ニキビができるのはコーヒーが原因!?コーヒーがもたらす害とは?

コーヒー
スポンサーリンク

テスト勉強や残業。何歳になっても、毎日忙しくって大変!

そんなとき、いつも私たちを癒やしてくれる飲み物と言えば?そう、コーヒーです!

とってもおいしいし、疲れた身体をシャキッとさせてくれるから、また頑張ろうって気持ちになりますよね。

でも、時々こんなこわ~い噂聞きませんか?

 

 

「コーヒーにはカフェインが入ってるから、飲むとニキビができるんだよ・・・」

 

多忙な私たちをいつも癒やしてくれるコーヒー。あなたは敵なの味方なの!?

そんなわけで、コーヒーがニキビの敵と言われる理由を調べてみました!

カフェインにより、睡眠不足になる!

眠くてフラフラ・・・でもお仕事を片付けないと!そんなときに頼りになるコーヒー。

ですが、眠気を覚ましてくれると言うことは、つまり脳や神経を強制的に活性化させているということ。一時的に飲む分には、ただ眠気覚ましとなってくれるだけ。しかし、毎日何杯もコーヒーを飲み続けていると、身体は常に覚醒状態となり、いざリラックスしようとしたときにリラックスできない状態へとなってしまうのです!

そんな身体では、眠ろうとしても眠れず、どんどん睡眠不足になってしまいます。

睡眠不足が美肌の敵だと言うことは、肌を大切にする女性の常識ですね!

このような理由で、ニキビができるリスクが高まってしまうのです。

カフェインにより、胃が荒れる!

「全然作業が終わらない!今日は徹夜だ~!」

こんな日はもう焦って焦って、何杯ものコーヒーをお供に、目の前の作業を片っ端から片付けていきますよね。私はいつもこのタイプでした。夏休みの宿題も、夏休み最終日に泣きながら徹夜で終わらせていたし、今もお仕事は徹夜が多かったりします・・・。

 

ですがこの状態、お肌にとってはかなり危険なんです!

作業に没頭してるとき、飲み物は飲んでも食べ物は食べませんよね?空っぽになった胃の中に、刺激の強いカフェインを流し込む・・・これは本当にダメなんです!

 

なぜなら、空っぽの無防備な胃をカフェインが刺激することで、不必要な量の胃酸が分泌され、胃が傷ついてしまうからです!

 

内臓の不調が肌荒れとなって現れるということも、美肌を目指す女性の常識ですね!

スポンサーリンク

 

カフェインが体質に合っていない!?

鏡で肌チェック

ちょっとコーヒーの話とは離れるのですが、私とチョコレートのお話をします。

ある日チョコレートが食べたくてたまらなくなって、板チョコをコンビニでたくさん買ってきてぱくぱく食べたんです。大体2枚半位だったと思います。

 

しばらくすると、肌がムズムズ痒くなってきました。それだけじゃなく、喉の内側も痒くて、呼吸がしづらくなったんですね。い、いったい何が起こったの~!?とパニック。

 

家でじっとしていたら治まったのですが・・・後日、別件で病院に行ったとき、アレルギーチェックをしたら、お医者さんから意外な一言が。

 

「特定のアレルギーはないけど、一つのものを大量に摂取するとアレルギー反応が出る体質ですね。」

 

ええ~っ!?そんな体質ってあるの!?

じゃあ、この前のチョコレート事件はそれが原因だったのか・・・!

そう、このお話でお伝えしたかったのは、意外なアレルギーを持っていることに気づかず、肌を泣かせていることもあるってことです。

コーヒーも、体質に合っていないのにがぶがぶ飲んでいると、身体が防御態勢に入って肌をぶつぶつにすることがあるみたいです。

時々流行る『○○断ち』というものには、自分に合っていないものを発見するメリットがあるんですね!

まとめ

  1. カフェインにより睡眠不足になるから、ニキビができる!
  2. カフェインにより胃が荒れるから、ニキビができる!
  3. 実はカフェインにアレルギー反応が出ているから、ニキビができる!

 

コーヒーがニキビに与える害について紹介してきました。

ただ、読んでもらえば分かるように、コーヒーが肌に直接悪さをするということは無いんです。睡眠不足や内臓の不調、体質に合わないという、当たり前のことがニキビを引き起こしていたんですね。つまり、適度な量(コーヒーは1日1~2杯が適量みたいですよ!)を味わって飲めば、ニキビに直結することはないのです!

これは本当に朗報ですね!

だって、ニキビに悪いからあれもこれも食べちゃダメ!なんて、生きる楽しさが半減しちゃいますもんね!

これからも、コーヒーは適度においしく楽しんで生きましょうね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です