ニキビがかさぶたになった時の正しい対処法とは!? 剥がすと最悪!!

びっくり驚いた女性
スポンサーリンク

私はニキビが潰れたり潰すと、かさぶたになってしまっていました。

かさぶたになると化粧をするときに邪魔に感じます。見た目もいつまでも汚く見え、早く治すためには自然に剥がれるのを待つよりも、どうせ剥がれるものなのだから先に剥がしておいたほうが早く治るのではないかと思い剥がしていました。

しかし、私には悩みがあり、その悩みとはニキビ跡でした。

ニキビ跡は時間が経ってもなかなか消えず、なぜニキビ跡が出来てしまうのか悩んでいました。

そこでニキビ跡が出来る原因について調べてみたところ、様々な原因がありましたが、私に当てはまっていたのは、頻繁に行っていたかさぶたを剥がすという行為でした。

ニキビのかさぶたをが良くなかったという事を知ったのです。

なぜニキビのかさぶたは後々剥がれるのに剥がしてはいけないのでしょうか。

また、ニキビがかさぶたになったらどうしたら良いのでしょうか。

ニキビ跡を残すことなく、出来るだけ早くかさぶたが剥がれ、綺麗に治ると良いですよね。

ニキビがかさぶたに?!どうしてかさぶたになるの?

乾燥肌

なぜニキビはかさぶたになってしまうのでしょうか。

かさぶたはニキビによって炎症が起きてしまった肌が再生しかけているときに、外部刺激から肌を守るために出来るものなのです。

ニキビが潰れ、出血すると、血小板というものが分泌され、血がこれ以上流れ出ないように固めてくれます。

この固まった血がかさぶたです。

再生しかけている肌はとても未熟で、少しの外部刺激にも耐えられないほど繊細です。

その為、かさぶたが無ければ、またすぐに傷ついたりニキビができてしまいます。

ニキビ跡の原因にもなってしまうのです。

ニキビがかさぶたになったという状態はとても良いことで、ニキビが治りかけているという証拠なのです。

ニキビのかさぶたは剥がしてはいけない!!

悩む女性

もう既にお分かりかもしれませんが、かさぶたには重要な役割があるため、剥がしてはいけません。

せっかくニキビが治りかけてきていたのに、かさぶたを剥がしてしまったら、完治まで程遠い道のりとなってしまいます。

ニキビがかさぶたになったら「放置」してください。

すると自然に白血球と表皮細胞が働き、肌を再生させてくれます。

再生し、完全な状態の肌に戻ると、かさぶたの役割は終わり、洗顔中やお風呂に入浴しているときなどに自然に剥がれ落ちます。

かさぶたが自然に剥がれ落ちたら、ニキビも完全に治癒し、ニキビによる影響が残っていない肌になったという事ですね。

ニキビのかさぶたを早く治したい!

放置すると自然に治ってくれるのですが、いち早くかさぶたが剥がれ、綺麗な肌を手に入れたいものです。

そんな時は、剥がすのではなく、新陳代謝を高める努力をしましょう。

新陳代謝が高まると、かさぶたが自然に剥がれ落ちるのが早まります。

新陳代謝を高めるためには睡眠を十分にとり、バランスの良い食事を摂ると良いです。

また、肌の再生を早めることで、かさぶたの役割も早く終わるので、肌の再生の手助けをしてくれるビタミン群や亜鉛も積極的に食事に取り入れることをおすすめします。

注意点!!

ニキビがかさぶたになった時に、紫外線を浴びてしまうと、色素沈着やシミの原因となってしまうため、注意してください。

スポンサーリンク

かさぶたになった時の正しい対処法とは

ほっぺが気になる女性

かさぶたになった場合、剥がさないという対処法は前提となりますが、極力刺激を与えずに剥がれるまでに待つために、絆創膏を貼っておくことをおすすめします。

顔に絆創膏を貼ると目立ってしまうという場合も、透明なタイプのものを小さく切ったり、肌色のものを小さく切って張ると、なかなか目立ちにくくなります。

絆創膏を貼りたくないという場合は、きょくりょくかさぶたに触れないように注意してください。

もし剥がれてしまったら・・・

紐解く

かさぶたに触れないように気を付けてはいたものの、つい剥がしてしまった場合や、就寝時に知らぬ間に掻いてしまっていて剥がしてしまったという場合は、洗いましょう。

水で洗うだけでOKです。

このとき洗顔料を付けてはいけません。

また、良く行いがちですが、消毒をしたり化粧水を付けるという事もやめてください。

アルコールを含むものでかさぶたが剥がれた部分を消毒してしまうと、肌の再生を行ってくれる白血球や表皮細胞も殺してしまいます。

すると治りが遅くなってしまうのです。

キズパワーパットで保護

市販の絆創膏で、かさぶたの役割を参考に作られたものがキズパワーパットというものです。

かさぶたが剥がれてしまったら、人工的にかさぶたを作るために、キズパワーパットを貼りましょう。

これで再生しきっていない繊細な肌も外部刺激の影響を受けず、肌の再生を続けられます。

かさぶたを隠したい!

かさぶたが自然に剥がれるまで待つという事はわかりましたが、化粧をするときにどうしてもかさぶたを隠したいのです。

しかし、カバー力があり、かさぶたを隠すことが出来るコンシーラーやクリームタイプのファンデーションは、落とす時に刺激を与えてしまい、かさぶたを剥がしてしまう原因となります。

おすすめはミネラルファンデーションです。

柔らかめのブラシで優しく載せるように重ねつけしていくと、かさぶたを隠すことができますし、落とす時も刺激が少なくかさぶたを剥がしてしまうことを防げます。

かさぶたが自然に取れた後は?

かさぶたが自然に取れた後は、肌が完成したばかりなので、他の部分の肌よりも若干ピンク色です。

数週間から数か月程度で、色も普通の肌に戻りますが、ピンク色の期間は直射日光に当てるのは避けましょう。

また、乾燥しないように保湿してあげることも大切です。

まとめ

  • ニキビがかさぶたになるのはニキビが治りかけている証拠!
  • かさぶたは剥がさずに自然に剥がれるまで待つ
  • 早くかさぶたが剥がれるように新陳代謝を高め、肌の再生の戦力となるビタミン群や亜鉛を積極的に摂取する。
  • かさぶたを剥がしてしまったら、水で洗いかさぶたの代わりとなる絆創膏を貼る
  • かさぶたを化粧で隠す時はミネラルファンデーションで。
  • かさぶたが剥がれたら、直射日光を避け保湿を怠らない。

私は、かさぶたを剥がしてはいけないという事を知ってから、剥がしたいという衝動を抑え、自然に剥がれるまで待つことにしました。

すると、かさぶたが自然に剥がれたときの肌はとてもきれいで、今までのように無理やり剥がした時と全く違いました。

かさぶたは、ニキビができてしまった肌の大きな味方だなと思うようになりました。

ニキビのかさぶたをはがさないようになってから、ニキビ跡も新たにできなったのです。

今ではかさぶたが出来てくるとうれしい気持ちにすらなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です