アトピーは卵を食べちゃいけない?どうやって摂取する食品を決めるのか。

たまご
スポンサーリンク

アトピーの人は卵を食べない方が良いと思っているでしょうか。

その根拠なり理由は何故でしょう。卵を食べるとアトピーの状態が悪くなるから?

ちまたでその噂を聞くのでしょうか。

過剰な努力は嫌,お金の沢山掛かるのも嫌なグウタラおかんには二人のアトピー息子がいます。

我が家の長男は生卵を食べません。強烈にアレルギーがある訳ではありません。

理由はいまひとつはっきりしませんが,火が通った卵は食べます。

卵など,気になる食材を摂取するかしないのか,どのように見極めるべきなんでしょうか。

 

 

生卵を食べると耳の中が痒くなる長男。

生卵

我が家のグウタラボーイズたちはそれぞれに食べない物があります。

次男はエビ,長男は卵(特に生卵)です。

もちろん子どもなので野菜類もそれぞれに食べたくないのもがあります。

乳児の頃から乳児湿疹が出まくっていたので離乳食も進めるのを遅くしました。

その上で子ども達がそれぞれ食べるのをいやがる物は無理強いをしないようにしています。

強い反応を起こした事もないので血液検査を行ってはいないのですが,アトピーがある以上食物アレルギーを持っている可能性はあります。

離乳食を遅く進めたのも食物アレルギーを発症させないようにするためでした。

内蔵が十分に発達しないうちに色々な物を摂取させないようにしたのです。

強い反応はもちろん起こしませんし,火の通った卵は好きです。

それでも生卵を食べると耳の中が痒くなると長男が言うので,食べなくても良いとしているのです。

あまり語られない遅延型食物アレルギー。

食物アレルギー判定でよく使われるのは血液検査やスクラッチテスト(パッチテストみたいな物です)です。

この中の血液検査で計られるのはIgE抗体の量です。

ただし,これらの検査で陽性である事と実際に食物アレルギーの症状が出るのとは同じではないそうです。それでも食物を含む全てのアレルギーを調べる一番頼りになっている数字には違いがありません。

しかも,この頼りない検査にも引っかからないパターンもあるのです。

IgE抗体の数字で現れるのは即時型だと言われています。

それとは別に遅延型食物アレルギーがあります。

つまりアレルゲンを摂取してからすぐに症状が現れるのではなく,数時間から数日遅れて症状が出るアレルギーです。

アレルギー検査には出てこないけど,摂取すると少し体がだるかったり緩くアトピーが悪化したりするのはこの遅延型アレルギーが原因かとも思えます。

この遅延型アレルギーを測定出来るのがIgG抗体です。

IgG抗体血液検査

血液検査

IgG抗体を計る血液検査をする人は余りいません。

なぜなら保険が利かないから。この検査を勧める医師も少ないという事です。

スポンサーリンク

普通の血液検査も受けさせていないグウタラおかんにしたら法外な値段の検査量がかかります。

また実施している病院も数少ないです。

インターネットか電話で実施している病院をずいぶんと探す事になるでしょう。

しかし,インターネットで探すと病院で使用している検査キットと同じ物が簡単に購入出来ます。

病院ならば5万円からかかる費用が3万円までに抑えられるそうです。

しかもやり方もそう難しい物でなさそうです。

日本アレルギー学会の見解

ひよこが殻かぶる

しかし日本アレルギー学会はこの検査キット購入に注意喚起するための文章を出しています。

ここに書かれている事は米国や欧州,日本小児アレルギー学会も同じ見解だそうです。

①食物抗原特異的IgG抗体は食物アレルギーのない健常な人にも存在する抗体である。

②食物アレルギー確定診断としての負荷試験の結果と一致しない。

③血 清中のIgG抗体のレベルは単に食物の摂取量に比例しているだけである。

④よって、このIgG抗体検査結果を根拠として原因食品を診断し、陽性の場合に食物除去を指導すると、原因ではない食品まで除去となり、多品目に及ぶ場合は健康被害を招くおそれもある。

②にある負荷試験というのは実際に疑われるアレルゲンを摂取してみて症状や状態を観察する検査です。

アレルゲンを試すというのは中々危険を伴う物ですから専門医と緊急対応の出来る場所でしか実施してはいけませんよ。

つまりIgE抗体を計るのもIgG抗体を計るのもあくまで目安としての数値で,その数字に置いて除去食をするべきではないという訳です。IgG抗体なんて,食べ過ぎなだけで数値が跳ね上がるらしいですしね。

なんだか卵や特定の食品を摂取するかどうかを計るには役に立たない検査に思えます。

よっぽど,本人の本能の方が役に立つんじゃないかしら。

この食品を食べた時はなんだか不調だなーと思う気持ちが好き嫌いを作ってるような気がするんですもの。

まとめ

1.卵を食べない長男。生卵を避けていますが他は食べます。母はそれで良いと思っています。

2.即時型はIgE抗体で。遅延型食物アレルギーはIgG抗体でわかります。

3. IgG抗体血液検査を自分で行う検査キットもあるらしい。保険が利かないので高いです。

4.日本アレルギー学会は注意喚起をしています。自分の体を読み取る力を信じてみては?

血液検査をしていないグウタラおかんにとってはちょっと「してやったりな結果」を見つけてしまいました。

もちろん血液検査の結果もアトピー改善の糸口として有効利用するべきですが,自分の体とそっと向き合うことで食べて具合の良いもの悪い物を見極める方が大事な気がします。

普段の生活の中では見極めが付けにくいという方は食物除去試験を試してみてはいかがでしょうか

疑わしい食品を完全に2〜4週間完全に除去し,症状の改善度を観察するのです。

中々面倒な試験ですが抗体検査よりも確実です。

IgG抗体が対応食品の摂取量ですぐに数値が変わる事も覚えておいてください。

つまり遅延型食物アレルギーはしばらく除去する事で,すこしずつ体が取り入れる力を取り戻す事もあるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です