アトピーは老廃物の排出現象?外に出してアトピーとサヨナラ

喜ぶ女性
スポンサーリンク

アトピーで悩んでいるあなた。

どんな治療や対策をされていますか?

きっと今までたくさんの方法を試されたのでしょうね。

アトピーという名前はギリシャ語の「とらえどころのない」という意味を持つ言葉が語源だと言われています。その名の通り、なかなか治りにくい症状ですよね。

そこで、いったん西洋医学をはなれて、

東洋医学の「老廃物の除去」という視点で、アトピーを見つめ直してみませんか?

そこに、あなたの辛いアトピーを直す、ヒントが見つかるかもしれませんよ。

 西洋医学と東洋医学の炎症についての考え方

西洋

「炎症」とは、日々出てくる体の老廃物を、白血球が処理しきれなくなった時

外から入っていたばい菌の力を借りて、燃やす現象です。

西洋医学ではこの炎症を抑えようと、ばい菌を殺す薬を使います。

抗生物質、ステロイドなどですね。

これに反して、東洋医学では 体を温めて汗をかきやすくして、老廃物を汗と一緒に出すことによって、炎症を抑えようとします。

西洋医学では、炎症をおこす、「ばい菌」を悪者にしますが、東洋医学では、ばい菌が働く原因となった、「老廃物」を悪者にしている、というと、イメージしやすいでしょうか?

では、東洋医学での悪者「老廃物」はどうすれば、外に出やすくなるのでしょうか?

老廃物はどうやって体の外にでてゆくの?

人間が生きているということは、体が常に新鮮な細胞に入れ替わっているということで、

その過程で、いらなくなった物質や、外から取り込まれたけれど、体に必要のない物質が老廃物です。

もし老廃物が外に出ないで、体に留まってしまったら、それは体にとっては大変なことにな、

ですから、老廃物は常に体の外に出ていくようになっています。

それは、汗、便、尿、目やに、涙、鼻水、目やに、鼻くそ、ガス、垢、ふけ

などと一緒になって、外にでていくんです。

老廃物のほとんどは腎臓を通って尿になって外に出ていくんですが、

そこが何かしらの原因でうまくいかなくて、皮膚から排出しようとする現象が、

アトピーだと、東洋医学では考えます。

でも、よく考えたら、アトピーであれ、老廃物が外に出てゆくことは、

悪いことではありません。それが体内に留まってしまうと、

ガンなどの病気が発生しやすくなるのですから。

老廃物がアトピーにならないためには、

「老廃物を外から入れるのを減らす」ことと「老廃物を外に出すのを増やす」

ことが、とても大切だとわかりますよね。

その方法を挙げてみますね。

無農薬、添加物フリーの食品を選ぶ

 老廃物とは体に不必要な物質。それは代謝の過程でも発生しますが、

外からも入ってきます。農薬や保存料などの食品添加物は、体には不必要なものです。

それらの接種をできるだけ減らすことは、老廃物をためないことにつながります。

あまり、ストイックになると、かえって精神的にもよくありませんが、

ちょっとだけ気をつけて、老廃物が外から入ってくるのを減らしてみましょう。

半身浴をする

お風呂
スポンサーリンク

半身浴は、汗と一緒に老廃物をたくさん外に出せますよ。

汗はそのままにしておくと、アトピーの原因にもなりますが、

浴槽の中なら、すぐに洗い流せるので、

安心ですよね。

長時間お風呂につかるのはのぼせたりする危険がありますが、

おへそあたりまでお湯につかる、半身浴は長くはいれますし、

外に出ている皮膚の面積が、多いので、汗もたくさんかけます。

精神的にもゆったりするので、一石二鳥。

私は半身浴をすると時は、家族全員が入った後、お湯を半分くらい抜いて

行っています。

有酸素運動をする

有酸素運動

有酸素運動とは、心拍数がさほどあがらない程度の運動です。

目安としては、隣の人とおしゃべりをしながら続けられるくらいの強度です。

人によっては、早歩きをしただけで、おしゃべりが出来なくなる場合や、

ある程度のスピードで走ってもおしゃべりができる場合もあると思いますので、

目安にして下さい。

人の汗は2種類、温度調整をするためのサラサラの汗と、老廃物を出すベトベトの汗が

あるんですが、ベトベトの汗は、ゆっくりある程度時間がたたないとでてきません。

老廃物を出すためには、このベトベトの汗が出るまで、運動をする必要があります。

有酸素運動は続けていくと、心臓が鍛えられて、おしゃべりができる速さのレベルがだんだん上がっていきます。それも、とても楽しいですよ。

あなたも、ゆっくり運動していたつもりが、いつの間にかランナーになっているかもしれません。

もちろん、運動後は速やかにシャワーなどで汗を流してくださいね。

リンパマッサージをする

リンパマッサージ

老廃物は血管ではなく、リンパ管を通って排出されます。

体に栄養を運ぶ血液は、心臓がポンプの役割をして、体中をめぐりますが、

リンパ管にはそのようなポンプはなく、筋肉の動きなどを介して、老廃物を流しています。

ですから、元々流れにくいのに加えて、筋肉などが硬くなっていたり、運動不足でいると、

益々流れにくくなり、老廃物が体にたまりやすくなってしまいます。

そこで、リンパの流れにそって、優しくマッサージすることは、老廃物の流れをよくするのに効果的。

ただ、このマッサージはやり方によっては逆効果になるので、要注意。

基本は、足は鼠径部に向かって、首は方に向かって、

力を入れすぎずに触る程度のの力で流すことです。

詳しいマッサージのやり方は、ネットなどに動画がありますので探してみてね。

まとめ

  • 東洋医学では、アトピーは老廃物が皮膚から出てゆく現象だと考える。
  • 老廃物体の中から減らす方法は
  1. 添加物を体に入れない
  2. 半身浴をする
  3. 有酸素運動をする
  4. リンパマッサジをする

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です