ニキビを潰すと血が出る!!対処法には嘘と本当があった!!

顔にニキビが出た女性
スポンサーリンク

私はニキビは潰して膿を出したほうが良いという事を友人から聞き、ニキビが出来るとすぐに潰すようにしていました。

しかし、時折ニキビを潰すと白っぽい膿だけではなく、血も混ざって出ることがあるのです。

そんな時、血が出たらどうしてるのかという事を聞いてみたところ、たくさんの情報を手に入れられたのです。

友人たちがそれぞれ行っている対処法は本当に効果的な方法なのでしょうか。

私は確かな情報を得てから正しい対処がしたいと思いました。

対処法を間違えてしまうとニキビ跡が残ってしまうという事もあるので、ニキビが治っても跡が残ったら最悪です。

ニキビを潰すと血が出る時の対処法が、嘘か本当かとても重要なポイントとなりますね。

ニキビは潰していいの?

ニキビを潰すと白っぽい膿のみが出る時と、血が出る時があるのですが、違いはどこにあるのでしょう。

血が出ることが悪いことなら、血が出ないように潰すという事も必要になります。

まず、ニキビは潰しても良いのかですが、ニキビは潰して良いと言えます。

しかし、それには罠があり、すべてが潰して良いニキビとは限りません。

潰して良い!

潰していいニキビは、白ニキビと黒ニキビと呼ばれる状態のニキビです。

白ニキビの特徴としては、肌に白くポツッと出ているニキビです。

黒ニキビは同様に黒っぽく見えます。

白ニキビは、角栓というものによりM毛穴が塞がってしまい、毛穴の中に皮脂が溜まり詰まりそうになっています。

黒ニキビは毛穴に詰まってしまった皮脂が酸素に触れることで酸化し黒くなります。

この2つのニキビは医療業界や化粧業界ではコメドと称され、実際に医療機関でも比較的積極的に潰されるニキビです。

潰し方としては、コメドプッシャーというものが市販で販売されているため、活用すると上手く綺麗に潰すことができ安全です。

ここで爪などで潰してしまうと、肌が傷つき、血が出てしまう原因となるのでやめてください。

治りが遅くなってしまいます。

私も実際にコメドプッシャーというものを購入し、活用するようになってから、潰す時に血が出なくなりました。

コメドプッシャーをニキビの上に乗せ、2、3回抑えると詰まりの原因となっていた確執がニュルッと出てくるので、取り除けば終了です。

潰さないほうが良い・・・

赤ニキビは潰さないほうがニキビと言えます。

赤ニキビは見ての通りニキビが赤くなってしまっている状態なのですが、炎症が起きているため赤ニキビとなっています。

赤ニキビは潰さないほうが良いのですが、潰す時はタイミングが大切です。

赤ニキビの場合初期段階では触れると痛みを感じます。痛みを感じているときは絶対に潰さないでください。潰すとニキビから血が出てとても危険な状態となります。

数日待っていると、触れても痛みを伴わなくなり、ニキビの芯と呼ばれる白っぽいものが出てきます。

潰すのは数日経ったそのタイミングです。

消毒した針で表面を刺し、指の腹で優しく押し出すと白っぽいものが出てきます。

針を刺しすぎると肌を傷つけ血が出るので、刺しすぎないように注意してください。

潰せるが危険!!

黄ニキビと呼ばれる黄色く膿んだニキビができているときは、潰すことは出来るもののとても危険です。

素人は自分で潰さないほうが良いのですが、潰す場合は正しい方法で行ってください。

スポンサーリンク

方法を間違えると、ニキビが広がり悪化したり、ニキビ跡が残りクレーター肌と呼ばれる酷い状態となります。

黄ニキビを潰す時は、消毒した針で黄ニキビを刺します。

膿を出したら終了です・しかし、膿は全て出し切ろうとしないでください。

ニキビの奥に薄い袋のようなものが出来ているのですが、その袋の中には細菌の死骸などがたっぷりと溜まっています。

それを潰してしまうと、袋の中の汚い者たちが一気に肌へ広がり、汚染します。

よってニキビは治るどころか酷く悪化します。

針で潰す時も、表面を少しだけ刺すようにしなければ、薄い袋を潰してしまうので注意しましょう。

ニキビから血が出たときの対処法

潰して良いニキビ、潰さないほうが良いニキビを知り、ニキビを正しく潰してもやはり素人なので、血が出てしまうことがあります。

血が出たときは正しく対処しなければ、悪化に繋がってしまいます。

血が出たニキビを冷やすは嘘!

友人から聞いたところ、怪我をした時のように冷やすことで炎症がおさまり、ニキビが良くなると教えてもらいました。

しかし、ニキビを冷やすという事は嘘の対処法でした。

ニキビにとって最悪の状況を作ってしまうことになります。

ニキビを冷やすと、血行不良が引き起こります。

血行不良が起きると、肌のターンオーバーという破断生まれ変わりが正常に行われなくなりニキビの治りも遅くなりますし、肌にニキビ跡も残ります。

また、冷やすと肌の細胞にダメージを与えることとなり、軽度の壊死が引き起こるほど危険な対処法なのです。

冷やすと良いというのは嘘だと言えます。冷やすことはやめましょう。

どちらかと言えば、冷やすよりも温めたほうが良いのです。

ニキビの原因となるアクネ菌を冷やしても何の影響も与えられませんが、温めることで毛穴から出しやすくなり、アクネ菌を除去できます。

消毒は本当!

ニキビを潰してしまったとき、潰した時に血が出たら消毒するという方法は本当に良い対処法です。

良くニキビが潰そうとしていない時に潰れてしまった場合など、手で血を拭き取ってしまうという事がありますが、大変件です。

血が出たという事は肌に傷がついてしまっている状態なのに、手で触れてしまうことで、手についている菌が傷口から侵入し、炎症を起こしてしまう原因となります。

消毒液を含ませた清潔なガーゼなので拭き取るという対処法を行ってください。

保湿

潰すこととなったニキビから血が出てしまった後、清潔にして終わりではいけません。

ここで保湿をするのです。

保湿をしないと流れ出たかさぶたが固まってしまい、かさぶたが剥がれたときに、ニキビ跡となってしまいます。

跡を残さない為にも、血が出たときは保湿をして幹部が乾燥しないように気をつけましょう。

まとめ

  • 白ニキビ黒ニキビは潰しても良いが、赤ニキビや黄色ニキビは極力触らないほうがとい
  • ニキビを潰すことで血が出る時は、肌に傷がついてしまっているため正しいケアが必要
  • 血が出たら冷やすというのは嘘なので辞める
  • 血が出たら消毒液で清潔に拭き取り、乾燥しないように保湿を始めます。

私は友人から勧められた、冷やすという方法も行いましたし、ニキビの膿を絞りだそうとしたりと、ニキビ改善がうまくできませんでした。

しかし、正しい対処法を行うことで、肌の調子はとても良くなりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です