ニキビを触ると悪化は常識。触り癖をやめる唯一の方法

ニキビを触る
スポンサーリンク

手は綺麗にしていますか?いくら綺麗にしても人差し指は肛門の次に菌が多いのです。そう聞いたら、触るのやめようと思いませんか?

ニキビのある方の多くに『触り癖』があります。私にも鏡を見なくたってニキビの位置は把握している!無意識だって触れるわ!なんて自慢にもならない特技があります。

触ることでニキビが悪化するのはよくご存じかとは思いますが、改めて『手』がどれほどニキビの悪化をもたらすのか、そして触り癖からの脱却方法をご紹介します。

ニキビを触ると原因菌が手について移る?

両手

ニキビの原因アクネ菌は『常在菌』で綺麗なお肌でもいる菌なのです。しかし、皮脂が毛穴に詰まると悪さをしてニキビになるのです。

ニキビは人から人へ移ることはまずないです!ニキビの人と一緒にいて自分もニキビになるなんて聞いたことがないですよね!

しかし、ニキビを触った後、綺麗な肌を触って広がったという経験はあります。

ニキビの原因菌が手に付いていたのかは、わかりませんが確実に言えるのは自分の手で押し広げていたという事です。

触ることで人から人に感染することはないものの、自分自身でニキビの範囲を広げることは間違いなくあります!それに、手に付いた菌が傷ついた角層に入り込むと新たなニキビが出来上がったりします!

触ると、炎症が起きる

触る手

まぁ、単純に刺激を与えているので触ると炎症も起こします。ニキビを触って一晩寝たら化膿していたという経験はないですか?

炎症を起こすというのは免疫反応になるので、刺激を与えることでますます免疫反応が強くなります。そうすることで血管が膨張し赤くなり、白血球が染み出て化膿するという事が起こっているのです。

また、厄介なのが赤ニキビで皮膚の奥深いところで炎症を起こし膿が出てこないタイプ。これは触ると痛みを伴うこともありますが、触っても膿は出てこず中の炎症が酷くなる一方。外からのケアが全く入らない状態なのに、外からの刺激にはしっかりと反応を示すのです。

治りにくいと余計に気になって触ってしまいがちですが、いい事など一つもないです。

刺激を与えることでニキビは確実に悪化・増加方向へ進んでいきます。

スポンサーリンク

触っているつもりではなかったのに

電話

手でわざわざ触るだけでなく、手に顎をのせて肘鉄をついたり、また電話を多くする方も要注意です。

触り癖も人それぞれ違うのです。ニキビが気になって人差し指でグリグリって方もいれば、顎に手を当てるだけ、なでるだけ…でも、全部ニキビに触れていますよね。ニキビがないのに、口元に手をやる癖でニキビになるなんてことも多いのです。

最近では電話もかなり危ないことがわかってきましたよね!

電話には細菌がめちゃくちゃ多い事知ってました?だって、スマホの画面手で触れるでしょ?それと、電話を切った時に気づきますよね、肌との密着度!長時間電話した時なんか、汗や湿気で画面が濡れていたり、皮脂やファンデがべったり付いています。そう、不衛生ですよね!

もし、片方のフェイスラインや耳の周囲にニキビが出来た時、電話かも!?と頭の片隅に置いておいてください。

触るのをやめるには…

教える女性

ニキビを触ったっていい事がないのが改めてわかったと思います。問題は触り癖からの脱却です!なにをどうすればいいのか、それはもうあなたの『努力』しかありません!

だって、触っていたってニキビは治らない。治すための努力をするのならば、触り癖も努力で治すしかないのです!

私は、周囲の同僚や友人に触っていたら教えてもらうようにお願いしました。触ること1触り100円ずつ貯金に回すという、ペナルティを科したことも(良く貯まりましたよ)

周囲を巻き込むのはかなり有効な手段でした、無意識で触っていることを指摘されることで意識づけることが出来ましたから!

まとめ

やはりニキビを触っていい事はない!手は清潔にしているつもりでも菌がいっぱい!ニキビに触れるだけで悪化、増加…ニキビの治療を頑張っているのに、刺激一つで本末転倒!

手だけでなく電話にも注意! 長電話をしていると肌と密着しているところが不衛生になりニキビが出来たり悪化したりする。

触らないようにするのは自分の努力が最も必要!周りを巻き込んででも触らないようにする!

せっかくスキンケアや生活習慣でニキビを治していっても触ることで悪化していては、良い効果も得られません!触らないように心がけるしか方法はないですが、触ることはやめておきましょう!

ニキビの症状が酷くセルフケアが効かなくなった場合は、皮膚科に受診してください。飲み薬など適切な処方を受ける方がニキビ改善の近道になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です