ニキビにができる場所から学ぶ!!眉間にできるニキビの治し方

対策を教える
スポンサーリンク

顔のいろいろな場所にできるニキビは、何歳になってもやっかいなものです。大事な用がある時ほど目立つ場所にできてしまい嫌な思いをしたことがある女性は多いのではないでしょうか。

私は、思春期のニキビに悩まされたあとしばらくはニキビとは無縁の生活をしていましたが、仕事が忙しくなったり生活が変化することで何度もニキビに悩まされてきました。

今回は眉間にできるニキビについて、その原因や治療法をご紹介したいと思います。

 

 

ニキビはどうしてできる??

 まずはニキビがどうしてできるかを知りましょう。

ニキビと聞いて思い浮かべるのはやはり思春期のニキビです。

この原因とされるのは

  • 洗顔不足
  • 肌に触れる衣類の汚れ
  • 前髪の整髪料
  • 前髪の刺激

ですが、これらが原因でできるニキビには改善策があり大人になるにつれて次第に治っていくことも特徴です。

思春期には一時的に皮脂量が増えるため、少しの刺激でもニキビができてしまうのです。

では、大人になってからできるニキビの原因はなんなのでしょうか

  • 毛穴に角栓が詰まる
  • 皮脂が角栓に閉じ込められたまってしまう
  • アクネ菌が繁殖する
  • 炎症が起こり白血球が増える

赤いニキビから白いニキビへ変化していきます。これはもう炎症をおこしているので痛みを伴う場合もあります。

眉間にできる理由2つ

 まずは皮脂がたまりやすい場所だということが言えると思います。眉間は皮脂の分泌量が多くたまりやすいという悪条件が重なっています。そのため

  • 洗顔不足
  • 油の多い食事
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • アルコールの過剰摂取

などの間接的要因が重なった場合、皮脂の過剰分泌を促しニキビの原因を作ります。

2つ目の原因としてあげられるのが内臓の不調です。

眉間に現れる症状は、主に肝臓の状態を表すと言われています。

内臓の不調は必ず顔に現れ、肝機能が低下していると眉間にシワができたりニキビができたりとなんらかの不調が現れるそうなのです。

眉間のニキビ、予防法①

 まずは外部刺激などの間接的要因を排除していきましょう。

肌に触れる枕や衣類は清潔に、洗顔後のタオルも綺麗なものを使うよう心がけてみてください。

そして、前髪がおでこにかからない髪型にする。

すぐには無理があると思うので、私は仕事の時以外はすぐに前髪を止めておでこにかからない髪型にするようにしています。

スポンサーリンク

そして、ホルモンバランスを保つためにも喫煙や暴飲暴食、睡眠不足を避けるようにしましょう。

毛穴に汚れがたまらないことが大前提ですので、眉間の洗顔だけニキビ対策の洗顔の仕方に変更してみましょう。

まずは必ずメイク落としを使用しメイクを洗い流します。

そのあとの洗顔は、ゴシゴシせずに優しく!です。

蒸しタオルやお風呂の湯気などで毛穴を開いた後に、優しく洗顔してからぬるま湯で洗い流すのがベストです。

そして、サリチル酸などの殺菌作用がある化粧水などを使用してみていかがでしょうか。

眉間のニキビ、予防法②

 肝機能の低下の主な原因を知り、改善していきましょう。

アルコールの摂取が多くなっていませんか?

忘年会のシーズン、夏休み・・・お酒を多く飲む時期があるのは仕方ありませんが、もしそんな時に必ずニキビができるという方は間違いなくそれが眉間ニキビの原因です。

アルコールの過剰摂取は脂肪肝を招きます。どうかもう一度アルコール量を気にしてみてください。

そして、脂質糖質のとりすぎに注意です。

肝臓に負担がかかると肝機能の働きが悪くなります。

油っぽいもの、お砂糖たっぷりの食べ物の過剰摂取は控えましょう。

暴飲暴食は絶対に身体によくありません。

最後に寝不足やストレス、過労です。

仕方のない場合が絶対にあると思います。眉間にニキビができるから休みますなんて言えるはずもありません。ではそういう時にどうすればよいか。

とれたお休みの日をリセットの日と考え、身体をリフレッシュさせることが大事です。

少し寝坊して十分な睡眠をとる、身体によいものを食べ、ストレスのない1日を過ごす。これだけでも十分ストレス改善につながるはずです。

まとめ

対策を教える

 まずは根本ニキビがなぜできるかを知っておけば、改善することはいくらでも可能です。

ただ、それでもできてしまった場合は他の原因を考えてみることも大事です。眉間にできるニキビは肝機能の働きを知るバロメーターになり、私たちにそれを気付かせてくれていることを忘れてはいけません。

ニキビができるのはとても気持ちの下がることですが、できてしまったら生活を見直し身体に良いことをこことを心がけながら生活してみてはかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です