アトピーを体質改善で完治。私のたった2つの習慣

新しい習慣
スポンサーリンク

アトピーの原因となる体質は、大きく言うと二種類です。

それはアレルギー体質と皮膚体質です。

しかし、よっぽどの重度でないかぎり、アレルギー体質を原因としてアトピーが発症することは、非常に少ないため、たいていは皮膚体質を原因として、発症します。

 

原因となる皮膚体質というのは、乾燥肌です。

乾燥を原因としてアトピーは発症します。

 

いかにこの乾燥の皮膚体質をコントロールするかで、治療の効率は大きく変わってきます。

ちなみに、この体質、というのは根本的に変えるのは不可能であるとも言われています。しかし、正しいスキンケアを習慣化することで、体質の根本的な改善は出来なくても、それと同等の効果を得ることは、経験上、充分に可能です。

 

今回は、そうした乾燥肌の皮膚体質に特化した、正しい習慣と保湿ケアについて記してみたいと思います。

 

私の経験が、あなたのアトピーの悩みを解決する一端となれば幸いです。

どうすれば体質という大きな要素をクリアして、効率よく治療できるのか、私が体験した方法を紹介させていただきます。

 

洗浄剤を使わないという習慣

洗わない

石鹸、シャンプー、洗顔料、あらゆる洗浄剤は、肌のバリア機能を破壊して、皮膚を乾燥させる原因となります。

あまりにも当たり前に習慣化しているため、肌に悪いなどとなかなか思えないかもしれませんが、肌トラブルの多くは、洗浄剤を原因としています。

 

大きな要因は、洗浄剤で「汚れを落としすぎる」ことです。

石鹸を使用することで、汚れと一緒に、本来は肌に必要な常駐菌や皮脂までも洗い流してしまうことが乾燥肌の大きな原因となっています。

 

アトピーの治療において、肌の保湿は最も大きなファクターであるといえます。

皮膚体質を改善する、大きな一歩は、この洗浄剤を毎日使用するという習慣を変えることにあります。

 

ちなみに、どうやって改善するか、非常に簡単で有効な方法があります。

それは、洗浄剤を使わない習慣を身につけることです。キッパリと使うことをやめるのです。

 

湯船につかって、丁寧に手のひらであらうだけで、汚れの80%は落とすことが可能です。シャンピーにおいても同じです。

この80%というのは、肌に本来必要な成分を残したまま、汚れだけを落とすという見地で見れば、ベストの数字です。

 

決して不潔ではありません。

最初は痒みや油の残った感じが不快に思うかもしれませんが、徐々に緩和されて、体がしっかりと対応していきます。

 

まずは、洗浄剤を使わないという習慣を身につけることで、治療の効率はかなり大きく変わってきます。

 

是非とも挑戦してみて下さい。絶対に価値はあると私は思います。

スポンサーリンク

 

ワセリンを使った正しい保湿習慣

ワセリンの水分

洗浄剤を遠ざけても、乾燥のひどい箇所がある場合は、別個で保湿ケアが必要な場合はあります。アトピーを患っている場合、肌のバリア機能が極端に低下している場合が多く、その度合いがひどい部分は激しい乾燥を伴うものです。

 

そうした部分への保湿ケアを間違うと、あまりにも容易に症状は悪化します。

しかし、どんな保湿製品を使えばいいかわからない、自分の肌に合う保湿製品にまだ出会っていない場合、私が強くオススメしたいのは、ワセリンによる保湿ケアです。

 

これは私が皮膚科の先生に実際に教わった方法なのですが、やり方は簡単です。

 

入浴後、乾燥のひどい部分を、タオルで拭く前にワセリンを塗りこむという方法です。

 

タオルで濡れた皮膚を拭く時、実は肌の奥にある水分まで拭きとってしまっているため、皮膚が乾燥する原因になるのだそうです。

 

そこで、拭き取る前にワセリンで皮膚にフタをする事で、水分を保持したままの状態で皮膚を保存できるため、大きな保湿効果を期待できるという仕組みです。

 

さらに、ワセリンには皮膚を刺激する成分が入っていないため、敏感肌の方にも有効な方法となっています。

コスト面も含めて、非常にオススメな保湿ケアとなっていますので、是非とも試してみてください、きっとあなたの乾燥肌に効果を呼んでくれると思います。

 

完治までの意外に簡単な法則

完治

アトピーになってしまうと、かなり長い期間、苦しむことが多いです。

実際、治療薬のステロイドの副作用に苦しんだり、掻き毟ることによる症状の悪化によるいたちごっこなど、完治までの道は非常にけわしいと感じかもしれません。

 

私もそうした茨の道を歩みましたが、最終的に行き着いたのが、刺激を避けながらきちんと保湿すれば、ゆっくりと治っていくということです。

 

その方法が、今回紹介させていただいた2つの習慣を守るという方法です。

こうして書くと、すごく簡単に思われるかもしれません、実際に、難しいことではありません。

 

習慣を変えるストレスというのは、決して小さいわけではありませんが、新しい習慣として定着すれば、ストレスもどこかへ消えていってしまいます。

 

ゆっくりでいいので、今回、紹介させていただいた習慣を身につけてみて下さい。きっとその習慣を続けていく中で、自然と完治への道を歩んでいることと思います。

 

この記事があなたのアトピーの悩みの役に立つことを願うばかりです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です