アトピーの人はどんな洗剤を使えばいい?失敗しない選び方や使い方を教えます!

アトピーと洗剤1
スポンサーリンク

アトピーであれば、買い物の際はたいてい、自分の肌に問題のない商品かどうかチェックしていると思います。例えば、服を買う時などは、チクチクしてかゆくならないことが、絶対条件になります。

日用品を買う時も同じで、気をつけている方は多いと思います。直接肌に触れるものは多少なりと気にするもので、中でも洗剤を買う時に迷う方も多いのではないでしょうか。

今回は、アトピーが洗剤を使う時に注意してほしいことや、洗剤の選び方についてまとめましたので、書いていきたいと思います!

アトピーと洗剤について

アトピーは、乾燥肌の超敏感肌なので、ほこりなどの本来であれば問題のない刺激であっても、アレルギー反応を起こしてしまいます。そのため、肌に余計な刺激がないようにと、洗剤選びにも慎重にならざるを得ません。

私は子供の頃からアトピーだったのですが、それなりに気をつけています。毎日使うものですし、洗剤のような化学薬品でかゆくなるのは本当辛いからです。

化粧品と違ってサンプルなどがもらえることはないので、買う前によく吟味しなければなりませんし、使い方にも気をつける必要があります。

どうして洗剤で肌が荒れてしまうの?

アトピーと洗剤2

アトピーに限らず、洗剤で手が荒れてしまったという話は良く聞きます。では、どうして洗剤で手が荒れてしまうのでしょうか?

まず、洗剤は油や皮脂などのしつこい汚れを落とすために、洗浄力を強くする成分が入っています。そして、皿洗いや衣服の手洗いの際に、汚れと一緒に肌の皮脂や水分も奪い去ってしまうのです。

皮脂や水分の奪われた肌に、更に洗剤がつくと、肌はどんどん荒れていきます。荒れた肌は敏感な状態となり、手荒れもなかなか治りにくくなります。普通の人の肌ですらそうやって荒れるのですから、アトピーならなおさらです。

また、洗濯した衣服に、洗剤の成分が残っていると、アトピーがアレルギー反応を起こすこともあるようです。洗剤の成分が衣類に残っているかどうかなど、目で見てわかりませんので、洗剤に入っている成分が問題になります。

洗剤を使う時に注意すべきこと

アトピーと洗剤3
スポンサーリンク

どんな洗剤を使うかも問題ですが、洗剤で肌を荒らさぬように、出来る工夫もあります。

まず、皿洗いの場合も、衣類を手洗いする場合でも、必ずビニール手袋を使ってください。使い捨てである必要はなく、繰り返し使えるもので大丈夫です。

もし、ビニール手袋でも手がかゆい場合は、木綿の手袋と二重にしましょう。この木綿の手袋も、汚れたままのものをずっと使っていると、アトピーの炎症の原因になりますので、毎日洗って清潔に保ちます。

また、洗濯の際は、洗剤の成分が衣類に残らないように、しっかりとすすぎましょう。肌に触れるものを、とにかく清潔に保つことがアトピーを悪化させない鍵になりますので、洗濯の頻度などにも気をつけましょう。

アトピーにおすすめ洗剤とは

まず、皿洗い用の洗剤ですが、手にやさしいと書いてあるものがおすすめです。

袋着用が必須ですので、どの洗剤でも同じでは?とも思うのですが、常に手袋をするのは面倒・・・、という気持ちも正直なところあり、たまに手袋なしで使ってもOKなものを買ったほうが良いです。

次に、洗濯用洗剤ですが、アトピーに対応したアレルギーテスト済みのものが売られています。

しかし、商品によっては洗浄力が弱く、本来の衣服を清潔にする目的が果たされない可能性もありますので、使ってみてイマイチなら無理して使い続けることはありません。

ちなみに、柔軟剤などはあまりおすすめではありません。いい匂いのつくものもありますが、要するに衣服に香料がつくということですので、肌に影響の出る可能性があるからです。

しかしながら、アトピー専用の洗剤のおかげでアトピーが劇的に改善したというのは、正直なところあまり聞いたことがないので、まずは治療や生活習慣の改善に注力することが先決ではないかとは思います。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  1. アトピーなら多少なりと洗剤には気を使った方が良い。
  2. アトピーでなくても洗剤で肌は荒れるものなので要注意。
  3. 洗剤を使うなら手袋着用は必須。
  4. アレルギーテスト済み、アトピー専用の洗剤は存在する。

洗剤などと言った日用品にすら気を使わないといけないのは、本当に大変なことです。しかも、気をつけていれば必ず良くなるのかと言えば、そうとは限らないのも辛いところです。

けれど、アトピーに一番良くないのはストレスだと思いますので、あまり神経質にならず、少しずつ改善するように努力を重ねるのが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です