ですよね。

しかし、このトランス脂肪酸を摂取しすぎると

  • 気管支ぜんそく
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性皮膚炎

にかかりやすくなると報告されているのです。

また上記以外にも認知症やパーキンソン病にもなりやすいと言われており、アメリカではトランス脂肪酸の量を表示しないといけないくらい問題視されているものなのです。

このトランス脂肪酸は別名「食べるプラスチック」と言われています。大事な娘にプラスチックなってとんでもない!これを知ってから我が家では高くてもバターを購入しています。

スポンサーリンク

パンを食べてはいけない理由④

アトピーの為の手作りソーダブレッド

基本的にコンビニのパンは添加物まみれです。

でも添加物ってどんなものでしょうか?詳しく見てみましょう!

主な添加物の役割とは

  • 腐敗防止(日持ちが良い)

保存料・防腐剤・殺菌剤・防虫剤・酸化防止剤など

  • 風味をよくする

調味料・甘味料・香料・苦味料など

  • 色つやをよくする

乳化剤・結着剤・着色料・発色剤・光沢剤など

  • 工場の作業効率をあげる

凝固剤・膨張剤・軟化剤など

チラホラ見たことある添加物ばかりのはず。これは長く保存できるようにしたり、味を良くしたりするなど販売するうえで仕方ないかもしれませんがアトピー患者には体の負担になってしまいます。

しかし、いくら添加物がアトピーに良くないからと言ってパンを避けても、添加物なんて何にでも入っているのですべて除去するのは難しいです。しかも娘の保育園の運動会ではおやつとして市販のパンが出たりします。それを娘だけ食べないなんてことはできません。

家でも買い物で食品表示を見ながらあれこれ買っていると時間も手間もかかります。とてもじゃないけどこんな生活は続けられないと挫折しかけていた時に見つけたのが【アトピスマイル クリーム】 でした。

最初はステロイドを塗らないとアトピーが治まらない娘の症状が非ステロイドで薬でも何でもないクリームだけで治るのか半信半疑でしたが見る見るうちに症状が治まっていったのです。まさに青天の霹靂ですよ!

なぜ娘のアトピーが改善されたのか?実はアトピスマイルクリームには日本で唯一水分保持能を認められたライスパワーNo.11が配合されており、これの力でステロイドなしでも他とお友たちと同じ健康的な肌に改善することができたのです。

今ではアトピーの症状はほとんど出ることはありませんが、お風呂上りの保湿として毎日娘のプルプルお肌にぬり込んでします!

まとめ

前向き
  • 砂糖はアトピーを抑える成分の働きを阻害する
  • 小麦粉に含まれるグルテンは多ければ多いほどアトピーに影響が出る
  • トランス脂肪酸はアトピー以外のアレルギーも引き起こす
  • 添加物は体の負担になるので気を付けよう

以上4つがパンを食べてはいけない理由です。

正直なところ娘のためとはいえ、食品表示を常に気にする生活は負担でした。

そこで口にするものを気にするのに疲れて一度だけ娘が食べたいものを食べさせた時です。ひざの裏がグシュグシュタイプのアトピーが出てしまいました。これを見た時に自分が楽になりたいからと娘の事を気にしなかったばっかりに辛い思いをさせてしまったのを海より深く反省しました。

しかし【アトピスマイル クリーム】 に出会ってからは娘が好きなもの食べてもアトピーの症状がでることはありません。この前、娘の誕生日には砂糖たっぷりの誕生日ケーキを家族で食べました。これのおかげで私たちにとって大切な日をアトピーを気にすることなくお祝いできたのが本当に嬉しかったです。いくら感謝しても足りません。

このアトピスマイルクリームはNHKでも特集が組まれるくらい有名なので在庫がなくて一カ月待ちなんてのもしょっちゅうあります。なので早めのご購入をおすすめします!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です