ステロイド薬ってどんな薬?アトピーで使われる5つのステロイド!

アトピーとステロイド1
スポンサーリンク

「ステロイドは怖い薬だから使わない方がいいよ」そんなことを聞いたことがありますか?

ステロイドは怖い薬ではなく、アトピー治療において最強の薬です。

今回はステロイド薬の種類や副作用についてアトピー経験者の視点のもと紹介します。

アトピーに使われるステロイド薬って何?

アトピーとステロイド2

ステロイド薬

アトピーの人の皮膚の表面はガタガタに壊れていて、刺激を受けやすい状態です。通常の皮膚であれば攻撃しなくてもいいものを免疫細胞が、「敵が来た!」と感じて、攻撃をしてしまいます。別に悪いものでなくても過剰に攻撃してしまうのです。それが皮膚を傷つけて炎症を起こしてしまうという仕組みです。その過剰に働いている免疫細胞を抑え、炎症を抑えます。

内服薬もある

ステロイドには塗る薬のイメージが強いと思いますが、飲むタイプの薬もあります。口から飲んだり、血管注射を使用します。

アトピーのレベルの強さによって使うステロイド薬を決めよう

アトピーステロイド3

ステロイド薬はアトピーの炎症を抑える力の強さによって呼び名が変わります。

種類は5つあります。

1・ストロンゲスト

ステロイド薬の中で一番力が強く一般的には炎症が強すぎる場合(皮膚がただれている、黄色い液が広い範囲で広がっているなど)の応急処置として主に短期間で使います。

2・ベリーストロング

2番目に強いステロイド薬です。ストロンゲストで治まってきたら次の段階で使うステロイドです。

3・ストロング

3番目に力が強いです。ベリーストロングで落ち着いたアトピーに使います。

4・ミディアム

力が2番目に弱いステロイド薬です。皮膚の炎症がかなり少なくなって来た状態で使います。

5・ウィーク

一番ステロイド薬の力が弱いです。これは乾燥による炎症などアトピーの中でも軽い炎症レベルのときに使います。

ステロイド薬ってアトピーが治っても副作用があるから怖いって聞くけど大丈夫?

アトピーとステロイド4
スポンサーリンク

どんな副作用があるの?

短期間塗る場合場合は副作用はあまりないですが、長期間使うと、皮膚が薄く弱くなったり、血管が網の目状に見える、といった症状があります。

部位によって吸収率が違う

人間の皮膚には薄い皮膚、厚い皮膚がありますが、それぞれの部位でステロイドの吸収率が違います。

顔、頭皮、首

顔は皮膚の中でも薄い皮膚のです。ステロイドの吸収率が高いので、基本的にはストロングから下のレベルのステロイドを使います。

胸、背中、腕

胸は顔、頭皮、首に比べると少し皮膚が厚いので、一般的にはベリーストングから下のレベルを使います。

足は皮膚が一番厚い部分なので重症であれば一番ステロイドの強力な、ストロンゲストを使います。改善したら力の弱いステロイドに切り替えます。

医師の指導に沿って塗る量、期間を決める

わたしは何回も「よし、もう治ったから塗らなくていいや」と自己判断で外用薬の使用をやめましたが、その度に再発して痛い目にあっています。

医師の指示どおりに使えば副作用も最小限に抑えられますし、何回もぶりかえすこともないので、自己判断せずに医師の指導に従いましょう。

塗る時の注意点

塗る前は手を清潔にしてから塗りましょう。保湿剤と一緒に使う場合はまず、保湿剤を使用してから、ステロイド薬を使いましょう。

アトピー経験者からのステロイド使用の感想

アトピーとステロイド5

長年脱ステロイドという行いましたが、結果が出なかったので治療法を変えて、副作用が怖いと言われていたステロイドを使いました。

すると、かゆみが一気に引き、数ヶ月後には普通のひとと同じくらいの皮膚になりました。

使い方を間違えなければすごく頼りになる薬です。

包丁は悪く使えば人を殺しますが、良く使えば料理を作って私たちの生活を支える道具となります。

ステロイドも同じです。

使い方がわかれば、アトピー治療で一番頼りになる薬になるので使い方を医師の指導で早く治すことが得策だと思います。

まとめ

ステロイド薬は炎症を抑えてくれる薬で、内服、外用薬の2種類あります。

強さの種類は5つあります。

  1. ストロンゲスト
  2. ベリーストロング
  3. ストロング
  4. ミディアム
  5. ウィーク

部位によって吸収率が違い、皮膚が薄い場所は吸収率が高く、厚い部分は低い。副作用は長期間使うと、皮膚が薄く弱くなったり、血管が網の目上に見える副作用があります。

しかし、医師の指導を守れば副作用を最小限に抑えられ、早く治るので、正しくステロイド薬を使って早くアトピーを治しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です