アトピー喘息女子必見!この2つに効く対処法とは?!

アトピーと喘息1
スポンサーリンク

冬になると皮膚が乾燥して痒くなるし、寒いから喘息が辛くなる、、そんな人いませんか?わたしがまさにその症状を持っていてアトピー性皮膚炎と喘息が幼い頃からなかなか治りません。

冬場は寒くてマフラーを巻いたり厚着をしないとすぐに喘息が出てしまいますよね。しかし厚着といってもダサい格好はしたくないので多少の寒さなら耐え忍んで可愛い服を選んでしまいますよね。

わたしもそうだったのでとても気持ちがわかります。若い時にしか着れない服を着ておけ!とよく思っていました。

しかし寒さに身体が負けてしまうとアトピーも喘息も悪化してしまいます。そんなオシャレ女子のために、アトピー性皮膚炎と喘息の関係と両方に効く対策方法をお伝えしようと思います。

アトピーと喘息の関係性

アトピーと喘息2

まずは何故この2つが関係しているのかをご説明します。そもそもアトピー性皮膚炎の人は喘息になる確率がアトピーではない人より高いのです。

もしくは、最初はアトピーだけだったが後々喘息が発症してしまうこともあります。これは何故かというとちゃんと理由があります。

アトピー性皮膚炎も喘息も両方ともアレルゲンがきっかけで発症してしまうからです。アレルゲンといってもたくさんあります。

例えば

  • ハウスダスト
  • ダニ
  • カビ
  • タバコ

人によってきっかけは様々です。

このアレルゲンが喘息にも同じようなものが挙げられます。発症するきっかけも似たものが原因になってしまいます。

部屋を清潔にする

アトピーと喘息3

アレルゲンが似ているということは発症させないための対策も似ているということです。アトピーも喘息もハウスダストやホコリなどによって出てきてしまうので極力週に1回は掃除をするようにして下さい。

掃除以外にも換気を良くするようにして空気の入れ替えも大切です。ここで1つ注意点があります。

スポンサーリンク

実は「綺麗にしすぎも危険」ということです。掃除しろと言ったくせに何を言っているんだ、と思いますよね。

アトピーや喘息の人は外部からの刺激に弱いので刺激を少なくする作業はもちろん必須です。

しかしアレルゲンであるものを全て取り除き無菌状態を保ち続けるとアレルゲンに対抗する力が弱まってしまうので逆に身体が弱くなってしまいます。

もちろん清潔に保つことは大切ですが、あまりやりすぎないようにするのがポイントです。綺麗にしなきゃ!と躍起になりすぎずいい塩梅で生活するということを忘れないで下さい。

身体を冷やさない

アトピーと喘息4

身体を冷やさないことも重要です。アトピーの原因は血液の汚れですが「冷え」も原因の1つに挙げられます。

よく繭製品を使うと良いと言われますが、理由は身体を温めてくれる効果があるからです。喘息も同じように冷えに弱いのでよく寒い冬はゼーゼー言ってしまいますよね。

わたしは冬場になるとコンコンと咳が出てから突然喘息が発症することが多いです。なので冬場はマフラー必須になっています。足元から冷えはくるので、女性は足をしっかり暖かくするようにしてください。

まとめ

アトピーと喘息5

アトピーと喘息両方にできる対処法は

  1. 部屋を清潔にする
  2. 身体を冷やさない

この2つです。

掃除は週に1回程度は必ずやるようにしてください。その時に神経質にアレルゲン撲滅!時に無菌状態を目指さないでくださいね。

冬場は女性の服装は寒い格好になりがちです。なぜなら冬こそブーツやニットを着ると可愛いですが冷やさないために!と着込みすぎるとダサくなってしまうからです。

なのでうまくブーツの中に繭の靴下をはいたり、タイツを活用して身体を冷やさない工夫を見えない所でして下さい。そうすれば服もダサくならないし身体も温まるし一石二鳥です!

アトピーと喘息両方持っていると私生活でなかなか壁が多いですが、少しずつ努力を積み重ねて健康状態を取り戻して行きましょうね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です