アトピー患者は過栄養?普通に家庭で使っている物が実は!!

お皿とスプーンフォークナイフのセット
スポンサーリンク

アトピーを治すのにどんな栄養を取れば良いの?体は食べる物で作られていますよね。

アトピーもきっかけは様々な理由があるにせよ原因の一つに栄養バランスの乱れが考えられるのです。

 

過剰な努力は嫌,お金の沢山掛かるのも嫌なグウタラおかんには二人のアトピー息子がいます。

彼らのアトピーは軽度のなので,思春期を迎えた長男は随分と治まってきました。

グウタラおかんも彼らの完治を目指して栄養について考えてみました。

玄米か白米か

image002

白米では栄養素が足りないとして玄米食にこだわる人がいます。ですが,我が家では絶対に玄米食をしません。

なぜなら玄米は消化しにくいのです。栄養が豊富だけれど消化しない。つまり玄米の栄養は吸収できないのです。

もちろん消化不良は体に負担をかけます。主食なのでこの辺りの選択は大きな意味を持ちます。

発芽米が良いらしいのですがグウタラなのでチャレンジできていません。

 

ビタミン・ミネラル

image003

ビタミンやミネラルは体内製造される物や食物に寄る摂取でしか取り入れられない物があります。

最近は化学肥料での栽培等で食べ物に含まれるミネラルが減っていると言われています。

しかもステロイドや抗生物質でビタミンB群が減少していたりする!

栄養不足と思われるのはどうやらこのビタミン・ミネラルなどです。

これらをバランス良く摂取するための方法として「まごわやさしい」が推奨されています。

ま/豆。ご/ごま。わ/わかめ。や/野菜。さ/魚。し/椎茸しめじ。い/いも。

家では料理しないわーって言う食材はありませんか?見直してください。我が家はわかめ類とキノコ類が少ないかな。

 

肉・牛乳・卵

image004

たまに動物性のタンパクを採るとアトピーが悪化する人がいます。我が家も牛乳の摂取量を必要以上に増やす考えはありません。給食で飲むので十分かなと思うので。

タンパク質の摂取を制限してアトピーを治そうとする人も居るようですが,なんだか不自然な気がします。

本来,血肉を作るのに必要なタンパク質をアトピーで壊れた皮膚を持つ人々が摂取しないなんておかしい!!

タンパク質を取るとアトピーが悪化する人は消化器官が弱まっているからではないでしょうか。

消化不良ではどんな栄養も生かされずに体の負担になるだけ。じゃあ,消化不良を起こしているのは何?

スポンサーリンク

 

砂糖・果物・油

image005

これらの糖質と油は採り過ぎと考えていいでしょう。しかも白い砂糖の恐ろしさは各所で語られています。

朝の果物は金と呼ばれて,朝からヨーグルトに果物を食べられる方は多いと思いますが,アトピーの生息する我が家ではあり得ません。

彼らはヨーグルトにタップリ甘味料を入れたがりますしね。果物も糖質と言う意味では同じです。

アトピー息子達は糖質を取りすぎると体内でのステロイドホルモン分泌がなくなるので,毎朝の習慣としては向かないのです。

 

そして油。トランス脂肪酸(マーガリン)の害はもちろんのこと,家庭で普通に使う油のほとんどがリノール酸です。

このリノール酸がアトピーの原因の大部分だと言い切る人がいるくらいです。リノール酸は体内で変化してアトピーやアレルギー反応を促進させるホルモン物質を作ります。

 

とは言え,食べ盛りの息子達から揚げ物を無くすのは難しい。少々お金がかかりますが私の友人はオリーブオイルで揚げたり焼いたりしているそうです。オリーブオイルはオレイン酸です。

アトピーにとって有益な油はαリノレン酸だそうです。あまに油やしそ油・エゴマ油ですね。

ただ,酸化し易いので調理用には使えません。ドレッシングなどを作るのに適しているそうです。

 

リノール酸をなんとかしよう。

image006

リノール酸の過剰摂取でタンパク質などが消化,代謝できずアトピーになっている流れが見えてきましたね。

 

そもそもリノール酸の摂取が増えた理由はリノール酸が体に良いと言う間違った認識が定着しているからです。

高度成長期に間違った認識をしてから,日本だけが突出してリノール酸を摂取してきたようです。

重傷化してタンパク質の分解が出来なくなっている方は一度リノール酸とタンパク質を辞めてみてください。

そしてタンパク質だけを徐々に摂取してみてください。それはまるで離乳食をする子どものようにね。

よく噛む事や消化酵素を併用する事で吸収し易くなる事もありそうです。

 

 

まとめ

 

1.玄米は辞めましょう。摂取した物が栄養として吸収されるかどうかが問題。

2.ビタミン・ミネラルはもっと必要。「まごわやさしい」で栄養のバランスを取ろう。

3.肉・牛乳・卵は魚とともに適量の摂取を。摂取しにくい方は消化力や吸収する力に着目を。

4.現代は砂糖・油を過剰摂取している。リノール酸の採り過ぎがアトピーの原因かも。

5.とにかくリノール酸を辞めてみる。過栄養なのはリノール酸。マーガリンは絶対に使いませんよ。

 

栄養って食べれば良いだけじゃないんです。消化して吸収しなければ何の意味もない。

そして過剰に採った砂糖や油が他の栄養素を吸収する邪魔になっている。

だから,砂糖と油の摂取を見直して他の栄養素の吸収,体内製造を促しましょう。

私もオリーブオイルで調理する事にします。あとエゴマ油のドレッシング売ってないかなー

 

きっとアトピーに打ち勝つ事が出来ますよね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です