アトピー予防には掃除が効果的??劇的に症状が良くなる掃除方法

掃除
スポンサーリンク

掃除は誰しもがすることですよね。私も掃除をします。

掃除は、アトピーだけでなく基本的に体にいいと思いますが、私は掃除をする時が大変です。

あまり掃除が得意ではない私は「あ、汚くなってきたな」と思ったら掃除をするタイプなんですが、掃除をしていなかった間にハウスダストやダニなどの死骸なんかも増えていて、掃除をするたびに手が痒くなったり埃で喉元が痒くなったりと大変です。。。

まぁ、毎日片付けていればそんなことも少ないのかと思いますが。。。(笑)

では、どのようにすることが一番いいのでしょうか?

汚い部屋だと?

部屋を掃除せずにいると、先ほども言ったようにハウスダストやダニなどの死骸がたまり体に悪影響を及ぼします。

特に、アトピーの原因がそれらだという人も少なくないでしょう。

「忙しくてなかなか片付けられないなぁ」などという方も少なくないと思います。

しかし、ダニやハウスダストがアトピーを悪化の道へと導いてしまっているのでそれを取り除くことは大切ですよね。

部屋が汚い、片付けられていないとどんなに薬を塗っても効果的だというものを試しても、アトピーがなかなかよくならないなんてこともあるのではないでしょうか?

私もよく「外にいるときは調子がいいのに部屋に戻ってくるとなんか痒いなぁ」となっていました。

どこまで掃除すればいいの?

一番いいのは毎日隅々まで掃除!ですが、仕事もしているし家でもやりたいことあるし、毎日隅々まで掃除は難しいよ。という方も少なくないと思います。

私のようにめんどくさがりの方だと特にそうではないでしょうか?

なので、自分の中で掃除する基準を設けるといいと思います。

私の場合だと「テレビなど埃が目立ってきたなと思ったらふき取る」や「一週間に一回は大まかに掃除機をかける」「一か月に一回は隅々まで掃除機をかける」といったように自分の中で決めます。

気になったらやることと掃除機などは期間を決めてやることの二つに分けて行います。

そうすると無理なく継続することができています。

しかし自分で基準を決めると言いましたが、その基準が弱いと意味がありません。

例えば「汚くなったら掃除する」とか「埃っぽくなったら掃除する」などです。

それでは遅いです。ハウスダストやダニなどの死骸の影響を少なくするための掃除なので、汚くなってから片付けるだと悪影響を受けてしまって意味がなくなってしまいます。

スポンサーリンク

最低でも、汚くなったのを肩付けるのではなく、きれいを保つを意識して基準を設けるようにしましょう。

  掃除中のアトピー悪化を防ぐ!

換気

掃除中にはよくハウスダストやダニなどの死骸と触れ合ってしまう機会がぐんと多くなります。

なので、痒みが出てきたり炎症を起こしたり喉元が痒くなってきたりなど、色々な症状が出やすくなります。なので、それらの症状をなるべく出ないようにするよう心掛けて掃除を行いましょう。

ここで、私が実際にやっている症状の悪化をできるだけ抑えるための対処法をいくつか紹介しようと思います!

まず、換気のいい環境を作りましょう。窓を開けると同時に寒くなければ扇風機を窓に向けて回すとなお効果的です。

他には、使い捨てのビニール手袋を履きます。常時履いているほうが手に直接触れないので効果的手です。ついでに手荒れなどがある場合は薬を塗ってから履くと、薬が浸透しつつ保湿されるので、より効果的です。

あとは、掃除をしているときは何かと色々空気中に舞うので、マスクなどもするといいと思います。

他にも、痒くなってしまったりした場合は水などで一時的に冷やすことも効果的です。

はたから見るとかなり完全防備でいつも掃除していますが、自分を守るためなので気にせず掃除に取り組みましょう(笑)

しかし、掃除機をかけるだけなどの時はそこまでしなくてもいいと思います。

時と場合により、使い分けてみてください。

 まとめ

  1.  部屋をきれいに保つようにしましょう。
  2. 自分の中で基準を決め、こまめに掃除をしましょう。
  3. 掃除のときは換気をするなど、時と場合に合わせて体に負担のかからないようにしましょう
  4. 体調が悪くなってきた場合は、無理せずに休憩を挟みながら行いましょう。

これらのことに気を付けアトピーを悪化させないためにきれいな部屋を保つよう心掛けてみてください。

綺麗な部屋だと、自分の気持ちもすっきりするし気持ちよく生活できますね!

これらの話は私の実体験をもとにしていますので、すべてが正しいとは限りません。

一意見だと思って試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です