アトピーのメカニズム,解明されたと発表なので超簡単にまとめたよ。

実験マウス
スポンサーリンク

私は今までアトピーについて自分がなってしまったものだ、どうにか治さなければいけないという事ばかり考えていました。

しかし、アトピーと向き合っているうちに、どうして自分だけが・・・。どうしてこんな目に遭わなければいけないのかという事を知りたくなりました。

なにか原因が自分にあるのではないか、原因を知りたい、アトピーになってしまうメカニズムが知りたいと思ったのです。

そこで私はアトピーになってしまうメカニズムを調べることにしました。

アトピーとは?

私も患わったアトピーですが、アトピーはかゆみを伴う皮膚の炎症です。

皮膚にかゆみが起き、じくじくしたり、カサカサしたり、人によって多少症状に違いがあります。

良く腕や肘の裏、膝の裏などに症状が起きやすいという傾向があります。

また、痒みの影響で掻いてしまった部分にキズができ、その傷から細菌が入り込み、感染症が引き起こってしまうこともあります。

アトピーはどんな人がなりやすい?

アトピーになりやすい人という人がいます。

アトピーは気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などの疾患を持つ人がアトピーになりやすいという傾向があります。

また、家族の中に気管支喘息

アレルギー性鼻炎、結膜炎などの疾患があると、アトピーになりやすいという傾向もあります。

更にアトピーの家族がいる場合、アレルギーになりやすい免疫物質であるlgEを作りやすい抗体を作ってしまいやすい人もアトピーになりやすい傾向があります。

なぜアトピーになるの?

紐解く

アトピーの原因ははっきりと十分に解明されていない部分もあります。様々な原因が重なり発症すると考えられているのです。

そこで現時点で解明されているアトピーの原因がいくつかありましたのでご紹介いたします。

免疫システムの過剰反応

人間の体の中には免疫システムとなるlgEというものがあるのですが、アトピーの人はこの免疫システムが過剰に反応してしまい、本来は害のないものにまで反応してしまい、反応したことでアトピーと言う症状が出てしまうのです。

皮膚のバリア機能の低下

皮膚のバリア機能が低下してしまうとアトピーが発症してしまいます。

バリア機能が低下しているため、刺激を受けやすかったり、炎症を止めることが出来ません。

皮膚のバリア機能が低下する原因としては、皮膚に保湿成分が足りていないと肌のバリア機能が低下してしまいます。

角質が乾燥してしまうことでバリア機能が正常に機能しなくなってしまうのですね。

現時点ではこの二つの原因が重なり、アトピーが発症してしまうというメカニズムが発表されているのです。

アトピーが悪化、痒みが酷くなるメカニズムは?

なぜ?

アトピーはかゆみが酷い時とあまり酷くない時があるのです。なぜ痒い人痒くない日があるのかも気になりますよね。

空気が乾燥している時

アトピーは空気が乾燥しているときにかゆみが増します。

主に秋・冬はかゆみがより酷くなるでしょう。

空気が乾燥しているという事は、肌も乾燥しやすくなります。肌が乾燥することで、より皮膚のバリア機能は低下し、外部刺激を受けやすくかゆみも悪化しますし症状も悪化します。

ストレスや寝不足

ストレスや寝不足が続くと、痒みが酷くなります。

体温の上昇

気温が上昇したり入浴すると体温が上昇します。

体温が上がると汗を良くかき、汗のせいで痒みが増します。

また、大人の場合はアルコールを飲むと、体温が上昇し痒みが増してしまいます。

スポンサーリンク

アトピーのメカニズムにより改善する方法は?

戦闘

 

ではアトピーのメカニズムを知ったところで、どうしたらアトピーを治すことが出来るのか、再発しないように出来るのかという事を考え、行動してみることにしました。

lgeを減らす方法

lge(免疫システム)という抗体の数値は病院で調べてもらうことが出来ます。基準値としては170以下なのですが、それ以上の場合は免疫システムが強すぎるため、アトピーになりやすいと言えます。

そこでlgeを減らす方法を試すことが大切です。

減らすためには効果のある食べ物がいくつかあります。

まずはサラダ油や植物油、ひまわり油などにはリノール酸というものが含まれています。多少摂取する分には問題ないものの、摂取しすぎると良くありません。

リノール酸を多く含む食材は避けましょう。

逆にaリノレン酸やDHA、EPAを摂取することで、数値を避けることは可能です。

これらの成分は青魚に多く含まれているため、青魚を食事に取り入れましょう。

保湿ケア

乾燥してしまった皮膚はバリア機能が低下してしまいますよね。

その為皮膚の肌バリアを高めてあげることで、アトピーの改善や防ぐことが出来ます。

私は元々保湿は市販の保湿クリームで行っていました。

しかし、それだけでは肌のバリア機能は高まらないようで、全く意味がないようでした。

十分な保湿をしてアトピーのメカニズムに打ち勝つ!対処法

私が今まで使用していた保湿剤は意味が無いと思い、何か皮膚のバリア機能を高めることが出来る優秀な保湿剤は無いのかなと思いました。

バリア機能を高めることが出来てしまう保湿剤なんてないだろうなと諦め半分で探していたのですが、なんと素晴らしい保湿剤があったのです。

その保湿クリームの名前は【アトピスマイル クリーム】 というものでした。アトピスマイルクリームは十分な保湿が出来、それだけではなく、皮膚が水分を保持しておくことが出来る機能にも作用してくれるため、皮膚のバリア機能を高めてくれるクリームだったのです。

かなり期待できるなと思い購入してみることにしました。

まとめ

青い空

 

lgeと言う抗体を少なくするために青魚を良く食べ、保湿ケアを【アトピスマイル クリーム】 で保湿し続けたところ、本当にアトピーはみるみる内に治っていき、再発もしなくなりました。

ただただ悩んでいるだけで、皮膚科の言う事を聞き、ステロイドを塗り続けていても意味が無かったなと実感します。

また、しっかりと根本的な部分を調べ、治すために正確な方法を試してみて本当に良かったです。

あのころは皮膚がどれほど汚くなってしまうのかと日々恐怖を感じていましたが、今では恐怖も不安も感じずに過ごせていることが幸せだとつくづく思います。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です