アトピーのじゅくじゅくは、肌のピンチを助けるためにやってきた救世主!!

アトピーとじゅくじゅく
スポンサーリンク

私はアトピーに悩み続けて長らく皮膚科で処方されていたステロイドを塗り続けてきました。

ステロイドを使用すればすぐに症状が治まるものの、長期間使い続けることはできない薬の為、使用中止期間を作ります。

しかし、するとすぐにアトピーが再発し、何度もその繰り返しでした。

次第に発症した当初処方されていた弱いステロイドでは症状が落ち着かなくなり、少々強めのステロイドに変わりました。

これからもステロイドを塗り、再発して塗りという事をエンドレスで続けていたら、ステロイドはどんどん強い成分のものになり、次第に肌に副作用も現れてくるだろうと思いました。

そこで完治に至ることのないステロイドを塗り続けることに意味はあるのか気になり調べてみたのですが、意外と多くのアトピーに悩んでいた人が脱ステロイドし、完治に至ったというのです。

私もこれまで頼りにしてきたステロイドの使用を一切やめ、完治まで頑張ろうと思いました。

しかし、その道のりには想像を絶する辛さがありました。

アトピーになっている患部がぐちゅぐちゅと膿んできてしまったのです。

やはりステロイドを使用しなければ生きていけない体になってしまったのか・・・。悪化してしまった、大変だと不安になり焦りました。

アトピー部分のぐちゅぐちゅする液の正体は?

膝裏のアトピー

ステロイドの使用を辞めてから数日後には患部から液が排出されジュクジュク下状態になってしまいました。

皮膚科の先生は脱ステロイドをしないほうが良いというので相談せず行ったので、液が出たからと言って受診したらこっぴどく叱られそうだなと思い、液について自分で調べてみることにしました。

すると出ていた液の正体は浸出液というもので、重症気味のアトピーの場合や脱ステロイドを実施すると良く見られる液でした。

浸出液の正体はリンパ液で、炎症を起こしてしまっている部分やキズが出来ている部分を体自体が自ら治そうとし分泌するのです。

アトピーにとってじゅくじゅくする浸出液は悪化の原因?

浸出液は炎症がおさまれば分泌されることがなくなるもので、浸出液自体が肌に悪影響を与えることもなく、自然治癒力で肌を治そうとしている良い傾向です。

しかし、本来の浸出液の色は透明で無臭なのですが、脱ステロイドに伴い浸出液が出る時は黄色っぽく独特な匂いがする傾向があります。

黄色いじゅくじゅくは要注意!

分泌されている浸出液が透明に近い場合は特に問題はないものの、黄色っぽく嫌な臭いがきつい場合や酷いかゆみも感じるという場合は注意が必要です。

浸出液が黄色っぽくなっていて臭いや痒みを感じる場合、浸出液の中で黄色ブドウ菌を始めとする菌が繁殖してしまっている可能性があるのです。

菌が異常に繁殖してしまっているという事は、肌に悪影響を与えてしまう原因となるため、正しい対処が必要です。

浸出液を活用しながらアトピー完治へ・・・

浸出液は上手く活用することで、アトピーを完治へとつなぐ味方となってくれます。

浸出液が黄色っぽく酷いかゆみを感じたときは

浸出液が黄色っぽくかゆみを感じる場合は、先ほども解説しましたが、黄色ブドウ菌が繁殖してしまっているため、そのままにしておくとアトピーは悪化してしまいます。

菌を減らすために皮膚科で抗生物質を処方してもらいましょう。

私は今まで通っていた皮膚科に行くとステロイドしか処方してもらえなかったので、思い切って別の皮膚科に受診したところ、快く処方してもらえました。

ここで自力でなんとかしようとすると、黄色ブドウ菌が原因の感染症になってしまうので本当に注意してください。

ステロイドを塗っても悪化するだけなので気を付けましょう。

浸出液が透明に近い時は

浸出液が透明に近く正常な時、抗生物質により透明になったら、正しい対処で完治までもうひと踏ん張りです。

汗はこまめに拭きとろう!

汗をかいたらこまめに拭きとるようにします。また、朝起きた時に汗をかいていないくても、人間は寝ているときに大量の汗をかいているので、下着から全て清潔なものに着替えましょう。

汗を拭きとるときも細菌が繁殖しないように、清潔なもので優しくふき取ります。

浸出液が透明になっても汗により細菌が繁殖してしまえば、黄色い浸出液が再来します。

砂糖や植物油を避けましょう。

砂糖や植物油を摂津してしまうと、血液がアルカリ性ではなく酸性に近くなります。すると、白血球の働きが悪くなってしまい、免疫力が低下し、黄色ブドウ菌などの悪影響となる菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。また砂糖や植物油は炎症も悪化させてしまうため、痒みも酷くなるので極力摂取しないようにしてください。

スポンサーリンク

お風呂に入ろう!

しかし、長時間湯船に浸かってしまうと、肌がふやけることで肌の乾燥を防ぐ保湿因子が放出され、酷い乾燥を招きます。また、シャワーで流す時も、肌の潤いを失ってしまう原因となるので、ぬるめのシャワーで優しく擦らず洗い流しましょう。

お風呂から上がったら即保湿ケアをしてください。

乾燥すると痒さが増し悪化してしまうので注意が必要です。

浸出液が出てジュクジュクしている時もお風呂に入って清潔にすることは大切です。

保湿をして再発を防ごう!

白色ワセリン

お風呂に入って浸出液を流した後や、汗を拭きとった時、浸出液の分泌が治まってきた時、肌はものすごく乾燥しやすい状態になってしまっています。

その為、しっかりと保湿ケアをし肌を守りましょう。

ワセリンでの保湿はNG

皮膚科でも処方してもらえるワセリン、薬局でも安く手に入れることができます。

保湿力が高いとも言われていますが、アトピーの浸出液によりじゅくじゅくしているときにワセリンを塗るのは大間違いです。絶対に塗らないでください。

ワセリンの主成分は石油であり、どうしても不純物がわずかですが含まれています。

じゅくじゅくしているときの肌は、細菌が触れただけでも汗を放置しただけでも菌が繁殖してしまうデリケートな状態であるにも関わらず、不純物が触れてしまうと炎症が引き起こり、更に悪化してしまいます。

また、ワセリンは油により肌の表面をカバーし乾燥を防いでくれるだけであり、乾燥した肌の上から塗ったところで表面だけがベタベタするだけで、肌は全く潤わず、インナードライという状態になってしまいます。

どんな保湿剤を選ぶべき?

保湿剤を選ぶときは・・・

  • 肌の奥深くまで 潤いを与えながら保湿してくれるもの
  • 肌のに優しく、不純物が含まれていないもの

となります。

そこで私が選んだのは【アトピスマイル クリーム】 というものでした。

保湿剤を探すため調べていると、肌の基底層という一番奥深いところまで潤いを与え、肌が乾燥しないように水分を肌に蓄えておくことが出来る水分保持機能に作用し、潤いW手放さない肌を手に入れることが出来る商品だったからです。

肌の表面だけが保湿されたところで、汗をかいたり服と擦れたり、お風呂に入ったら乾燥する肌に即戻ってしまいますが、肌の奥底から潤い肌自体に水分を蓄えておくことが出来るようになれば、根本的に乾燥しにくい肌を手に入れることができます。

また、十分な保湿が出来、十分な水分量が蓄えられている肌は、角質層という肌のバリア機能となる部分も正常に刃Tらいてくれるようになり、菌や細菌などに負けにくい肌になります。

市販の一般なドラックストアなどで販売されている保湿剤にはここまで保湿力の高いクリームはありません。

アトピスマイルクリームには独自のライスパワー№11という主成分が含まれているからこそ、このような高い保湿力を発揮してくれます。

更に、香料着色料、カゼイン、保存料などの肌に刺激となる成分は一切含まれていない為、ジュクジュクしている肌にも安心して塗ることが出来るのです。

アトピーが完治!薬なんていらなかった!!

アトピーが治まった膝裏

浸出液が透明になってからは無理にふき取ることはせず、お風呂に入るときには優しく洗い流し、お風呂から上がったらアトピスマイルクリームで保湿をする毎日を送りました。

ステロイドの使用を辞めてから、浸出液が出るようになり、見た目も酷くかゆみもひどかったのですが、アトピスマイルクリームを塗ってからは自然とかゆみが落ち着いていきました。

その後しばらくすると浸出液も落ち着き、肌の炎症も治まりアトピーの症状は官Z年位治まってきました。

約2か月ほどで肌はアトピーになる前のような肌を取り戻すことができました。

私は現在ステロイドというエンドレスな地獄をもたらす薬ともさよならできましたし、アトピーともさよならできました。

今では肌の悩みもなく楽しく生活できています。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です