ニキビにステロイド!?危険!あなたはステロイドの事知っている?

ステロイド
スポンサーリンク

ステロイドと聞いて、一番イメージしやすいのはアトピー性皮膚炎だと思います。皮膚がただれて炎症を起こしている場合皮膚科で処方されることが多いですよね。

そして、次に薬に対して『強い・副作用が怖い』などあまりいい印象を持ちにくいですよね。

え?ステロイド剤の処方ってニキビにもあるの?抗生物質じゃなくて?ステロイドってきついんでしょ?そんな強力な薬は不安…と言うのが一般的ではないでしょうか。もちろん、ニキビの状態で処方されるかは変わりますが、炎症のきついニキビに処方されることは、そんなに多くないですが…あります。

炎症をいち早く沈静させてくれるステロイドに、良いイメージは持っていないことが多いですが、ニキビに対して本当に効果があるのか、ステロイドは怖い・危険と不安を感じる理由をご紹介します。

どんなニキビがステロイドの対象?

悩む女性

ニキビで皮膚科を受診することは、とても有効な手段です。セルフケアでどうにもならないほど酷く炎症を起こしている場合も、炎症をさほど起こしていないがしつこく出来る場合でも、ニキビは立派な皮膚炎なので皮膚科で治療の対象です。

ニキビの炎症の起こし方で処方されるお薬は大きく違います。ニキビが炎症を起こし赤く腫れあがった状態。膿が表面に見えている場合と皮膚の奥深いところで炎症を起こしている状態とがあるのですが…結構ガッチリめの炎症を起こしている状態の赤ニキビでないとステロイドは処方さることは少ないのです。

白ニキビや黒ニキビなどの炎症が軽度なものには逆効果となり、ニキビを増加・悪化させてしまう危険性もあるので、軽度の場合はほとんど処方されません。

ステロイドの効果をよく知っておくには…

ほっぺが気になる女性

なぜステロイドは炎症に有効的に働くのか…それにはまず、『炎症』をしっかりと知らなければなりません。

『炎症を起こす』と言うのは身体の免疫反応で起こっている事なのです。免疫反応を起こすと血管が拡張し赤く腫れあがってしまいます。決して菌がいたずらをして身体を蝕んで起こしているではありません。菌と身体の免疫細胞が戦って起きている症状なのです。膿はその免疫細胞である白血球が皮脂を餌に増殖したアクネ菌と戦った結果の死骸なのです。

ステロイドはその炎症を抑える働きがある、つまり免疫反応を抑制して沈静化していく免疫抑制剤なのです。

免疫反応が抑制されることで、一時的にニキビの炎症は治まりますが、ステロイドでニキビは治療出来ない!根治薬じゃない!これはとても大事な事です覚えておきましょう!

ステロイドって何かご存知?

ステロイド
スポンサーリンク

先にも述べたように、ステロイドとは免疫抑制剤になります。ステロイド自体、実は人間の体の中でも作られているものなのです。

『副腎皮質ホルモン』と言うものを聞いたことはありませんか?人間の副腎で作られているものでステロイドはその副腎皮質ホルモンの一つなのです。

人の体でも作られているって意外じゃないですか?体内でも作られるものなのになぜ、危険・怖いなどマイナスイメージの方が強いのでしょうか…

怖い・危険の原因はその効果の高さと、副作用それと使い方

紐解く

ステロイドと言っても効力の強いものから緩いものがあり段階があります。炎症の度合いにもよりますが、一般的には顔など皮膚が薄く弱いところには、効力も穏やかなものを使います。しかし、炎症をいち早く沈めてくれる強い薬は、即効性の代わりに怖さがありますよね。

ステロイドの副作用も不安をあおる要素の一つです。代表的な副作用は色素沈着や多毛、赤ら顔が挙げられます。どれも長期使用で注意ば必要な副作用です。

ニキビにだけで言えばステロイドを使用することで、悪化する場合もあります。免疫を抑える働きの結果、感染症にかかりやすい状態となってしまい、そのためアクネ菌の増殖を防ぐことが出来なくなり、ニキビを増やしてしまうのです。

副作用はもっと様々ありますが、多くの場合使用を中止すれば治まります。その為、副作用が出たり、症状が治まったりした際に自己判断での中止。このケースが非常に多いのですが、危険な結果に繋がりかねないのです。

表面的に見て炎症が治まっているようでも、皮膚の奥ではまだ、沸々と炎症が残っている状態の場合もあります。そんな時に自己判断にて中断してしまうと、長い期間ステロイドを使用する結果となってしまうのです。

長期間使用することで出てくる副作用…治っては止めを繰り返すそうなると悪循環が生まれてしまいますよね。

まとめ

ニキビにステロイドが処方されるには、赤ニキビの状態で激しい炎症があり、急いで沈静化しないといけない場合が多く、軽度の状態では処方されない。

ステロイドは免疫を抑制することで炎症を沈静化していくがニキビの根治療薬ではない。

体内で作られる副腎皮質ホルモンの一つのステロイド。その効果も強く副作用も十分注意をしなければならない。

そんなに多くありませんが、ニキビにステロイドの処方が出ることはあります。どんな薬にも作用と反面の副作用はあります。ステロイドは副作用の症状が激しいためより一層の注意は必要ですし、きちんと用法・容量を守るようにしなければなりません。

しかし、ステロイドが処方されても、使用が心配と言う場合はしっかりと医師と相談しましょう!

どうしても、ステロイドの処方が必要だと医師から説明されても自分で納得がいかない、心配が取れないというのであれば、他の皮膚科に再度受診してみるのも良いです。医師との信頼関係は治療において基本中の基本で、最大の重要事項です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です