アトピーに辛いもはNG!娘に除去食をしている私の決断とは!?

激辛スパイス
スポンサーリンク

「アトピーに辛いものは良くない」良く聞きますよね。

実は私自身、辛いものが大好きです。汗をかくほど辛いものが好きです。

私にはアトピーがないので気にしていませんでしたが、娘はアトピーなので色々調べると「辛いもの・香辛料は良くない」と出てきます。

娘はまだ子どもなので辛いものに対しては、そこまで気にしていませんでした。

でも、香辛料=スパイスですよね?

カレーライスやエスニック料理は娘も好きなのでこれには困りました。

そして私は決断しました!!

 

 

カレーライス

カレーライス

 大人も子どもも大好きなカレーライス。

スパイスの塊です。

私の家では市販のカレールーを使っているので、原材料を見ると凄いですね。

香辛料というよりは、「科学の結晶!?」と感じる様な内容です。

そして、私は香辛料よりも「脂質・添加物」の方が問題では?

と思う様な材料でした。

本当はスパイスの調合から自分でやれば脂質と添加物の問題はクリア出来るのでしょうが、私にそこまでのスキルはありません。

ところで、辛いカレーの「辛い成分」って何なのでしょうか?

私には意外でしたが主に「チリペッパー・カイエンペッパー」だそうです。

両方ともなんと「唐辛子」だったんですね。

我が家のカレーにはお肉を入れず、野菜出汁でコクを付けるので玉ねぎを大量に入れます。

玉ねぎは加熱すると甘くなるので、どうしてもカレー自体が甘く仕上がります。

なので、学校の給食レシピを参考にソースで辛味を足していたのですがソースのピリっとした辛味もスパイスの様です。

結局、カレーはスパイスの塊。市販のカレールーを使えば、何を材料に使っても香辛料の量が減るわけでもありません。

口で「辛い」と感じなくても胃腸に刺激が行くのは同じなので、神経質になる必要はないと思いますが頻繁じゃなければOK にしました。

唐辛子

唐辛子

 辛いものと言えば先ず唐辛子が浮かびませんか?

お蕎麦やうどん、おしんこや焼き鳥。

使う機会も多いかと思います。

唐辛子の辛味成分はご存知の方も多いかと思いますが「カプサイシン」が有名ですね。

一時は「唐辛子ダイエット」なんていうのもあったくらいで、発汗作用や脂肪燃焼効果もある成分です。

ですが、唐辛子は辛い!これも胃腸に負担がかかるので、頻繁でなく量に気を付ければ大丈夫だと思います。

ワサビ・からし

わさびとカラシ

 ツーンとくる感じが苦手な方もいると思いますが、「ワサビやからし」これも辛いもの香辛料に含まれます。

スポンサーリンク

お寿司やお刺身、冷たいお蕎麦にワサビは美味しいですよね!

からしも、とんかつやおでんには付き物ですね。

酢味噌にもからしが入っている場合もありますが、それも微量です。

ワサビやからしだけを大量に摂取することってほぼないと思います。

なので、これも私はOKにしました。

ここで1つ注意は写真の様に、チューブ式の物はとても便利ですが添加物が多い事です。

むしろ辛味よりそちらの方が問題かも知れません。

少し手はかかりますが、出来れば粉ワサビや粉からしの方がいいと思います。

私が学生の頃、チェーン店の寿司屋さんでバイトをしていました。

お寿司にわさびは付き物です。

販売する訳ですから、わさびの使用量も半端じゃありません。

大きなボールにいっぱいの粉ワサビを手で混ぜます。

これが本当にキツかったです。手は痛いし目にしみるし、本当に「刺激物!」

と言うのを経験しました。

ですが、今はアトピーの方専用のわさびがあるそうで、わさび風呂という民間治療法もあります。

少々お値段が高いですが、効果があったという方もいるので試してみる価値はありそうです。

ワサビには抗菌作用があるので、それが効くのでしょう。

ワサビ風呂は絶対にアトピー専用の物を使って下さいね。

チューブのワサビは絶対にNGです!

胡椒

黒故障

 お料理にかかせない調味料の胡椒。

これも辛味成分もあり刺激物です。

ですが、アトピーの方は成るべく市販の味付けの物を避け、塩胡椒などでシンプルに味付けすることも多くないですか?

市販の焼肉のタレなんかも、添加物が沢山入っていますよね?

我が家には焼肉のタレはありません。

そもそもお肉を除去しているので、使う機会も少ないのですが。

子どもの誕生日など、子どものリクエストで焼肉をやる時は焼肉のタレも手作りです。

少し面倒ですが、年に数回・少量なので作っています。

上記の物と被ってしまいますが、胡椒も1度に大量摂取することはそうそうないと思います。

本当にまれに、中蓋が取れて大惨事!なんてことはありますが・・・。

これも毎日食べるわけでもないのでOKです!

まとめ

  1. カレーはスパイスの塊。頻繁じゃなければOK!出来れば自家製のカレー粉がお勧め。
  2. 唐辛子は風味付け位ならOK!
  3. ワサビ・からしこれも毎日使うわけでもないのでOK。粉の物を推奨!
  4. 胡椒、刺激物ではありますが毎日でなければOK!

「辛いもの」と一言に言っても、紐解いて中を見ると本当に奥が深く完全除去は不可能だと思います。

ですが、香辛料・スパイスはアレルギー検査では判明しません。

もし、何かを食べてアトピーが発症・悪化するようであればそれはアレルギー反応かも知れませんので、食べた物に何が使われていたのかも振り返って見る事も大切だと思います。

辛いものの過剰摂取はアトピーの方でなくても、胃腸に負担がかかります。

辛いものが好きな私も良くお腹を壊すことがあります。

腸内環境の崩れから発症するアトピーは、普通の人より辛いもの・香辛料の摂取は控えた方がいいでしょう。

ですが! アレルギーがなければ、ストレスを溜めるほど過剰に除去する必要はありません。

せっかくの食事ですから、美味しく頂きましょう。

美味しい物を食べている時って幸せですよね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です