アトピー肌の洗濯事情!!おすすめ洗剤と洗濯のコツ。

アトピーと洗剤1
スポンサーリンク

アトピーの方は敏感肌で、日常で使うものにすごく気を使いますよね?!

特に1日中身に着けている服を洗う洗濯用洗剤は、自分に合ったものを使わないとアレルギー反応が出て、痒みに襲われたりします。

基本的にアトピーの方は刺激の少ない洗濯用石けんや無添加のものがよいとされていますが、実際どのようなものがいのでしょうか?

また、一般の洗剤を使用しないことで、衣類が固くなったりすることはないのでしょうか?

アトピー肌の私が使っても肌荒れしなかった洗濯用洗剤と、衣類の柔らかさを保つ洗濯のコツをご紹介します。

洗濯用洗剤の無添加表示に、ちょっと待ったっ!!

洗剤を買いにお店に行くと、たくさんの洗剤が置かれていて、どれがいいのか迷いますよね?

そんな時、パッケージに書かれている、”無添加”の表示。

それだけを見て買うのは待ってくださいっ!!

裏の成分表を見ると、一般の製品と同じような合成界面活性剤や保存料などの成分が書かれているものもあります。

表示の定義はそのメーカーによるものなので、成分表を見て、なるべく純石けん分の多い洗濯用石けんを選びましょう。

また、洗濯の仕上がりが柔らかくなる柔軟剤は、基本中の基本ですが、やめましょう!!

柔らかくするために服につけるリンスと考えると、成分が服から洗い流されずに残るので、その残った成分が肌に触れてアレルギー反応を起こしやすくなります。

私は柔軟剤をやめて、柔軟剤を使っていた服を一層したら、服の接触による赤みや痒みは改善しました。

普段の洗濯にはコレっ!!洗濯に使える魔法の粉!!

アトピーと洗剤2

日々の生活で衣類の汚れがすごくひどくなることって、そこまでないですよね?!

泥だらけになって遊ぶ子供の服は別ですが、だいたいは汗や皮脂の汚れが主だと思います。

そんな時の洗濯に私は石けんや洗剤を使いません。

私はセスキ炭酸ソーダを使います。

洗浄力は石けんより弱いのですが、日々の洗濯に大きな支障は感じません。

洗濯に重曹を使ったこともありますが、セスキ炭酸ソーダの方が水に溶けやすいので使いやすいです。

しかもこのセスキ炭酸ソーダ、100円ショップでも買えて、コスパは最高です。

また、セスキ炭酸ソーダはキッチン周りの油汚れにも使えるので、活躍の幅が広い!!

ただ、先にも述べた通り、洗浄力が弱い分、3~4回に1回は石けんの成分が入った、洗濯用石けんを使う方がよさそうですね。

おすすめの洗濯用石けん

アトピーと洗剤3
スポンサーリンク

たまに使う洗濯用石けんでおすすめなのが、アラウ.の洗濯用石けんです。

アラウ.のシリーズは植物原料100%の無添加石けん。

しかも石けんを作る際の水にも精製水を使うなど、こだわっています。

合成界面活性剤、蛍光剤、漂白剤、合成香料、着色料、保存料無添加で、洗浄力も高く、洗い上がりも柔らかい。

特に私が気に入っているのが、天然精油の香りが本当に優しいところ。

ラベンダー&スペアミントとローズゼラニウム&イランイラン・ライム・ラベンダーの2種類がありますが、私はラベンダー&スペアミントが好きです。

長く服に香りは残らないのもいい!!

ただ、一般の洗濯用洗剤よりは1.2L 800円と少しお値段が高いので、セスキ炭酸ソーダとうまく使い分けるのが上手な使い方だと思います。

柔軟剤がないと洗濯物が固くなる!?

アトピーと洗剤4

私も肌荒れのマシな時は、柔軟剤を使っていました。

香りも好きだったし、洗い上がりが固くならないので毎回洗濯の際には入れていました。

それに慣れると、他の洗濯用石けんで洗った服は固くなったように感じていましたが、このアラウ.は洗い上がりも比較的柔らかい。

セスキ炭酸ソーダで洗った後も、固くなるような感じはありません。

でも、やっぱり固いと気になるようなら、洗濯物を干す時間帯や場所を変えてみましょう。

洗濯物が固くなるのは、洗濯物を紫外線に当てる時間が長いと固くなると聞きました。

なので私は、夜に洗濯して、そのまま外に干して、朝の陽ざしに少し当てて、その後部屋干し。

という干し方をしています。

夏はこの干し方で問題なく乾きますし、全く固くなりません。

冬はこの干し方では洗濯物が乾かないので、暖房のかかった部屋に干して乾かします。

暖房をかけると部屋が乾燥しますが、洗濯ものを干すことで部屋の保湿効果もあり、一石二鳥です。

まとめ

アトピーと洗剤5
  1. 洗濯はセスキ炭酸ソーダとアラウ.の洗濯用石けんの2種類使い
  2. 柔軟剤は使わない
  3. 洗濯物を柔らかく仕上げたい時は、紫外線になるべく当てない工夫を…

今回はアトピーの方も使える洗濯用洗剤と洗濯のコツをご紹介しました。

自分に合うものは1つではありません。

いろいろ試して実験して、自分の納得のいく洗剤や洗濯の方法を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です