アトピーの赤ちゃんの特徴や原因とは!?これらからみる予防法!

アトピーと赤ちゃん1
スポンサーリンク

赤ちゃんの皮膚疾患。実は意外と多いんです。

赤ちゃんの肌は「すべすべ」というイメージが強いですが、本当はとってもデリケート。なので様々な要因により皮膚疾患にかかりやすいんです。

赤ちゃんのお肌のトラブル

アトピーと赤ちゃん2

赤ちゃんの皮膚疾患には種類があり、

  • 脂漏性皮膚炎
  • 乳児疾患
  • アトピー性皮膚炎

があるの。

脂漏性皮膚炎の特徴として、「フケ」や「かさぶた」、「紅班」が頭、おでこ、眉等に現れます。発症は生後数週間から現れる子もいます。

だいたい1歳前後で自然に消える場合が多いんですって。実際、私も生後1ヶ月でこの脂漏性皮膚炎にかかりました。かゆがって、掻いたり、こすりつけたりしていたとお母さん談。

原因は、赤ちゃんは、皮脂の分泌が激しく、それが毛穴に詰まっちゃうということ。それが頭皮の汚れと相まって発症します。

乳児湿疹とは簡単にいうと、「赤ちゃんに出る肌荒れの総称」です。生後6ヶ月位までは肌のトラブルの原因が特定しづらいので、こう呼ばれるんだそう。

こちらも脂漏性皮膚炎と同じく、皮脂が毛穴に詰まることにより起きてしまいます。症状としては「かさつき」、「じゅくじゅくして膿む」、等様々。

アトピー性皮膚炎は、皮膚のアレルギー反応で、アレルギー物質によるもの、寒暖差によるものがあります。症状として、強いかゆみが特徴であり、頭、顔、耳の後ろ、関節の内側など全身に慢性的な湿疹が及びます。

診断のポイントとして、

「2ヶ月以上湿疹が現れている」

「良くなったり悪くなったりする」

特に現代の赤ちゃんは、アトピーにかかっている割合が多いんです。その理由を探ってみると・・・。

赤ちゃんのアトピーの原因から見る予防法

アトピーと赤ちゃん3

まず、赤ちゃんにかかわらず、アトピーの人口が増えたということが考えられますね。洋風の食事が増えたことにより、日本人の腸内環境が変わってきたことが、背景の一つにあります。

ですので

まずはお母さんから

お母さんの腸内環境を整える!

ということが大事になってきます。(あくまで予防の観点です。)

母乳で育児されるお母さんは特に、赤ちゃんにとってより良い母乳を与えるためにも、腸内環境を意識した食事を心掛けて下さいね。

服用に注意したいもの

次に考えていきたいのは「抗生物質」。抗生物質は風邪引いたときなどに処方され、赤ちゃんでも服用することがありますよね。

スポンサーリンク

医師の診断にもよりますが、むやみやたらに「抗生物質」を服用することも、自分の免疫力を低下させしまうので、アトピーの発症を予防する面でも服用も気を付けた方が良いです。

でも、風邪を引くことで重大な病気を招いてしまうこともあるから、自分の判断で、抗生物質は飲まない!ということを選択しないでくださいね。

赤ちゃんのいる環境

他にも、「環境の変化」というものがあるの。昔の日本人は風通しのよく、湿気を調整できる日本家屋に住んでいました。現在の日本の住環境は、機密性が高く、湿気を調整できる作用がなくなってきているの。

それによりダニが住みやすくなっているのは事実。

また、窓の少ない密閉性の高い住宅は、チリダニが多く存在しやすくなっちゃうんです。それによりアレルギーの要因が増えてしまったのではないかと・・・。

ですので、できるだけ通気を良くするよう心掛けたり、ソファーやカーペット、寝具などを清潔にしたりする努力が大切。

睡眠はたっぷりと

後は、生活パターンが夜型になってきたってこともあると思うの。昔の日本人は暗くなればもう寝てしまっていました。電気がなければ寝るしかないですよね。

でも、今は夜でも電気を付ければ明るいし、お店も24時間やってるし、むしろ夜の方が元気な人もいますよね。私も夜更かし大好き人間です!

そんな大人の事情により、赤ちゃんの睡眠にも多大に影響を与えちゃってるんですね。自律神経の乱れにより、免疫機能が低下し、アトピーになってしまうということもあるそうです。

なので!!

しっかり赤ちゃんを寝かす環境づくり

というのを心掛けたいものです。

こんなにアトピーになる要因はあるけど、逆を言えば、これだけ対策の方法があるということになり、予防法も見えてきますよね。

赤ちゃんのアトピーのための予防法 

  • お母さんは腸内環境を意識して!
  • 抗生物質の服用には注意!
  • 赤ちゃんの環境は通気良く、清潔に!
  • しっかり赤ちゃんを寝かしてあげよう! 

お母さんの気持ち

アトピーと赤ちゃん4

それから最後にアトピーを抱えている赤ちゃんのお母さんへ。決して自分を責めないでください。私には子供がいないけど、子供を産んだ親友は、アトピーの赤ちゃんのお母さんの気持ちが痛いほどわかると言っていました。

自分がアトピーに産んでしまったと責めてしまいそうになるかもしれないけど、アトピーの原因はまだ解明されていないのだから、それよりも赤ちゃんにとって何が一番良いことなのかを考えて、前を向いて歩いてほしいです。

まとめ

  • 赤ちゃんのアトピーの診断は難しい!
  • 赤ちゃんのアトピーの背景は様々でそこから予防法が見えてくる!!
  • お母さんは自分を責めないで!

赤ちゃんに肌の異常が見られたら、迷わず医師の診断を受けてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です