ニキビ治療には外用薬を使わない治療法にはどんなものがあるのか?

Acne and treatment1
スポンサーリンク

みなさんはニキビが出来た時にはどんな治療法で治していますか?

ほとんどの人たちは、市販のニキビ治療薬か皮膚科に受診して軟膏を処方してもらっているのではないでしょうか。

以前であればニキビは思春期にはできるが、その時期を過ぎれば自然に消えていくものと思われていたのであまり重要視されていなかったようです。

ところが現在は見た目が重要な世の中になったので、いつ治るのかわからないような外用薬を使う受け身の治療法から積極的に治していく治療法が発達してきました。

今回は外用薬を使わない今時のニキビの治療法をご紹介します。

最も初期的なニキビ治療法「面ぽう圧出」

ニキビ治療の中でも最も初期的な段階で行われるのが、面ぽう圧出です。

ニキビの初期段階である白ニキビの時に有効な方法です。面ぽう圧出は単純に白ニキビが出来ている表面に、針かレーザーのどちらかを使い小さな穴を開けます。そして面ぽう圧出器(アクネプッシャー)という治療器具をあて皮脂、角栓、膿などを取り出すやり方です。

効果があるのは炎症を起こしていないニキビまでです。
またニキビを一か所づつピンポイントに治しているので、ニキビ体質を改善する効果はありません。

ニキビのそれぞれの段階に応じて使うレーザー治療法

Acne and treatment2

こちらの治療法も大枠で面ぽう圧出に似ています。

レーザー治療法はニキビの症状や段階によって様々使い分けられます。CO2(炭酸ガス)レーザーなどは全く初期の白ニキビを針で穴を開ける治療のレーザー版です。

また逆に皮膚に傷をつけ、皮膚の角質の異常角化を起こさせる、普段脱毛に使われているアレキサンドライトレーザーを使うことでレーザーの刺激で肌が整い毛穴が引き締まり、毛穴に皮脂が詰りにくくなることでニキビ防止効果があります。

またその他いろんな種類にレーザー治療があります。

ニキビの炎症を急速に治療するステロイド注射

ニキビ治療では軟膏などの塗り薬を塗って徐々に治していくやり方ではなく、即効性のあるステロイド注射を打ち直ぐに効果を発揮する治療法があります。

ステロイド注射の代表格がケナコルト注射です。炎症を急速に静めることができて、赤く腫れたニキビの症状を緩和させることが出来ます。ケナコルトはアトピーなどの治療薬に用いられていたステロイド剤です。

ただこちらは対症療法であり、ニキビの根本的な解決することはできません。

ニキビをケミカルピーリング治療で毛穴の詰まりを取り除く

ケミカルピーリング治療法とはニキビができた皮膚表面に酸性の薬品を塗り、凝固して古くなった毛穴の汚れを溶かして除去する治療法です。

スポンサーリンク

こちらの治療法もまだ炎症をおこしていない白ニキビや黒ニキビなどの初期的なニキビに有効です。皮膚表面の0.02mmに酸性の薬品を塗り、角質を溶かしていくやり方です。ただすでにニキビが炎症を起こしている人や敏感肌、また肌が弱ってる人は使わないほうが良いでしょう。

薬品の刺激が強すぎるので、健康な肌を持つ人だけにした方が良いです。

ニキビをホルモンレベルから治すホルモン治療法

大人ニキビができる根本的な原因はストレスなどから起こるホルモンバランスの崩れによる、男性ホルモン過剰分泌です。

ホルモン治療法とは女性ホルモンを補給することで、男性ホルモンの働きを抑制させます。当然男性ホルモンの働きが抑えられるので、ニキビが発生したり悪化したりすることがありません。

女性ホルモンを含むピルやイソフラボンを投与することで、体内で女性ホルモンが優位な状態を作り出します。ニキビの悪化を抑えているだけの、外用薬などでは根本的な原因を取り除くことは出来ません。

ところがホルモン治療の一番のメリットは何といっても大人ニキビの根本原因を取り除けることです。

ニキビの症状を緩和させる点滴治療法

こちらはニキビの症状を緩和させられる薬剤を点滴の中に投与して、ニキビの症状を緩和させる方法です。

ニキビの緩和に効果があるといわれるビタミンまたはプラセンタを入れます。ビタミンCの点滴には抗酸化作用やコラーゲンの合成促進に効果があるといわれています。

ただこちらもニキビを根本的に治療することはできません。点滴治療はホルモン治療との併用が高い効果があるといわれています。

ニキビの根本原因アクネ菌を殺菌することができるLED光治療法

こちらの治療法は青色LED光を患部に当てることでアクネ菌が殺菌されたという報告がされている治療法です。

ただいまだ未解明な部分が多く、これから先のニキビ治療と思っていた方が良いでしょう。

まとめ

今回は軟膏などの外用薬を使わない治療法をまとめてみました。

  1. 最も初期的なニキビ治療法「面ぽう圧出」
  2. ニキビのそれぞれの段階に応じて使うレーザー治療法
  3. ニキビの炎症を急速に治療するステロイド注射治療法
  4. ニキビをケミカルピーリングで毛穴の詰まりを取り除く治療法
  5. ニキビをホルモンレベルから治すホルモン治療法
  6. ニキビの症状を緩和させる点滴治療法
  7. ニキビの根本原因アクネ菌を殺菌することができるLED光治療法

このように今回は従来からの軟膏による外用薬以外の治療法を集めてみました。個人的には最も効果があると思われるホルモン注射をやってみたいと思います。

一番男性ホルモンが強い時を抑える事ことで、ニキビが出来ない体質に変えるなんて考えてみただけで凄い事です。軟膏以外でこれだけの治療法があるということは、どれかの治療法は効果が高く感じられるかもしれないのでその点は凄く楽しみです

これからも続々新しい治療法が出てきてほしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です