アトピー女子必見!柔軟剤が肌に及ぼす悪影響とは!?

アトピーと柔軟剤1
スポンサーリンク

「あれ?なんだか最近洗いたての洋服を着ると痒いなぁ」「なんだかチクチクするような感覚なるなぁ」なんてことありませんか?

洋服の繊維かと思って服の種類を変えてみてもなぜか服を着た時の不快感が消えないなんてことありませんか?実はこれ洋服のせいではなく、洗濯するときの”柔軟剤”が原因なのです。

私は自宅でアタックを使っていたのですが、なぜか洗いたての洋服を着ると肌が痒くなったらチクチクするということがありました。アトピー肌が悪化してるのかな?

と思ってお風呂に入ったり薬をつけたり色々処置をしてもやっぱり洋服を着るとアトピー反応が出てしまいました。

着たい服は着れず、おしゃれな服を買っても洗濯すると肌に合わなくなってしまうという悩みにずっと悩まされていました。

服が着れないことにとても困っていたため、この原因は何なのかと思って色々調べてみたところ実は柔軟剤に秘密が隠されていたということがわかりました。

今回はアトピーのせいで好きな服が着たいのに着れない…そんな悩みを持っている女の子に柔軟剤のお悩み解決方法をご紹介したいと思います!

そもそも柔軟剤は良くない!

アトピーと柔軟剤2

まず大前提として柔軟剤はアトピー肌には良くないのです。普通の柔軟剤には界面活性剤というものが含まれています。

界面活性剤とは洗った時に衣類に付着すると衣類が良い香りになったり手触りが良くなったりするというものです。よくドンキや薬局などで安く売られている洗剤には界面活性剤が含まれています。

この衣類に必ず残る界面活性剤が肌に触れることによってアトピー肌の人は痒くなったりチクチクしたりしてしまうのです。なので界面活性剤が必ず含まれている柔軟剤はアトピー肌の人にとっては大敵です。

必ず洗濯洗剤を選ぶときは裏面の成分表などを確認して界面活性剤が使われているかどうかを確認するようにしましょう。

洗濯石鹸を使う

アトピーと柔軟剤3

柔軟剤じゃなきゃどうやって洗濯するんだ!と思われるかもしれませんが安心してください。柔軟剤じゃないものもちゃんと販売されています。

スポンサーリンク

それが洗濯石鹸です。洗濯石鹸とは柔軟剤のように肌に対する刺激が少なく、低刺激なのでよく赤ちゃんが生まれたご家庭で使われるものです。

洗濯石鹸は変な化学合成物質が入っていないので肌にはいいのですが、普段普通の柔軟剤を使っている人にとっては香りと触り心地という部分にちょっと不満が残ってしまうかもしれません。洗濯石鹸だけど柔軟剤に寄った効果があるものも出ていますが、やはり柔軟剤には劣ります。

おしゃれが好きな女の子は服の素材にもこだわっていると思うのでここは重要なポイントだと思います。ふわふわ素材が少しゴワゴワになる可能性があるということを念頭に置いて使用してください。

さらに柔軟剤売り場の一角に2.3種類置いてあるかないかくらいの少数商品なので見つけるのも少し難しいかもしれません。しかしアトピー対策効果はしっかりとあるので本当に肌には優しいです。

わたしも洗濯石鹸にしてから肌が痒くなることもなくなったので本当にオススメです。

無添加・オーガニックのものを使う

アトピーと柔軟剤4

どうしても洗濯石鹸はゴワゴワするし嫌だ!という方には柔軟剤の中でも無添加やオーガニック認定されているものを使ってみてください。「赤ちゃんや肌の弱い方でも使える」をコンセプトにしているので、突然洗濯石鹸にいく前に一回この類の柔軟剤を試してみるのもいいと思います。

ただ肌があまりにも弱い方はこの類の柔軟剤でもアトピー反応がでてしまうので気をつけてくださいね。

まとめ

アトピーと柔軟剤5

柔軟剤に入っている界面活性剤はアトピー肌の大敵です。アトピー肌の人はなるべく柔軟剤を避け洗濯石鹸を使いましょう。

しかし洋服の素材がゴワゴワになってしまうという欠点があるので、それが嫌な場合は無添加やオーガニック認定の柔軟剤を選んでください。一応柔軟剤なので洗濯石けんより衣類を守ることができます。

せっかく自分の気に入った服を買っても洗濯したら界面活性剤のせいで着れなくなってしまった、、なんてことが起きてしまうと勿体無いです!柔軟剤をしっかり選べばもう洗濯の後も怖くありません。

女の子はおしゃれを全力で楽しめるように、しっかりと肌に合う柔軟剤を選ぶようにしましょう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です