アトピーは寝不足でも悪化! 愕然、負のサイクルとは??

寝不足
スポンサーリンク

「寝不足は体に良くない。」ということは、みなさんなんとなくご存じですよね?

仕事上、夜遅くまで働いて朝早くに起きるなんて方も多いと思います。

私も夜遅くになってから眠るので、起きてから寝足りないなどと思うことも多々あります。

では、なぜ寝不足がアトピーを悪化させる原因になるのでしょうか?

何時間寝たらいいの?

十分に睡眠がとれずに、眠たさが抜けなかったり疲れが残っているように感じたりすることを主に寝不足と言います。

しかし寝不足といっても、何時間しか寝ていないと寝不足。と断定はできません。

人それぞれにちょうどいい睡眠時間があります。

睡眠時間が短くていい人は「ショートスリーパー」長い人は「ロングスリーパー」と呼ばれたりします。

ショートスリーパーの人は、一日4時間~6時間ほど寝ることができれば、すっきり目を覚ますことができるそうです。

逆にロングスリーパーは7時間から長くて10時間ほど寝ないとすっきりしない、寝不足だと感じるそうです。

私はロングスリーパーなので、4時間で起きなきゃ!となると、とても眠たく2度寝3度寝してしまいます。

そう考えると、短い時間でもすっきり寝られるショートスリーパーは羨ましい限りです(笑)

寝不足と感じる睡眠時間は人それぞれなんですね。

 アトピーにどう影響を与える?

寝不足になると、どうしてアトピーに影響が出るのか。

それは、簡単です。

寝不足になると、疲れがたまったり眠たい中起きてなきゃいけなかったりと体にも心にもストレスがかかってしまうんです。

ストレスがかかると、無性に顔や頭、体を掻きむしってしまうことってありませんか?

イライラして、さっきまで痒くなかったのに掻いちゃうんですよね。。。

アトピーだと、その掻くという動作がとても致命傷なんです。

私も寝不足が続くと、手荒れや膝裏・肘裏などアトピーが出やすい所を中心に痒くなってバリバリと掻いていしまいます。

でも、自分では「寝不足のせいでストレスが溜まって痒くなっている。」っていう自覚がないんです。

「何だろう、最近よく痒くなるな。」とか「あー!痒い!どうしたんだろう?」くらいにしか思わないんです。

スポンサーリンク

特に、布団に入ったときなんかは体が暖められるので余計痒くなります。

寝ながら無意識に掻きむしって、朝起きたら血まみれだったなどということもしばしば。。。

しかし、ちゃんと寝れているときはそんなこともなくアトピーの治りも早いです。

「最近痒くないな!」「調子いいぞ!」と少し嬉しくなります。

やっぱり、寝不足にならないようにする。っていうことはとても大事ですね。

 寝不足にならないようにするには?

寝不足にならないようにしろ!やちゃんと睡眠をとれ!と言われても、生活習慣や仕事の関係で難しいなと思うことはありませんか?

私も、難しいと思います。

目がさえていて寝れないことだってあるし、夜まで友達と遊びたい日だってあるし、仕事が終わらなくて寝るに寝れないことだってありますよね?

しかし、何も一度の睡眠でしっかり寝ないといけないことなどはないんです!

私たちは、寝貯めることはできませんが、足りない分の睡眠をとることはできるんです!

すごいですよね!

なので、「少し寝足りないな。。。」と思ったら、移動中や昼休みなど時間の開いたときに少し昼寝をはさんだり、休みの日に思いっきり寝るなどして足りない分の睡眠をとればいいんです!

「あまりずっと寝るのはよくない。」と言われることもありますが、今まで足りてなかった分を取り返してるだけなので、大きな影響はあまりないと思います。

私は、よく休みの日に思いっきり昼まで寝たり、移動中の車の中などで少し睡眠をとったりして調節しています。

しかし、それだけじゃ補えない部分ももちろんあるので、早めに布団に入り寝れそうなときは、そうするのがベストだと思います。

 まとめ

  1.  自分のちょうどいい睡眠時間を見つけましょう。
  2. できる限りその時間眠れるようにしましょう。
  3. 足りない分は時間を見つけ少しずつでいいので、昼寝などをしましょう。

 

この3つに気を付け、自分に合った睡眠時間をとることが大切だと思います。

もし、最近ちゃんと寝れていないなと思ったら、より気を付けてみるといいと思います。

寝不足が原因で体が痒くなってしまった時は、極力掻かないようにしてください。

朝起きた時にびっくりします(笑)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です