アトピーの早く治る順番って何?早期改善には王道を行くのが一番!

アトピーと治る順番1
スポンサーリンク

アトピーってどんな順番で治るの?いつステロイドをやめればいいの、それともステロイドは危険な薬って言われているから塗らないほうがいいのかな?

アトピーになると、見た目に影響してしまうので、どの方法で治すのが一番早いのか考えますよね?

アトピーに限ったことではないですが、治し方を誤ると、アトピーが慢性化してしまい、最悪の場合、動くことも大変になるくらい悪化することがあります。

そこで今回は「アトピーの治る順番」をわたしのアトピーを改善した経験をもとに紹介します。

アトピーが治る順番ステップ1

アトピーと治る順番2

まず炎症を抑えていく

アトピー肌は皮膚の状態を見た通りですが、炎症を起こしています。

例えるならば、皮膚の中で火事が起きている状態です。一刻も早く鎮火する必要があります。

そこで必要になってくるのが、ステロイドです。

効果が強く出るステロイドを最初に使ってから、徐々に弱いステロイドに変えていきます。

しかし、アトピーのひとにとってはこの手順は耳にたこができるほど聞いてきたフレーズだと思います。

わたしがアトピーがひどくて、傷が多くあり、歩くことも困難になってしまったときに、ステロイドを使ったらすぐに炎症が治り、症状が改善されました。

アトピーがひどいとき通っていた病院が、自然療法で治す、といった治療方針で、ステロイドは一切使わずに、お茶を飲み毒素を出す、自然治癒力をあげるために体を温めるといった方法でアトピーの改善を図っていました。

しかし、どれも効果は出ずに、月日が2年、三年と過ぎていきました。

そしてアトピーの症状の悪化がピークに達した時に、ステロイドを使う病院に行き、改善をすることができました。

その経験を通して、わたしは思いました。

「ステロイドは使い方を間違えなければアトピー治療の最強の味方になる」。

アトピー治療には、一切ステロイドを使わないで治す方法、自然食品だけでアトピーを治す方法といった「一切○○なしで治す方法」がたくさんあります。

アトピーは○○だけすれば治る、といった病気ではありません。

色々なアトピーに効果のある方法を組み合わせることによって、完治に近づいていくのだと思います。

その最前策としてまずは、ステロイドで炎症の火消しを行い、炎症を鎮めたあとに、自然治癒力を高めるという段階を踏んでけば、もっとも早く、かつ安全な方法でアトピーを治すことができる、ベストな順番だと思いました。

アトピーが治る順番ステップ2

アトピーと治る順番3

炎症の火消し後、保湿を開始!

炎症が治ってきたら、保湿を始めましょう!

お医者さんは炎症が起きているときでも、保湿剤を出しますが、保湿剤は炎症が治ってから塗るべきだと思います。

なぜなら、保湿剤には血行促進効果があるので、炎症を起こしている肌に保湿剤を塗ってしまうと、かゆい部分の血行が良くなってしまい、かゆみが増して、毎回悪化していたからです。

スポンサーリンク

お医者さんが肌の改善で必要だと言っていたので、そのまま何も考えずに塗っていたのですが、処方箋を見てみると、「血行促進作用があります」と書いてます。

あくまでわたしと、アトピー友達の経験に基づいた意見ですが、アトピー患者が集まるコミュニティサイトでも同じことが多く書かれているので、保湿は炎症が治ってから使うと賢明です。

アトピーが治る順番ステップ3

アトピーと治る順番4

炎症がおさまっても油断せず、保湿を続ける

炎症が引いて、肌が段々と普通のひとの肌と近づいきても注意が必要です。

見た目は炎症も治っているように見えて、皮膚のなかではまだ炎症が残っています。

このときに「もう肌良くなってきたし、もう塗り薬も必要ないでしょ」、なんて思って、ステロイドも保湿剤もストップしてしまったら、またぶり返す可能性が高いです。

さきほども言ったように、見た目ではわからない皮膚の炎症が残っているので、油断をすると酷いアトピーの状態に戻ってしまいます。

わたしは今、アトピーが落ち着いて、社会復帰を果たすことができていますが、前は自己判断で勝手にステロイドと保湿剤をやめて、それから何回も悪化しています。

なので、見た目では全くアトピーとわからない状態に近づいても、必ずステロイドと保湿剤は続けて、油断せずに過ごしましょう!

アトピーを治すのに便利なアイテム

アトピーと治る順番5

アトピーノート

アトピーを治すには、ステロイドと保湿剤が最強2トップですが、3つ目の重要なアイテムがあります。

それが「アトピーノート」です。

アトピーノートとはただ自分の肌の状態を毎日ノートに記録することです。

書く内容は、「肌の状態(写真があれば最高です)、何を食べたか、どんな行動をしたか」など自分の肌の状態から、行動までをできるだけ詳しく書いていきます。

最初のうちはすごく面倒くさくて、「アトピーと戦っているだけでもヘトヘトなのに記録までしなきゃいけないなんて大変だよ!」と思って、記録することをサボることが出てくるかもしれません。

わかります。わたしもアトピーが最強レベルにひどかったときは何回も記録をつけていないです。

しかし、治ったあとに思います。アトピーがつらくて、たまに記録していなくても、また記録を再開したことによって、自分がどういったことをしたら、何を食べたら悪化するか、がわかってきます。

写真もあれば、少し前の自分と今の自分の比較がとても楽にできて、現状確認が容易にでき、最高の診断書ができるので、早くアトピーを治すためにもアトピーノートをつけるようにしましょう!

まとめ

アトピーを治す順番は3つあります。

  1. ステロイドで炎症を抑える
  2. 炎症を抑えたら、保湿を始める
  3. 炎症が治っても、ステロイドと保湿することを続け、油断しない

この3つと、自分のアトピーの情報を記録する「アトピーノート」を作れば、自分の今の体の状態がわかりやすく、早くアトピーを治すのに役立ちます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です