アトピーに小麦粉は最悪!?毒を食らわば皿までな私の対処法

小麦粉
スポンサーリンク

小麦粉は体に時間をかけてよくない影響を出す。ということを聞いたことはありませんか?

確かに、小麦粉は高血圧や内臓の病気などにも影響出すようです。

しかし、なぜアトピーにはより危険と言われているのでしょうか?

 

小麦粉摂取でどうなる?

小麦粉は体温をあげる働きがあるそう。

アトピーは、体温が上がってくると痒くなりやすくなります。

なので、小麦粉が体温をあげて炎症を促進してしまうんですね。

さらに、アトピーを持っている人は多くの人が何らかのアレルギーを持っているものです。

小麦粉もその一つ。

私も私の姉妹も、アトピーと一緒に様々な食べ物、ハウスダスト、花粉などのアレルギーを持って生まれてきました。

小さいころは、小麦粉は食べれないし牛乳もだめ、卵もだめ!とほとんどの料理に使われているものがアレルギーで食べられませんでした。

なので、昔はよく母が私たちが食べられるものだけでケーキなどを作ってくれていました。

症状の軽い重たいはありますが、アレルギー反応という形でも体が痒くなってしまうのかもしれません。

特に症状が首から上に出ている人は、小麦粉のアレルギー反応の可能性が高いんです!

アレルギー反応の場合だと、死に至る危険性も十分にあるので気を付けてくださいね。

 

小麦粉を食べちゃいけない?

小麦粉が悪化の一つになるから取らないように!と言われても、小麦粉が使われた食べ物は主食のほとんどを占めてますよね?

パンもうどんもラーメンも。。。

これを一切取らない!!!っていうことは、結構難しくないですか?

私は、麺類大好きなのでとても難しいです(笑)

夏場は熱いから冷やしうどんやそーめんが増えてしまうし、冬は寒いからラーメンが食べたくなっちゃいます。

お菓子やケーキなどにも小麦粉ってふんだんに使われているんですよね。。。

なので、それを全部絶つようにしてしまうと、食べたいものが食べられないことにストレスが溜まってしまいます。

ストレスもアトピーを悪化させてしまうので、結局よくならない可能性も。

なので、あんまり食べない。ようにするんです!

私も、「うどん食べたいな。」とよく思うんですが、「いや、昨日食べたからお米にしよう!」といった感じで、少しだけ我慢するんです。

スポンサーリンク

「立て続けに麺類はよくないな。」とかを少し意識するだけでだいぶ自分に大きなストレスを与えずに量を減らすことができます。

 小麦粉の悪影響を軽減する対策法

私は、もともと何も気にせずにそう食べていたのですが、調べてみたところあることが分かりました!

小麦粉を使った食品を食べるときに、一緒に辛味の食材を食べるんです!

辛味の食材とは、ネギやショウガ、わさびなどがあげられますね!

これらを一緒に食べることでたんぱく質を分解してくれるそうで、体への影響を軽減できるんです!

すごいですね。これを知ったときにびっくりしました。

私はもともとネギもショウガも大好きなので冷やしうどんなどを食べるときに漬け汁に大量投下していたので(笑)

たくさんとればいいというものでもないと思いますが、小麦粉製品だけ食べるよりはうんと効果があると思います。

実際に、私の家ではみんなうどんやラーメンなどをよく食べますが、ネギを少し多めにとったり、ショウガやわさびを入れて食べているので、頻繁に食べてもあまりアトピーが悪化した!!とはなりません。

 まとめ

  1. 小麦粉製品は無理なく少しずつ食べる量を減らしましょう。
  2. 食べるときは、辛味の食材も一緒に食べましょう。
  3. アレルギー反応の場合があるので症状がひどいようなら早めに病院に行きましょう。

アトピーには、少し厄介なアレルギーがよくついてきます。

万が一、アレルギー検査で小麦粉が出た場合は、無理せず減らすではなく、完全に食べないようにしたほうが安全です。

私もたくさんアレルギーを持っていて症状が出なくなり克服したものもありますが、成長してから食べられなくなったものもあります。

またそれが大好物のものとなると、なかなか食べないようにすることはとても大変です。

しかし、アナフィラキシーショックを起こして死んでしまうかもしれません。

それだけじゃなく、じんましんが体に出ることが多いアレルギーの症状ですが、体内で特に喉や器官が腫れて息ができなくなり窒息してしまうことも考えられますし、起こりうることなので、食べ物には十分に注意したほうがいいと思います。

アトピーの悪化原因にもなるアレルギーなので一度検査することもお勧めしておきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です