アトピー肌の洗顔ってどうしている?その方法でやり続けたら悪化します!!

アトピーと洗顔2

アトピーの症状が顔に出て酷い。

そんな時、洗顔が悪化の原因になっていることが考えられます。

毎日行っている洗顔はアトピーを悪化させない正しい方法ですか?

洗顔に使用している洗顔料はアトピーを悪化させないものを選べていますか?

今回はアトピーを悪化させない洗顔料の選び方とオススメの洗顔料、更に悪化させないための肌を労わる正しい洗顔方法をご紹介していきます。

アトピーへの正しい洗顔料の選び方

アトピーを悪化させないためには、まずは使用する洗顔量を見直しましょう。

刺激を与えず、肌に優しい洗顔料を選ぶ必要があります。

アトピーと洗顔4

洗浄力より肌への影響を重視

洗顔料は肌の洗浄のために使用するものであり、洗浄力も大切な要点です。

しかし、アトピーの場合は、どれだけ洗浄できるかという事よりも、それだけ肌に刺激を与えず、負担をかけずに洗顔するかという事が大切です。

洗浄力の高い洗顔料を使用することで、成分の刺激によるアトピーの悪化や、必要な皮脂や潤い成分までもを洗い流し乾燥を加速させアトピー悪化という末路になります。

洗顔料の中でも一番肌に優しい成分で作られていることが多いのは、無添加洗顔石鹸です。

無添加洗顔石鹸だと、シンプルな材料で作られるため、刺激を与える成分が配合されていないことが多いためおすすめです。

洗顔料の避けるべき成分

無添加洗顔石鹸には含まれていないことが多い成分ですが、念のため、洗顔料に配合されることがあり、肌に刺激を与える成分をご紹介します。

以下の成分が配合されている洗顔料は避けましょう。

  • 合成界面活性剤
  • 防腐剤(パラベン)
  • 合成香料
  • 合成着色料
  • 合成油性成分(ミネラルオイル・パラフィン・鉱物油等の石油由来保湿成分)
  • エデト酸
  • 合成色素添加物

は基本的に刺激となるので避けます。

また、合成色素に関しては、成分表示には〇色〇号と記載されていることもあります。その場合は石油由来のタール色素なので避けましょう。

無添加のもの、もしくは天然由来成分のものを選びましょう。

保湿成分配合の洗顔料を選ぼう

肌に刺激のない優しい成分の洗顔料というだけでは少し物足りません。

アトピーの改善のために、刺激を与えない事は大前提ですが、肌を乾燥させずに保湿し、肌のバリア機能を高めてあげるという事も大切です。

もちろん洗顔後の保湿ケアで潤いを与え、保湿するのですが、洗顔時も出来るだけ乾燥を促さないために、保湿成分が配合されているものを選びましょう。

また、アトピー肌に使用できる洗顔料は雑菌やカビ菌の繁殖を防ぐ効果のある天然成分などが配合されていることが多いため、+保湿効果のある成分が含まれていないと、洗い過ぎによる乾燥が起こりやすいのです。

  • オリーブオイル
  • 椿油
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などの保湿成分が含まれているものを選びましょう。

泡が滑らかな洗顔料を

肌に刺激を与えない洗顔料を選んでいると、余計な成分が含まれていないため、泡立ちが悪く肌滑りの悪いものがあります。

成分的には問題なしでも、泡立ちが悪く、肌スベリが悪いと、手のひらと肌がこすれ合い、摩擦による刺激を肌に与え、アトピーを悪化させてしまうのです。

直接手のひらが顔に当たらないような泡立ちの良いものや、洗顔料により肌滑りがよく、強く摩擦を与えないものを選びましょう。

アトピーを悪化させない洗顔方法

アトピーと洗顔5

ではアトピーに使用できる洗顔料を選ぶことができたら、次は正しい洗顔方法をマスターしなければいけません。

せっかく良い洗顔料を使用していても、洗い方次第では意味がなくなってしまいます。

アトピーを悪化させない洗顔手順

  • 手のひらの雑菌を落とすために手洗いをする。
  • 洗顔料をケチらずたっぷりと出し十分に泡立てる。
  • 顔のTゾーンから泡を付けて、指をクルクル小さく円をかくように動かし洗う
  • 頬や顔の側面を同じように洗い、最後に目元口元にも泡を付けて同じように優しく洗う
  • 泡を顔に乗せている時間は1分以内。素早く優しく丁寧に。
  • 35度程度のぬるま湯ですすぐ(洗い残しに十分注意し丁寧に。)
  • 清潔で柔らかいタオルでそっと押さえつけるように水気を拭き取る

洗顔後はすぐに保湿もお忘れなく。

洗顔時に肌を強く擦ると、洗浄力が増し、肌に必要な皮脂を奪い乾燥を加速させてしまいます。また肌への負担も与えてしまい、アトピーを悪化させます。

優しく丁寧にが基本です。

洗顔回数は1日何回?

洗顔料を使用した洗顔は1日1回までが理想です。

外部刺激を受け、「メイク」をして過ごした一日の最後に洗顔料を使用し、しっかりと洗うと良いです。

夜に1度洗うときも、1回で済ませるようにし、2度洗いは乾燥を加速させるので避けましょう。

朝の洗顔は洗顔料なし?

朝の洗顔、寝起きの洗顔などには洗顔料は必要ありません。

出来るだけ肌への刺激を軽減し、肌に必要な皮脂や保湿成分を洗い落とさない為にも、ぬるま湯のみの洗顔で十分です。

日中に顔が洗いたくなったという場合も、ぬるま湯だけの洗顔のほうが良いです。

しかし、あまりにも顔が汚れたという時や、寝起きの汗がひどいというような場合は、洗顔料を使用してもよいです。

おすすめの洗顔料5選

アトピーと洗顔3

ではおすすめの洗顔料をご紹介します。

  • 汚れを落とすための成分が肌に残りにくい
  • 肌に必要な汚れだけを落とし乾燥を防ぐ
  • 香料・着色料・パラベン・アルコールなど刺激成分不使用
  • 少量でかなり泡立ちが良い
  • シンプルな成分でできた洗顔石鹸

タナカ ミネラルソープ(自然派CLUBサスティ)

  • 無添加洗顔石鹸
  • 美容成分は美容液1本分を凝縮
  • 泡立てネット不要でなめらかな粘りのある泡ができる
  • 肌の引き締め効果あり
  • ヒアルロン酸・スクワラン・ローヤルゼリー・等の15種類の美容成分・保湿成分配合

ヒフミドソープ

  • ヒト型セラミドⅡ配合
  • ヤシ油・パーム油などの保湿成分配合
  • 100%植物性石鹸
  • 洗顔後肌がつっぱらない

つつむ ジェントルウォッシュ

  • アルコール・香料着色料不使用
  • ミスチル酸・オレイン酸により、乾燥させず汚れを落とす
  • 泡切れが良く洗い残し難い
  • 刺激なく洗浄力も丁度良い

エトヴォスクリアソープバー

  • 防腐剤・パラベン・キレート剤・石油系界面活性剤・鉱物油・香料・着色料不使用
  • 無添加洗顔料
  • セラミド配合で保湿
  • 肌のバリア機能をサポート
  • 洗浄力が強くない

無添加洗顔石鹸の保管方法

無添加洗顔石鹸は、無添加なので、保管方法を誤ると、肌に刺激を与える菌が増殖してしまったり、清潔に使い続けられなくなってしまいます。

正しく保管して使用しましょう。

石鹸使用後は流す

石鹸使用後は必ず石鹸を洗い流します。

石鹸に手の平の雑菌や垢等が付いたまま保管すると、雑菌繁殖の原因となります。

水気のある場所に置かない

石鹸なので水に溶けやすいため、水気のある場所、浴室や洗面台、蛇口のそばに置くのは避けましょう。

石鹸使用後の水気をとり保管

石鹸を使用した後に洗い流した状態のまま保管すると石鹸が痛みます。

石鹸が水で濡れ、ふにゃふにゃしている状態は、雑菌や細菌が繁殖しやすい状態です。

使用後はサッと清潔なタオルやガーゼで水気をとり、ネットやスポンジ型の石鹸ホルダーに入れて風通しの良い場所につるしておきましょう。

しっかりと乾いたタオルの上に置いておいても良いです。

まとめ

  • 洗顔料は洗浄力より肌に優しいものを
  • 保湿成分配合のものが良い
  • なめらかな泡立ちのものを
  • 無添加洗顔石鹸がおすすめ
  • 正しい洗顔方法を行う
  • 洗顔は1日1回、その他はぬるま湯のみの洗顔を
  • 無添加洗顔石鹸は正しく保管し清潔を保つ

毎日使用する洗顔料、アトピーを悪化させない優しいものを使用したいですね。

また正しい洗顔方法を身に付け、肌に刺激を与えることなく清潔を保ちましょう。

石鹸自体も清潔に保管してくださいね。

また洗顔後の保湿ケアも忘れずに。保湿ケアは洗顔後5分以内にできるだけ早急にですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA