ニキビが白い・・これって角栓?膿?白ニキビの正しい対処法

ニキビが気になる
スポンサーリンク

長年、顔がニキビの住宅街と化していた私は、様々なニキビを見てきました。

赤、黒、白・・・腫れたようなのも、ぷつっとしているのも・・・本当にいろんな種類がありますよね。

その中でも謎が多いのが白ニキビ。

ちょっと肌の調子がいいな~と思った数日後に、ぽつぽつ・・・とできる。

額にたくさんできて、一帯がざらざらすることもあるし、顎にできて実は膿んでいた・・・ってこともある。

いったいなんなんだこのニキビは!?

私たちはなんとなくニキビの色で白ニキビ、とか赤ニキビ、とか呼んでいるけど、本当のところはなんなのか調べてみました!

謎だらけの白ニキビの正体を知って、効果的なケアをしていきましょう!

 

 

 「白ニキビ」は2種類ある!あなたのニキビはどっち!?

ニキビに落ち込む

「あ~あ・・・せっかく肌の調子が良かったのに、また白ニキビができちゃった・・・」

そのニキビは本当に白ニキビですか?

「白ニキビ」と呼ばれるものには、

①肌の一部がぷつんともりあがってみえる。痛みはない。

②肌の一部に白い膨らみがある。触ると痛い。

の2種類があります。

一般的に白ニキビと呼ばれるものはどちらでしょうか?

正解は・・・・①です!

じゃあ②はいったい何ニキビなの!?

はい、②は一般的に「黄ニキビ」と呼ばれることが多いです。

どちらも赤くないので、混同して「白ニキビ」と呼ばれることがあります。しかし、対処法は全く異なります!

もう一度自分の肌をよーく見て、白ニキビか黄ニキビかチェックしましょう!

少しでも痛みがあれば、それは黄ニキビですよ~!

「ニキビの色なんてどうでもいいの!ニキビコレクターになるわけじゃないの~!!」って感じですよね。私も書いてて、「色とかどうでもよくない?」ってちょっと思いました。

大切なのは治すことですよね!

白ニキビと黄ニキビ、それぞれんp正しい対処法を以下で紹介しちゃいます!

痛くないけど気になるの!白ニキビの対処法!

白ニキビは、毛穴が皮脂で詰まってしまっているんです。

なので、対処法としては、

①保湿ケアで、肌を柔らかく保つ!

②可能なら、毛穴の詰まりを取ってしまう!

の2つがあります!

スポンサーリンク

あまりニキビが膿んだり、炎症を起こすことのない方は、①のケアだけで十分です。

化粧水を適度にぬり(500円玉大くらいが目安。やたら化粧水が早く肌に浸透するようなら、少し追加ぬりしましょう)、乳液またはクリームでしっかりふたをすれば完了です。

しかし、私は分かっています。

この記事を読んでいる人は、そんな生半可なニキビ肌ではないことを!!

数々の炎症ニキビと格闘してきたニキビサバイバーには、②のケアをおすすめします!

②のケアは以下の通りです!

☆用意するもの☆

*オロナインなど、自分に合うニキビ用軟膏

*綿棒

*清潔なピンセット(消毒液などで拭きとっておく。)

*清潔な面皰圧子(消毒液などで拭きとっておく。薬局なんかで1000円くらいで売っています。)

上記の「ニキビが潰れてしまったときの正しい処置!」の中で書いたような洗顔をした後、面皰圧子という器具を毛穴詰まりの場所にあて、軽く押します。

詰まりがにょきっとでてきたら、ピンセットで引き抜きます。

後は、また「ニキビが潰れてしまったときの正しい処置!」で書いたように、綿棒につけた軟膏でその場所を消毒する、でOKです。

以上です!

ただ、赤みのある場所にやってはいけません!詰まりが出てこないからといってぐいぐい押すのもNGです!

自分の肌に合わせて、対処していきましょう!

 痛い!助けて!黄ニキビの対処法!

助け求める女性

見た目の汚さにすらうんざりなのに、じくじくと痛んで私を憂鬱にする黄ニキビ。

このニキビの対処法は・・・皮膚科に行くことです。

「自分でできる対処法じゃないよね!?自宅でなんとかできないの!?」

自宅で何とかしたいですよね。分かる。分かるんです!

でも、黄ニキビの場合は、既に毛穴に雑菌が入り込み炎症が起きているんです。

つまり、肌の一部が病気になっているんです。

けがをした時みたいに、自分で手当てするのも不可能じゃないですが、自己流でやると雑菌が入ってますます悪化するリスク大!!

ここは一つ、プロの手を借りましょう。

擦りむいた膝に跡が残ったっていいけど(いや、良くないかな・・・?)、顔に後が残ったら女性はつらいですよね。

跡を残したくなければ、四の五の言わずに皮膚科へ行きましょー!!

 「白ニキビ」の正しい対処法まとめ

  1. 痛くなければ白ニキビ。痛かったら、それは・・・黄ニキビ!
  2. 白ニキビは、保湿をするか、皮脂詰まりを取り除いてケアしよう!
  3. 黄ニキビは、四の五の言わずに皮膚科に行こう!

自分の肌にできているのは、白ニキビ?黄ニキビ?

しっかり見極めて、正しいケアをしましょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です