アトピー用の市販薬!!皮膚科に行けない時に役立つアレコレ!!

アトピーと市販薬1
スポンサーリンク

アトピーを持っている人に忘れた頃にやって来るもの!

それは、強いかゆみ!

普段アトピーに気をつけた生活をしているのに、突然やって来るの!

もう本当にがっかり!

私の場合、強いかゆみが出たら、まず保冷剤で患部を冷やします。

それでおさまればいいんだけど、だめだったら次はお酢!

意外に思うかも知れないんだけど、これはかなりお勧め!

初めは染みるけど、そのうちかゆみは飛びます。

そもそもなんでお酢を使おうと思ったかというとそれは、おばあちゃんが教えてくれたの。小学生の時、足の指と指の間にひどいアトピーが出たことがあるんだけど、その時におばあちゃんが、洗面器いっぱいにお酢をくんでくれて、

「足を入れなさい!」

って言うから、言われた通りにしたら、あら不思議!

かゆみが嘘みたいにおさまりました!

それからはぶり返さなかったんですよ。

なので、私は冷やしてだめならお酢です!

でも、お酢でもダメな時ってあるんですよね。

そうなってしまったら、やっぱり薬に頼るしかないんです。

だまっていれば治るってわけでもないので。

そこで次の出番は市販薬です。

アトピーに効く主な6つの成分!

アトピーと市販薬2

アトピーに有効な成分はどのようなものがあるのでしょうか。探ってみます。

・抗ヒスタミン

アレルギー症状の緩和。 例えばアレグラFX

・馬油

優れた保湿力と殺菌力。 例えばソンバーユ

・クロタミトン

かゆみを止める。 例えばユースキン

・ヒドロコルチゾン

ステロイド。炎症を抑える。腫れやかゆみを緩和。 例えばテラ・コートリル軟膏a

・プレドニゾロン

ステロイド。炎症を抑える。 例えばメンソレータム メディクイッククリーム

私が効果を実感しているのは「アラントイン」という成分。傷の回復に効果。

例えば「メモA」という市販薬。

私は病院には行けないけど、アトピーでできた傷を早く治したいという時に使うのが

この「メモA」。

私には良く効きます!!

それから、これもお勧めなんだけど、「傷パワーパッド」って絆創膏があります。

特に私の場合手湿疹に効きました。

血だらけの肥圧した患部に敷き詰めるように「傷パワーパッド」を貼ります。

まずこれで、細菌から守ってくれます!

次の段階として、体液の排出を促してくれるの。

重症化したアトピーは患部に体液が溜まっていることがあるので・・・。

スポンサーリンク

ここまで来るともうしめたものです!!「傷パワーパッド」をはがし、患部を乾燥させれば、治癒に向かっていきます。

私にとっては「傷パワーパッド」は最後の砦みたいなものになっています!!

このように、アトピーに効く市販薬はたくさんあります!!

日本の市販薬の現状

アトピーと市販薬3

そもそも日本人は薬好きの民族と言われてるんだって!!

例えば、風邪を引いたら、病院に行く人も多いでしょう。

海外ではなかなか病院には行かないそう。

世界的に見て、薬の消費量が多いのは、アメリカに次いで日本は2位!!

私たちすごい薬買ってますね!

日本人が良く病院に行くのは保険制度が充実していて、皆平等に受診できるから。

薬も当たり前のようにもらいますよね。

それも薬代は点数化され、統一しているから安心して買うことできます。

また日本の市販薬市場も海外の人にとっては驚くべき充実ぶりなんだそう。

日本の市販薬には、海外では市販薬で買えない成分も含まれているものもあります。

例えば、皆さんお馴染み「キャベジン」に含まれているリパーゼは、台湾では市販薬としては買えないんだそうです。

他にも日本では300円位で買える目薬が海外では1000円位で売っていることもあるという例もあります。

これだけみても、日本の市販薬業界は頑張ってますね!

また、市販薬は医師の処方箋がいらず、自分で選んで買うことができるのはいいですよね。

市販薬を使う時は、まず症状が出始めで、病院に行く前に少し様子を見たい時とか、まだ症状が軽い時とかに有効。

なので、処方される薬よりも、効果も副作用も軽くなっています。

副作用が軽いというのはいいですよね!

でも全くない!

というわけではないので、ちゃんと用法・容量を守って使用してくださいね!

また、最近「セルフメディケーション」の重要性が謳われてます。

どういうことかというと、なんでもかんでも病院に行っていては、自分で健康管理ができなくなっちゃうから、症状が軽めの人は自分でなんとかしてみよう!

という考え方です。

こういった意味でも市販薬というのは私たちにとってなくてはならないもの。

ということができるでしょう。

まとめ

  • まずは薬に頼らずにできることはしよう!
  • たくさんある市販薬の主な有効成分を知ろう!
  • 市販薬は手軽に自分で選んで買うことができて便利だけど、副作用はあるから、用法・容量はちゃんと守ろう!
  • うまく市販薬を利用しながらも「セルフメディケーション」を実践しよう!

でももし、症状が改善されなかったら病院に行って下さいね!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です