アトピーのちくちく肌ってどう治すの?経験者が語る2つの改善方法!

アトピーとチクチク1
スポンサーリンク

肌がちくちくするのって最悪ですよね。

いつも痛みを感じて、四六時中、軽い拷問を受けているような感覚になります。

肌は痛い、精神的にもやられてしまい、仕事からプライベートまですべての生活の質を落としてしまい、早く対処しなければ、アトピー肌がもっと悪化してしまいます。

そこで今回は「経験者が語る、アトピーによるちくちく肌の改善方法」を紹介します。

アトピーのちくちくって何が原因なの?

アトピーとチクチク2

刺激になるのは化学繊維の服

皮膚がちくちくするのはあなたの服のチョイスが原因かもしれません。

ファッションセンスのことではありませんよ。

あなたの服をチェックしてみて、もしポリエステルやレーヨン、ナイロンといったことが書いていたら、かなり危険です。

これらはすべて石油を原料として作られていて、安くて大量に作られることから、たくさんの服屋さんで売られています。

ファストフッションと言われている、どの服屋さんでも見かけ、安く手に入るような服です。

化学繊維で作られた服は早く乾くのが特徴で、運動をよくするひとや仕事で服を何回も取り替えなければいけないひとにとっては、洗濯物がすぐ乾いて重宝しますが、アトピーのひとには不向きです。

なぜなら、化学繊維の服は速乾性を持つ代わりに、吸水性がなく、水分が服の中にこもってしまうのです。

そして、皮膚がふやけ、その肌に化学繊維の刺激が加わり、ちくちくする肌になってしまうのです!

熱いお湯はちくちくをさらに悪化させる

アトピー肌のひとにとっては当たり前のことだと思いますが、熱いお湯もアトピー肌を悪化させます。

でもわかるんです。

わたしもアトピー持ちで、シャワーを浴びたときにいくらぬるま湯が良いと言われていても、痛いのが嫌だから熱いお湯でごまかす、といった方法を何回もやってことがあります。

しかし毎回熱いお湯を使ったことを後悔していました。皮膚がもっと乾燥して、ちくちく肌がさらにひどくなるからです。

もしどうしても熱いお湯を使いたいのであれば、熱い濡れタオルを使いましょう。

熱いお湯だと余計に油分を落として、乾燥させてしまいますが、濡れタオルなら必要な回数タオルで拭けば良いので、優しく対処できますよ!

アトピーの改善方法(ちくちく肌編)

アトピーとチクチク3
スポンサーリンク

100パーセント綿素材の服を選ぶ

綿100パーセントの服はアトピーのひとにとっては神様みたいな素材です。

通気性が抜群で、肌触りは滑らかで、快適に生活できます。

それに加え静電気も起こりにくく、肌への刺激が少ないです。

ちくちく肌を悪化させないためにも、綿素材の服はぜひ持っておきたいです。

お風呂から出る前に保湿をする

あなたはお風呂から出てすぐに体を拭いていませんか?すごく損していますよ。

なぜなら、保湿効果を自分自身で下げているからです。

もし、体がまだ濡れている状態で保湿すると、皮膚についている水分が保湿剤と混ざって、保湿効果を高めてくれるからです。

やり方は簡単です。

体に着いた水気を手で軽く取り、いつも通り保湿をしていきます。

もちもちとした潤った皮膚に変わりますので、ぜひトライしてみましょう。

ラップ保湿はアトピーのちくちくが悪化する可能性あり

アトピーとチクチク4

ちくちく肌を改善しようとして、湿潤療法といわれる「ラップ保湿」をしたことがありました。

やる前は、終わった後の潤った皮膚を期待してワクワクしていたのですが、結果は最悪でした。

なぜなら、ラップをすることで皮膚が蒸れてしまい、かゆみが襲ってきたのです。

ラップはすぐ剥がしましたが、かゆみが増し、皮膚が荒れました。

ラップ療法は肌を保湿する方法で、肌の改善に効果的だと思いますが、ちくちくを感じるくらいの敏感肌には合わないと感じました。

ラップ療法はあくまで、炎症がほぼなく、完治に近づいてきたひとに向いているのかなと感じました。

なのでもし、ラップ療法で肌を改善したいのであれば、一気にちくちくする箇所に巻くのではなく、最初は小規模に巻いて様子をみて、問題がなければ、徐々に範囲を拡大させていくと良いと思います。

まとめ

  • ちくちく肌の原因は、化学繊維による刺激や熱いお湯を使って体を洗うことで引き起こされます。
  • 解決策としては、肌に優しい綿100パーセントの服を選ぶか、お風呂場から出る前に、体が濡れたままの状態で保湿をすると保湿効果が増して、健康な肌に近づきます。
  • ラップ療法は、アトピーが完治する寸前のひとは問題ないが、ちくちくを感じる敏感肌であればやることは危険な場合があります。もし行うのであれば、最初は小規模で巻いて、徐々に範囲を広げて、行うと安全です。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です