アトピーは遺伝だけじゃない。母親が子供にしてあげられることは?

母親に褒められる子供
スポンサーリンク

母親がアトピーだと、

「赤ちゃんに遺伝してしまうのではないだろうか?」

ととても心配だと思います。

自分が辛い思いをしてきただけに

「赤ちゃんにはそんな思いをさせたくない」

こんな思いが強いと思います。

ネットでは色々な情報が錯乱していて、何が正しいのか困っている方も多いのではないでしょうか?

遺伝するのはアトピーはだけじゃない。 アトピーが遺伝する可能性は確かに0ではありません。

ですがアトピーだけでなくアレルギーは全般的に遺伝することが多いようです。

母親がアトピーだからといって100%赤ちゃんがアトピーになるわけでもありません。

両親が2人ともアレルギーを持っていたとしても、絶対に子供がアレルギーになる訳でもありません。

ただ、アレルギーになる確率は高いと統計では出ていますが、統計の数字もバラバラです。

赤ちゃんを産むということは、遺伝子を残すことなのですから色々なものが遺伝して当たり前なのです。

妊娠中に気をつけた方がいいこと

image002

まずは、考えすぎない。ストレスを溜めないことです!
母親が悩み過ぎてストレスを溜め込むことが、赤ちゃんに1番良くありません。
また、そのストレスにより母親のアトピーが出てしまったらもっと辛い状況になってしまいます。

健康的な食事や生活を送り、自身のアトピーが出ないようにすることではないでしょうか?

腸内の環境を整えるのが良いと言われますが、これも正しい食生活を送ることで自然に腸内環境も整いますよね。

アレルゲンと言われる、牛乳や玉子などを無理に制限して食べない生活を送っても赤ちゃんがアトピーになることもあります。 添加物や油物を控えた方がいいのは、現代人は皆一緒ですよね。

やれる事は、最愛の赤ちゃんの為にやりましょう。その上で考えすぎは無駄です。

最低限、アトピーに悪い影響を与える添加物系をさけドルチボーレ ナチュラルウォッシュ の様な無添加剤を積極的にとりいれたりする事をお勧めします。

環境でアトピーになることも

image003

生まれた時はアトピーじゃなかったのに、大きくなってからアトピーが発症する人もいます。
それは、環境の変化でアトピーが発症するのではないか言われています。

環境とは幅広い意味を持つと思いますが、自然環境や家の環境など。

昔に比べて大気汚染を進んでいる世の中ですから、その環境の変化について行けなくてアトピーという形で出るのかもしれません。
私の姉は東京に出てきてから「花粉症になった」と言っていました。これも環境の変化ですね。
家ではハウスダストが原因のことが多いようです。ダニやホコリが多い家だとアトピーになる確率がぐっとあがります。

気になる方は一度、新しいダニ対策!【ダニピタ君】を布団にしかけるべきです。

現状を正しく知る為に。勇気をもって!!

ダニって驚くほどいます。私はダイソン掃除機でまめに布団を吸っていたのですが、ダニピタ君をしかけてみたら、、、、ガーーーンでした(泣)

スポンサーリンク

ただ、寝てる間の痒みはダニピタ君のお陰で驚くほど軽減しましたよ。

後、余計なお世話ですが、

もし、生まれてきた赤ちゃんにアトピーがあっても悲しい顔をしないであげてください。

赤ちゃんも子供もとても敏感に母親の感情を受け止めます。

お母さんが不安な顔をしていると赤ちゃんも子供も不安になってしまいます。

気にしないことは無理だと思いますが、我が子にしてあげられることをしてあげましょう。

お部屋をキレイにしてハウスダスト対策をしてあげたり、部屋を乾燥しすぎないように加湿してあげたり、食材に気をつけながら美味しい健康的な食事を作ってあげたり。

生まれて直ぐに赤ちゃんに保湿剤(もちろん無添加で刺激のないもの)を塗り続けた結果、アトピーの発症が3割も減ったというデータもあります。

結果が芳しくなくても、自分のために頑張ってくれていることはどんなに小さな子供達でも分かります。

かゆくなったら薬を塗ってあげる。それだって我が子にしてあげられることの一つです。

うちの娘はもう中学生ですが、アトピーが酷くなると「薬塗って~」と今でも言 ってきます。薬を塗ってあげると「お母さんの手で薬塗ってもらうと気持ちいい」と甘えています。

 

子供はお母さんが大好きです

image005

私自身はアレルギーは何一つありません。

主人は花粉症ですから、それはアレルギーですね。娘は生まれたときから肌が弱く、園児の頃にアトピー診断を受けました。

私の父は60歳を過ぎてから花粉症になりました。生まれたときはアレルギーじゃ無かったってことですよね。 ですが、私の父は発達障害を持っていました。

私は父から発達障害を遺伝しました。

私の子供は3人とも発達障害児です。遺伝性は強いと言われています。

子供たちもそれを理解した上で「お母さん好き」と言ってくれます。

子供がツライ時に、同じ立場でツライ事が本当の意味で共感出来るからではないかと思っています。

もしアトピーで悩んでいる方が母親になり、またお子さんもアトピーだった時もその子の本当の辛さを共感出来るのではないでしょうか?

1番の理解者にアトピー改善へ協力者になってあげられます。

他の親子では見られないような信頼関係を築く事も可能なのです。

頑張っていることは、子供は本当に良く見ています。子供と過ごす時間も母親は多いですからね。

子供はそんなお母さんが大好きです。

子供のアトピーを見て悲しい顔をしたら子供は「お母さんを悲しませてる」と悲しくなります。

アトピーで悩んでいるお母さん、子供と一緒にアトピー改善のパートナーになりましょう!

まとめ

  1. アトピーの遺伝は絶対ではない。
  2.  妊娠中もあまりストレスを溜め込まないよう、健康的な食事と生活を送りましょう。
  3. 環境でアトピーが発症することもあるので、ハウスダスト対策をしましょう
  4. 生まれた赤ちゃん、子供にアトピーがあっても悲しい顔をあまり見せないように出来る事をやってあげましょう。
  5.  子供がアトピーで悩んでいたら、1番の理解者になり一緒にアトピー改善へのパートナーになりましょう!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です