ニキビにオロナインは効くのか?ニキビにオロナインを塗って大丈夫?

ニキビとオロナイン1
スポンサーリンク

みんなさんはオロナインを使ったことがあるでしょうか。
私は家に祖父母が一緒に住んでいるので、自宅にはいつもオロナインがおいてあります。

子供の頃私が怪我をするとおばあちゃんが傷口にオロナインを塗ってくれていました。

また夏に蚊に刺された時も塗ってくれ、その他にも何か痒みがあったりするととりあえずオロナインを塗ってくれていました。

当時の私は深く考えもせずに何かあるとオロナインを塗ってもらっています。ところが薬局や病院の医師にその話をすると、オロナインの使い方を間違っているといわれます。

オロナインに詳しい人から話を聞くと、オロナインの薬効は殺菌作用があるだけで虫刺されを治したり、痒みをとったりは出来ないといわれます。私は驚いてオロナインの効能・効果を詳しく見ると確かに虫刺されにも痒みにも効くとは書いてありません。

また逆にニキビや吹き出物に効果があると書いてありました。私はオロナインがニキビに効くとは今まで思ってもいなかったので意外でした。友人たちにオロナインが実際ニキビに効くのかを聞いたところ効くということでした。

ではオロナインは実際どれほどニキビに効くのでしょうか。

オロナインH軟膏とはどんな薬なのか?

オロナインH軟膏はアメリカの製薬会社オロナイトケミカルが製造した殺菌消毒剤が原点です。当時メンソレータムなどの大衆薬がヒットしており、大塚製薬は自社の看板商品として軟膏で1953年に販売します。オロナインはスペイン語の「oro negro(黒い金=原油と言う意味)」から来ています。

また大塚製薬の看板商品「オロナミンCドリンク」の名前もオロナインからとられたものです。
元々は殺菌薬として日常生活での軽い傷や皮膚疾患に優れ効能、効果を発揮していました。

ニキビにオロナインは本当に効くのか?

私は知らなかったのですが、実はオロナインの効能・効果の表記には何と一番最初にニキビ、吹き出物と書いてあります。オロナインは60年も前からニキビや吹き出物に効くと書いてあるということです。では実際オロナインはどれほどニキビに効果があるのでしょうか。

オロナインは確かにニキビには効きますが、ニキビの特効薬と言うほどではありません。どのくらい効くかといえば、ニキビ薬をつけようと思っている時、たまたま家にオロナインがあれば使ってみてくださいというくらいです。

オロナインのニキビ薬としての効果のグレードは

  1. 最強   美容皮膚科の治療
  2. 強    皮膚科の薬
  3. 中    市販薬テラコートリル
  4. 弱    オロナイン

というレベルです。

オロナインはニキビに全く効かないわけではありませんがマイルドに効くと思ってください。

ニキビにオロナインのどんな成分が効果を発揮しているのか?

オロナインの主成分は消毒薬のグルコン酸クロルヘキシジン液です。その他に目立った薬剤は止血薬のラウロマクロゴール、止血剤の硫酸アルミニウムカリウムです。オロナインの成分のほとんどは傷口の殺菌、消毒系の薬剤がほとんどなのです。

スポンサーリンク

基本的にニキビを治す薬が入っているわけではありません。ではなぜ効能。効果にニキビと書いてあったり、実際効果がある人がいるのでしょうか。それはオロナインに配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩液、グリセリン、オリブ油、ワセリンの4つの成分が関係しています。

オロナインの有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液がニキビの原因菌と言われているアクネ菌を殺菌してしまうからです。つまりオロナインが直接ニキビを治しているわけではなく、アクネ菌を殺菌していることで炎症が止ったという事です。

オロナインを使って効果があった人は炎症を止められたということで、あくまでニキビを治したのはお肌のターンオーバーの力や他のことが理由なのです。

どの程度のニキビまではオロナインは効果があるのか?

オロナインの有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は皮膚への殺菌、抗菌効果の高さと持続性から外科手術にも使われているほどの優れものです。

では実際オロナインはどの程度のニキビにまでは効果があるのでしょうか。
オロナインが効果があるニキビの段階は白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビまでです。

オロナインの有効成分クロルヘキシジングルコン酸塩液が白ニキビ、黒ニキビを成長させている雑菌や赤ニキビに炎症を起こさせているアクネ菌を殺菌、抗菌してくれるためにニキビとして成長できなくさせているのです。

ただ膿が溜まっている黄ニキビや紫ニキビには効果が低いといわれています。

ニキビにオロナインを塗って大丈夫?

ニキビにオロナインは塗っても大丈夫ですが、使用期間は1週間以内にしてください。
理由はオロナインはスキンケア製品ではなく、あくまで医薬品です。

オロナインを長く塗り過ぎると有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌、抗菌作用が強く肌のバリア機能の常在菌を殺菌してしまうかもしれないからです。

まとめ

ニキビとオロナイン2

今回はニキビにオロナインは効くのかについてまとめてみました。

  1. オロナインは元々は殺菌消毒薬が原点
  2. オロナインはニキビにはマイルドに効く
  3. ニキビにはオロナインのクロルヘキシジングルコン酸塩液が効果を発揮している
  4. オロナインは赤ニキビの炎症までなら効果がある
  5. ニキビにオロナインは1週間程度なら塗ってもOKそれ以上はダメ

今回はオロナインについていろいろ検証してみました。
オロナインは膿が溜まっている黄ニキビ以上は効果が薄いです。

ただ白ニキビや赤ニキビなどのように出来やすいニキビには効果があるので、これからもちょくちょく使っていこうと思います。

オロナインがあればどんなことにも対応できて非常に助かります。

オロナインはまさに家庭の常備薬ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です