ニキビに抗生物質は効くのか?抗生物質とはどんなものなのか?

ニキビと抗生物質1
スポンサーリンク

みなさんはニキビ治療をされた時に抗生物質を使って、ニキビ治療をされたことがありますか。

抗生物質と聞かれたみなさんの中には「えっ! たかがニキビぐらいで抗生物質?」「風邪をひいてるわけじゃないんだよ」と驚かれる方もいるでしょう。

ところが重症化したニキビには抗生物質を使って治す方法があります。

今までのニキビ治療には市販のニキビ治療薬しか使ってこなかった人からすれば、たかだかニキビごときに抗生物質を使う必要があるのか。

と思うのが正直なところでしょう。ではニキビ治療には抗生物質は実際どれほど効果があるのでしょうか。

また抗生物質とは一体どんなものなのでしょうか。今回はニキビと抗生物質との関係、抗生物質自体がどんなものなのかを探っていきたいと思います。

ニキビに抗生物質が効果を発揮する理由!抗生物質は〇〇に対して効果を発揮していた!

ニキビと抗生物質2

抗生物質は炎症を起こしているニキビには、はっきりとした効果が期待できます。ニキビの原因は、毛穴に詰った皮脂の塊をアクネ菌がエサにすることで、アクネ菌はどんどん数を増やしていきます。

増えすぎたアクネ菌に対して身体の免疫機能である、白血球が大量にアクネ菌が増えた現場に駆けつけます。そして白血球がアクネ菌をやっつけている瞬間が、まさに炎症を起こしている時なのです。

抗生物質はニキビの原因菌であるアクネ菌を死滅させることに効果を発揮します。抗生物質を使った結果アクネ菌自体が存在しなくなります。

すると身体の免疫機能であった白血球は戦う相手がいなくなます。その結果炎症はおさまり、赤く腫れていたニキビも悪化が止ることになるのです。

抗生物質はアクネ菌をやっつけてくれて、ニキビの炎症を抑え、悪化を止めてくれます。

炎症ニキビには抗生物質は圧倒的に効くが!炎症前ニキビには効果はゼロ!

抗生物質は炎症を起こした赤ニキビや黄ニキビには、はっきりとした効果が期待できます。ところが逆に炎症を起こしてない白ニキビや黒ニキビには全く効果が期待でません。

炎症を起こしているニキビには効果がアリ、炎症を起こしてないニキビには効果がナシの理由は、更生物質の持つ効果を発揮する対象に理由があります。

抗生物質がその効果を発揮する対象は「細菌」です。実は抗生物質自体は直接ニキビ治療をしているわけではありません。

スポンサーリンク

抗生物質は炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビの周辺にいるアクネ菌に対して、攻撃をしかける特性を持っているのです。

つまり抗生物質とアクネ菌は出会ってしまえば、必ず戦わなくてはならない宿命の相手なのです。また抗生物質はアクネ菌などの細菌があれば、死滅させてしまうように人工的に作られています。

その為抗生物質を炎症を起こしたニキビがある時に使うと、アクネ菌を死滅させニキビ自体の悪化が止ります。また白ニキビや黒ニキビに抗生物質が効果発揮しないのは、炎症を起こしていないニキビだからです。

つまり抗生物質の宿敵である、アクネ菌自体がそれほど多く存在していないからです。抗生物質を白ニキビや黒ニキビがどれだけできている時に使っても、白ニキビや黒ニキビになんら変化は見られません。

炎症ニキビに抗生物質は効果を発揮するがそもそも抗生物質とはどんなものか?

抗生物質は細菌を死滅させることには効果がありますが、ニキビ自体を治す効果はありません。多くの人達は抗生物質は薬であり、〇〇病や風邪を治してくれるものだと思われているかもしれません。

抗生物質の英語名は「antibiotics(アンチバイオティクス)」、意味は「ほかの微生物の発育を阻害する物質」という意味なのです。

抗生物質自体の目的は、他の細菌の発育や生息を認めないことが目的の薬品なのです。どれだけ抗生物質を使っても細菌はやっつけてくれますが、病気から身体を回復してくれるものではありません。

また人工的に作られた薬品であるため長期間使うと、副作用も起こします。短期的にピンポイントで使うことでその効果をより発揮してくれます。

まとめ

今回はニキビに抗生物質は効くのかと、抗生物質とはどんなものなのかをまとめさせていただきました。

  1. 炎症を起こしているニキビには抗生物質は効果を期待できる
  2. 抗生物質は赤ニキビ、黄ニキビには効くが、白ニキビ、黒ニキビには効かない
  3. 抗生物質の目的は、細菌の死滅、ニキビを直接治す効果はない

抗生物質は別名「20世紀で最も偉大な発見」「奇跡の薬」とまでいわれています。それほど抗生物質が発見される以前の世界は、細菌が起こす炎症や病気に悩まされていたということでしょう。

炎症により悪化したニキビで心も身体も苦しんでいる人にとっては、抗生物質は「奇跡の薬」といって実際過言ではありません。

もしも赤く炎症を起こしたニキビで苦しんでいる人がいれば、一度抗生物質を使われることをおすすめします。抗生物質はニキビを治してくれる薬ではありませんが、最悪な状態からはあなたを救ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です