アトピーは紀元前の昔からあった!日本でアトピーが広まった悲しい事件

枯れた枝
スポンサーリンク

「アトピー」と言えば今では珍しくもなく、「大変だね」と言われる位馴染みのある言葉ですよね。

本当の苦しみや辛さは分かって貰えなくても、言葉だけは認知されています。

私も「娘がアトピーで」と言うと、その様な事を言われます。

でも「アトピー」と言う言葉がない時代から、アトピーに苦しんでいる人達はいたのです。

では、「アトピー」はいつから、日本ではどの様に広まったのでしょうか?

アトピーはなんと紀元前からあった

紀元前

なんと紀元前、ローマ皇帝のアウグストゥスがアトピーだったと推測されているそうです。

もちろん当時はアトピーという言葉はなく、記録として「身体が痒く,かいていた」と残っているので本当に現在のアトピーと同じかは判断が付きませんが他にも「喘息も患っていた」と残っています。

現在のアトピーや喘息の症状と同じ様な症状に苦しんでいたのでしょう。

こんなに昔からアトピーで苦しんでいる人がいたのですね。

「アトピー」という言葉が出来たのは

アメリカのコカとクックという医師が1923年に「アトピー」という名前を付けました。

そもそもアトピーとはギリシャ語で「奇妙な」や「捉えどころがない」という意味です。

ここで驚くことにこの時名付けられた「アトピー」とは、現在使われている皮膚のトラブルを指していなかったのです。

この時のアトピーとは「気管支喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症」などアレルギー性の疾患をまとめて「アトピー」と呼んでおり皮膚のトラブルはこの中に入っていませんでした。

その10年後の1933年にアメリカのザルツバーガー医師により「アトピー性皮膚炎」という言葉が生まれました。

日本に「アトピー性皮膚炎」が入ってきたのは

戦後の家族

 日本に「アトピー性皮膚炎」という言葉が入ってきたのは、戦後の1950年(昭和25年)頃です。

アトピーと言う名前はなくても、江戸時代の文献から同じ様な症状の病気がのっているそうです。

では、なぜ戦後の日本でアトピー患者の数が増え続けているのでしょうか?

諸説ありますが、私が1番納得出来たのは「生態濃縮」でした。

アトピーの症状は世界ではローマ時代、日本でも江戸時代には記録が残されていますが現在ほどアトピー患者の人数は居なかったと思います。

戦後、日本には沢山の物が海外から入りました。

今まで日本には無かった物も多かったことでしょう。

石油製品、化学調味料、劇的な大気汚染。

これら全てが生物に影響がないとは思えません。

私達の親・祖父母の時代から私達へ。

スポンサーリンク

そして今の子供たちへと急激に変化した生活の全て(食生活を含む)が生態凝縮され、身体に影響を及ぼしているのではないでしょうか?

 日本で「アトピー性皮膚炎」が広まった悲しい事件とは・・・

悲しむ男性

 今の日本で「アトピー」を聞いたことも無いという人は少ないのではないでしょうか?

日本に「アトピー性皮膚炎」の言葉が入ってから、この言葉が新聞に載ったのはなんと12年後の1962年です。

この記事の内容かは分かりませんが、昔アトピーが日本に広まったとても悲しい話を聞いた事があります。

まだ日本にアトピーという言葉が浸透していなかった時代に、重度のアトピーで入院している人がいました。

周りの人は皆アトピーを知りません。

入院中も人の痛い視線、かゆみの辛さ、誰にも理解してもらえずにいたそうです。

今でも「アトピーがうつる」なんて事をいう人が居るくらいですから、この時代は本当に辛かったと思います。

その入院患者の方は「本当に辛い。誰も分かってくれない」と自らの命を絶ったそうです。

この事件から「アトピー」という名前が広まったそうです。

アトピーの患者数も増えていますので、アトピーの知名度が上がるのは当然かも知れません。

ですが、この悲しい事件が元にあることを知って頂きたいです。

アトピーと言う言葉が日本に来てから60年以上経ち、未だに治療も原因もハッキリせず「アトピーはかゆいけど死なない病気」なんて言う人もいます。

アトピーの症状で死ぬ人はいないかも知れません。

ですが、アトピーが死の原因に成り得る事も是非知って頂きたいです。

まとめ

  1. アトピーは現代病ではなく紀元前からあった。
  2. アトピーと言う言葉が出来たとき皮膚炎は含まれていなかった
  3. 日本でアトピーが増えたのは劇的な環境変化と生態凝縮のせいではないか?
  4. 日本で「アトピー」という言葉が広がった悲しい背景を忘れないで下さい。

 

アトピーと言う言葉が日本に来てから60年以上経ち、未だに治療も原因もハッキリせず「アトピーはかゆいけど死なない病気」なんて言う人もいます。

アトピーの「症状」で死ぬ人はいないかも知れません。

ですが、アトピーが原因で誘発される抑鬱症状等での自殺者は現在もいます。

本当に苦しくて、決して軽視はできない病気です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です