アトピーを寝汗が悪化させる?汗はかく方が良いのか悪いのか。

解説
スポンサーリンク

アトピーになってから、汗をかいたほうが毒素や老廃物が汗とともにでて治る、汗をかいたほうが良いという情報を知りましたが、実際に汗をかいてしまうと、肌のかゆみが増し、掻いてしまい悪化してしまうという経験をしました。

人間は寝ているときも汗を良くかくと言いますし、暑い夏の時期は寝汗を良くかきますよね。

アトピーである私は汗をかくようにした方が良いのか、汗をかかないように気を付けたほうが良いのか悩みました。

アトピーである場合、汗はかいたほうが良いのでしょうか、又はかかないようにした方が治りが早いのでしょうか。

どうしたら早くなおるのか・・・。痒みからも見た目のひどさからも早く解放されたいと必死でした。

アトピーに取って汗をかいたほうが良いという理由は?

アトピーと毒出し3

アトピーになってから、汗をかいたほうが毒素や老廃物が汗とともにでて治る、汗をかいたほうが良いという情報を知りましたが、実際に汗をかいてしまうと、肌のかゆみが増し、掻いてしまい悪化してしまうという経験をしました。

人間は寝ているときも汗を良くかくと言いますし、暑い夏の時期は寝汗を良くかきますよね。

アトピーである私は汗をかくようにした方が良いのか、汗をかかないように気を付けたほうが良いのか悩みました。

アトピーである場合、汗はかいたほうが良いのでしょうか、又はかかないようにした方が治りが早いのでしょうか。

どうしたら早くなおるのか・・・。痒みからも見た目のひどさからも早く解放されたいと必死でした。

 

汗をかくとアトピーが悪化してしまうという理由は?

殺菌汗をかくと肌のかゆみが酷くなりアトピーが悪化してしまいます。

その理由としては、汗をかいた後に放置してしまうことで、肌がPHアルカリ性になってしまい、黄色ブドウ球菌が増殖してしまいます。

黄色ブドウ球菌はアトピーの原因です。

また汗を放置する事で、汗に含まれているタンパク質が肌のマラセチア菌と言うカビ菌が増殖してしまうことで、アレルギー反応が起き、肌のかゆみが酷くなってしまいます。

汗をかいてもアトピーを悪化させないためには

汗をかいてしまったとき、アトピーを悪化させないためには、汗をすぐに拭き取りましょう。

黄色ブドウ菌やマラセチア菌が増殖する前に、汗を拭きとることが大切です。

汗をアトピー肌に刺激を与えないように拭くためには、タオルで優しく押し当てるように拭きます。擦らずに拭く必要があります。

または、全身に汗を大量にかいている場合は、シャワーで流します。

寝汗をかかないようにするためには?

なぜ?

寝汗もアトピーを悪化させてしまう原因の一つです。

その為、すぐに拭き取らなければいけませんが、寝ているときまで汗を拭きとることはできませんよね。

寝汗がある程度かくのはしょうがないのですが異常にかかないように対策しましょう。

ストレスを溜めない

しかし異常なまでの量の寝汗をかかないようにするためには、自律神経を整えることが大切です。

ストレスなどにより自律神経が乱れてしまうと、寝汗を大量にかいてしまいます。

ストレスは解消しましょう。

私は散歩をしたり友人と話したりするとストレス解消となります。他にもカラオケや好きなアニメや漫画を見るなども良いですね。

質の良い睡眠を

寝汗を大量にかかないようにするためには、質の良い睡眠をとることも大切です。

寝心地の良い寝具を選ぶ、食事は寝る3時間前に済ませておきましょう。

部屋は暗くし、眠る前にス真帆やパソコンのブルーライトを見るのは避けましょう。

スポンサーリンク

寝汗を大量にかかない事にもなりますし、質の良い睡眠は肌の美容にも効果的なので肌が健康的に美しくなります。

アトピーを治すために寝汗を対策する方法は?

アドバイス

ある程度の寝汗をかいてしまうことは防げませんし、アトピーを治すためにも汗腺を塞ぐことは危険です。

そこで寝汗を掻いてもアトピーを悪化させないために対策しましょう。

下着、パジャマ選び

下着やパジャマは汗の吸水性が良いものや速乾性の良いものを使用しましょう。

するとパジャマや下着が汗を吸収してくれるため、肌に汗が停留することが無く、黄色ブドウ菌やマラセチア菌の増殖を防ぐことが出来ます。

除湿シート

布団シートの裏には除湿シートを敷きましょう。

汗を効率的に吸収してくれます。

朝起きたら

朝起きたら、すぐに着替えましょう。

着替える前に汗を拭くか洗い流しましょう。

そうすることで、汗の影響を受けにくくなります。

汗を拭くだけではアトピーは防げない!

アトピーを悪化させないためにも、再発させないためにも、汗を早めに拭いたり洗い流すことは大切です。

しかしアトピーに侵されている肌はただでさえ酷く乾燥しやすいのにも関わらず、汗を拭きとることで、更に肌は乾燥してしまいます。

乾燥した肌はバリア機能が低下してしまい、アトピーは悪化してしまいます。

汗をかいて汗を拭き取ったり洗い流した後は、保湿をして乾燥、肌バリア機能の低下を防がなければいけません。

肌バリア機能が高まるくらい十分に肌に水分を与え保湿する必要があります。

そこで私が十分に保湿できる保湿剤を探していたところ、肌バリアを高めてくれるという保湿剤を見つけたのです。

それは【アトピスマイル クリーム】 という保湿剤です。

このアトピスマイルクリームの素敵な部分は、成分がお米由来の肌に優しい成分なのに、その成分ライスパワー№11という成分が、肌の水分保持機能に作用し、肌が水分を十分に蓄えておけるようにしてくれるのです。

肌の深層から潤っているため、乾燥しにくい肌になるのです。

他にも水分保持機能に作用し、水分を蓄えながら保湿できる保湿剤を探してみましたが、私は見つけられませんでした。

アトピスマイルクリームは他の保湿剤よりもアトピーの乾燥にとって有効なのでないかと思い購入しました。

清潔に保ち、アトピスマイルクリームでアトピー完治!

未来

汗をかいたらこまめに拭きとる、洗い流す、その後アトピスマイルクリームを使用し、十分に保湿するという方法を続けたところ、徐々にアトピーの症状は緩和していきました。

更にステロイドを使わなければ炎症がおさまらなかったのにも関わらず、アトピスマイルクリームを塗りだしてから、ステロイドを塗るのを辞めたのに炎症は徐々に治まっていったのです。

数か月間清潔と保湿することを続けたところ、何度も再発したり、酷いかゆみを感じていた肌は、健康的で綺麗な元の肌に戻りました。

その後も、肌が十分な水分を保持してくれる健康的な状態になったからか、肌に湿疹が出来たり炎症が起きることは一切なくなりました。

また、多少寝汗が多い日でも、肌自体が強くなってくれたおかげか、アトピー再発する事もありません。

今では汗をかいても酷く痒くなったりすることもないので、夏場も快適に過ごせます。

アトピスマイルクリームという他の保湿剤よりも格段に肌に優しく効果的なものに出会えて本当に良かったと思います。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です