ニキビをうっかり潰した後!落ち込むより先に取るべき行動!

考える女性
スポンサーリンク

朝起きて鏡を見たら、に、ニキビが潰れてる~~!

顔面ニキビだらけだったあの頃、こんなことはしょっちゅうでした。

起きている間は顔を触らないように頑張れるんですが、寝ているときってもうどうしようもないじゃないですか。

寝てる間に引っかいちゃうみたいなんです・・・。

こんな時、跡にならないように迅速に対処しなければなりません!

愚直に正しい処置をし続けたおかげで、あれだけニキビがひどかったにもかかわらず、今はほとんど跡が残っていないんです!

とにかく慌てずに正しい方法で処置しましょう!今回は跡の残らない処置の方法をご紹介します!

 

 

 ニキビを潰した後の正しい処置!

まず、以下の2つを用意してください。炎症ニキビができやすい人は、前もってこの2つを用意しておくといいですね!

☆用意するもの☆

*オロナインなど、自分に合うニキビ用軟膏

*綿棒

準備ができたら、まず顔を洗いましょう!

ぬるま湯を顔にかけるだけで十分です。

このとき、10回以上はお湯をかけ、肌を柔らかくすることを意識してください。

(いっそお風呂に入ってしまうのもおすすめです!お風呂なら簡単に肌を柔らかくすることができますからね!)

※石けん洗顔はNGです!アクネ菌がいるから清潔に!という気持ちは分かりますが、炎症ニキビができる人の肌は非常に敏感になっている場合が多いです。

石けん洗顔は肌に赤みやかぶれを起こす可能性がありますので注意!

顔の水分を柔らかいタオルで優しく拭き取り、肌がぺたぺたしなくなったら準備完了!

綿棒にニキビ用軟膏を少量つけ、ニキビにちょんちょんっと乗せましょう。

決してぐりぐりしたり、塗り広げてはダメです!

その後、いつも通りのスキンケアをすればOKです。

極力ニキビを触らないように注意しながら過ごしましょう。

「えっ、処置ってこれだけ!?ニキビの中の芯を出したり、いろいろしなくていいの~?」

いいんです!むしろ、これくらいの方がニキビのためになります!

雑誌や美容サイトを見ると、様々な美容商品や、効果がありそうな美容法が紹介されています。どれも手が込んでいて、「たくさん手間暇かけてお手入れすれば、もっときれいになれる!」と思っちゃいますよね。

でも、ニキビは肌の病気です。

むしろ体をすりむいたときと同じような感覚でケアした方が間違いないんですよ~!

転んで膝を擦りむいたとき、血を絞り出したり、美容液やクリームを何種類も使おうと思いますか?洗って簡単に消毒するだけ、せいぜい絆創膏を貼るくらい・・・ではないでしょうか。

スポンサーリンク

その後は、肌が自分の力で治してくれるのを分かっているからそうするんですよね。

ニキビも全く同じです!

悪化したニキビを潰してしまったときも、あれこれいじらず、シンプルに!

洗う・消毒する!これが全てです!

 炎症ニキビを事前に予防できる!?

考える女性

炎症ニキビができやすい肌の場合、毛穴に皮脂が詰まってしまうと、それが簡単に悪化してひどい膿ニキビに変身してしまうことがあります。

初期の小さな毛穴詰まりを先に取り除いておくことで、これを防ごうという戦略です。

でも、この方法は、ルールを守らないとさらに悪化させてしまうことがあります。注意して行ってくださいね!

☆用意するもの☆

*オロナインなど、自分に合うニキビ用軟膏

*綿棒

*清潔なピンセット(消毒液などで拭きとっておく。) *清潔な面皰圧子(消毒液などで拭きとっておく。薬局なんかで1000円くらいで売っています。)

上記の「ニキビが潰れてしまったときの正しい処置!」の中で書いたような洗顔をした後、面皰圧子という器具を毛穴詰まりの場所にあて、軽く押します。

詰まりがにょきっとでてきたら、ピンセットで引き抜きます。

後は、また「ニキビが潰れてしまったときの正しい処置!」で書いたように、綿棒につけた軟膏でその場所を消毒する、でOKです。

以上です!

ただ、赤みのある場所にやってはいけません!詰まりが出てこないからといってぐいぐい押すのもNGです!

頑張りすぎず、ルールを守って行えば、炎症ニキビはぐっとできにくくなるでしょう。

本当に、絶対に、ルールは守りましょう!

絶対です!!!

なぜこんなにうるさいかというと、私は毛穴詰まりを出すのが楽しくなってやりすぎ、肌を真っ赤に荒れさせた過去があるからです・・・

この処置は、やっていると楽しくて仕方なくなってしまうんです。

ほんっとーーーに、気をつけましょう!!!

ニキビが潰れた後の対処法まとめ

  1. ぬるま湯洗顔で顔を清潔にし、ニキビを消毒しよう!
  2. 毛穴の詰まりを先にとることで、炎症ニキビを防ごう!

これらのケアと並行して、スキンケアを続け、ニキビ肌から脱出しましょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です