アトピーの痒さに泣き叫ぶ娘を救ったのは毒素を出すことだった

ジュクジュクアトピー
スポンサーリンク

夜も痒くて眠れないほどツラいアトピー。

ジュクジュクした排出液(毒素)が出ると、そこにゴミやホコリが付いて益々悪化するし人目も気に成りますよね?

心無い言葉を言う人も居るでしょう。

悪気が無いのは分かっていても、私は娘に「かわいそうに」と言われるのがとてもイヤです。

娘がツラい思いをしているのは母親である私が一番知っているのに見た目だけで、「かわいそうな子」だと判断されるのははらわたが煮えくり返るくらい怒りを覚えました。

見た目はジュクジュクで汚らしく見えるアトピーですが、このジュクジュクは体内の毒素の排出と言われています。

では、毒素とは一体何でしょうか?

毒素とは

毒素

アトピーにおける「毒素」とは、体内に溜まった老廃物を指します。

老廃物は通常、排便や尿などで排出されます。

アトピーは腸内環境が影響しているとも言われており、腸内で処理仕切れなかった老廃物が毒素となり肌から排出されています。

これがアトピーのジュクジュクの汁の正体です。

毒素を溜めない体

遺伝や体質が大きく関係していると言われていますが色々なものが複雑に絡んでいるのでアトピーの原因はハッキリと解明されていません。

ですが原因ではないかと言われているのが「食事」「環境」「ストレス」があります。

その中でも娘に対して特に重要視して実践しているのは、毒素を溜める食事を除去することです。

私が家で気にしているのは

  • マーガリン

いわゆるトランス脂肪酸を含む食べ物。デンマークでは毒物扱いで禁止されている。

  • 牛乳

カルシウムといえば牛乳をイメージするが実は良質なカルシウムを連れ出して体外へ排出してしまう。北欧など牛乳を多く飲む国ほど骨粗鬆症に悩まされている。

  • 砂糖

砂糖は体内で消化される過程で焦性ブドウ糖酸や乳酸を生じさせるので疲労の元になる。また骨や血液中からカルシウムを奪い取ってしまうのでカルシウム不足になる。

他にも気にするべきものはありますが、私は上の3つを徹底的に除去しています。

ですがあれこれ気にしすぎると何を食べていいのか分からなくなるし、それが逆に娘のストレスになると本末転倒なので完全除去ではありません。

もちろん学校の給食では皆と同じ物を食べますし、家では極力摂取しないようにしているレベルです。

毒素の排泄について

トイレで排泄

通常、体内の毒素は排便や尿として排出されます。

ですが代謝機能が悪いと体内に溜まり切った毒素が肌にアトピーという形で出てしまうのです。つまり「代謝機能が悪い=毒素が出せない」ということですね。

毒素を上手く出すために代謝機能を正常に働かせるためには

  • 体を冷やさないこと

正確には「内臓を冷やさない」ということ。内臓が冷えて血行が悪くなると体の色々な機能が低下し、不調があらわれるから。

これを意識して生活しましょう。

我が家では旬の野菜を使った具沢山スープを取り入れて体の中から温めることを心掛けています。娘はお腹いっぱいになるし、代謝も上がって一石二鳥ですよ!

汗も毒素排泄の1つです

汗で排泄

汗の塩分はアトピーに良くないと言われていますが、汗も立派な排泄機能の一つです。

胃腸で処理しきれずに体内を回ってしまった毒素も一緒に排泄してくれます。

スポンサーリンク

汗をかくと言っても娘にどうやって運動させればいいのか悩んでいるあなた!

我が家では娘が学校から帰ったら一緒に犬の散歩へ行っています。

そんなに難しいことではありませんよ。意識するのは

  • 30分前後を目安に歩く
  • 親子の会話が出来る程度のスピードで歩く(息が切れない程度の早さで)

たった2つです。

学校でその日にあったことを話しながらゆっくり歩きます。家だと中々話をしてくれないので親子のコミュニケーションが取れて娘のためと言いながらも私自身とても楽しんで行っています笑

我が家では散歩の後にそのままお風呂に入りますがお風呂上りには保湿としてライスパワーNo.11配合【アトピスマイル クリーム】 を欠かさずに塗っています。報道ステーションSundayで特集されていたこともあり、ご存知の方もいるかもしれません。

今まで皮膚科の薬を塗ったら一時的に治りましたが辞めるとまた再発してのいたちごっこでした。正直ちっとも改善されないし、この病院でいいのかまで迷っていた矢先に同じように悩んで通院していった子のアトピーが見違えるほど綺麗になっていたのです。

思わず恥を忍んでどうやって改善したのか聞いてみました。するとママさんが騙されたと思って【アトピスマイルクリーム】を使ってみてと教えてもらったのが最初でした。

薬でもないのに治るのかと疑っていましたが、これで泣き叫ぶほどの痒みが治るならと藁をもつかむ気持ちで購入したら本当に治りました!

普通の保湿剤と違い表面を潤すだけでなく肌の奥から水分を保つ力を改善させるので毎日使い続けるほど娘の肌は潤いのある皮膚に生まれ変わっていったのです。

今では生活習慣の改善とたまにひどくなった時にササッと塗るだけで済んでいます。もちろん【アトピスマイル クリーム】 にはステロイドが配合されていないの継続して使用しても安心です!

まとめ

  1. 毒素とは体内に溜まった胃腸で処理仕切れなかった老廃物です。
  2. 体に毒素が溜まるような物の摂取は極力抑える。
  3. 体中の機能が低下するので内臓は冷やさない。
  4. 汗を上手に出して、毒素を排出する。

これでアトピーと毒素の関係が繋がったはずです。

自分のことなら我慢できますが娘が痒がって泣いているのを見ると私も泣きたい気持ちに何度もなりました。ですが食事を意識し、体から毒素を出す方法を娘に教えてあげるうちにだんだん見た目が良くなり、娘も痒くてかきむしるようなことはしなくなりました。

健やかな寝顔を見ると夜眠れなくて泣いていた娘のアトピーが治って本当に良かったと心の底から感じます。

最後まで読んでいただいた、あなたへ一点注意事項があります。

膝裏アトピー比較

既に右の写真の様な状態の方は、一度症状を抑えてから生活改善等にチャレンジしてください。

この記事を読んで下さってるあなたが、なるべく苦しまず、症状が快方に向かう事を願っております。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です