アトピーによる落屑の改善とは!?鍵はかゆみ防止と肌サイクル。

顔が痒い女性
スポンサーリンク

私はアトピーになってから、アトピーによる落屑に悩んでいました。肌がカサカサとし皮膚が剥がれ落ちてくるのです。

また、剥がれ落ちていくばかりではなく、痒みも酷く感じました。

痒みも酷い、皮膚もボロボロと毎日寝ても起きても最悪でした。

朝は剥がれ落ちている皮膚を出来るだけとり、綺麗に見えるように努力し、痒みは寝る時も酷く深い睡眠が出来ませんでした。

更に夏場などは剥がれ落ちている皮膚が丸見えになるような服装をしなければいけないのが苦痛でしょうがなく、落屑が酷い時は夏場でも長袖長ズボンで必死に汗をかきながら隠していました。

アトピーによる落屑の原因は?

注意

落屑と痒みに悩んでいた私は、何かしらの原因があるはずだと思い、調べてみることにしました。

落屑は皮膚が新陳代謝を繰りかえすことで、死んでしまった皮膚が剥がれ落ちてくることを指しています。

通常の健康的な肌の場合、自然と剥がれ落ち、目立つほどの剥がれ落ちが起きないので、痒みもなく見た目も不自然になることはありません。

しかしアトピーの場合は炎症を繰り返し皮膚が死に、回復を繰り返すことで異常な皮膚の剥がれ落ちが起きてしまうため、肌が酷く痒み、見た目もボロボロになってしまうのです。

皮膚が死に新しい皮膚になるという事を肌のターンオーバーというのですが、肌のターンオーバーが行われているという事は、アトピーになってしまった部分の不健康な皮膚が無くなり、健康的な肌が出来ているので、正しい対処をすれば治る手前の良い症状と言えます。

しかし、新しい肌が健康的な状態になっていないのにも関わらず、古い皮膚が剥がれ落ちてしまうと、いつまでたっても健康的な肌に戻ることはできなくなってしまうのです。

私はアトピーの治りかけのサインである落屑に対して正しい対処をせず、完治をみすみすと逃してしまっていたのです。

落屑が見られたという事はもう少しで健康的な肌に治るというチャンスのサインだったのです。

アトピーによる落屑への正しい対象法は?

驚き

落屑はアトピー肌から健康な肌に代わる絶好のチャンスなのですが、正しいケアを行わなければ健康的な肌に戻ることはありません。

見た目に対する対処法

まずは見た目をどうにかしたいのです。治る手前だからと言って、カサカサで皮膚が剥がれ落ちてくる見た目で外出したり出社するのがものすごく苦痛なのです。

更に痒みも酷いのでどうにかしたいという気持ちがありました。

入浴

入浴をすることは落屑時に良くないという意見もあるのですが、アトピーにとっては炎症を起こさない為に、清潔な状態の肌を保つことはとても大切であるため、ニュよくするという事はとても大切です。

しかし、入浴すると肌が温まることで強烈な痒みに見舞われてしまうので辛いのです。

そこで、シャワーで優しく洗い流し、湯船に入るときはぬるめの温度の状態で入るようにします。するとかゆみを痒く感じることは無くなりますし、清潔を保つことは可能です。更に体を洗うときは少なくとも肌に刺激を与えてしまうことにもなるので、優しく擦らないように洗う事が大切です。

潤いを与える

入浴すると肌の表面の油分も洗い流されてしまうため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

また、肌に付いた水滴が蒸発するのとともに、肌の水分までも賀が蒸発してしまい感想を招くため保湿を欠かさず行うことが大切です。

落屑から完治に向かうために

落屑から完治へと向かうためには保湿を欠かさず行わなければいけません。落屑時は肌がものすごく乾燥してしまっています。

保湿していない肌は肌のバリア機能が低下しているため、少しの外部刺激の影響により炎症が起きてしまうこともあるので、アトピーが再発しやすくなってしまっています。

逆に肌をしっかりと保湿すれば肌のバリア機能が高まり、肌の回復も早くなり再発も防ぐことができます。

落屑と言う完治まであと一歩というところを逃さずに、保湿をすることで完治し、もうアトピー、落屑に悩まされることは無くなるのです。

スポンサーリンク

アトピーによる落屑から完治へ

乾燥

何度も再発するアトピーですが、落屑が起きたときがチャンスだと思い、必死で清潔にし保湿も心がけました。

しかし、なかなか治ることが無く保湿剤を塗っても数時間経つと保湿の意味がないと言っても過言ではないほど乾燥した肌に戻ってしまうのです。

全く肌が潤わない状態を感じ、保湿剤を変えてみることにしました。

一般的な保湿剤は潤わない?

私が使っていたのは薬局で購入した保湿剤でした。

しかし、肌が十分に潤う感じがしないというか、私の酷い乾燥した落屑している肌には潤いが全く足りていないように感じたのです。

実は調べてみたところ、市販の保湿剤の肌に与える保湿効果としては、肌の表面、肌の角質層くらいまでにしか潤いが届かないという事が分りました。

しかし、新しい肌というものは肌の角質層よりももっと深い所に何枚もの皮膚が出来ていて、角質層よりも深いところまで潤いを与え無ければ、皮膚が新しくなったところで乾燥した肌が表面の肌となってしまうため、乾燥肌は続いてしまいます。

肌が奥底で待機している時から潤いを与え、新しく出てくるときには潤った状態で出てきてもらわないと困るのです。

肌の深層にある基底層まで潤う保湿剤は?

では、肌の奥深くにある基底層という部分まで潤いが浸透し、待機している肌までもを保湿してくれる保湿剤は無いのかと思い、薬局を渡り歩きましたがどれがいいのかはっきりいってわかりませんでした。

そこでインターネットで深いところまで潤いを与えられる保湿剤は無いのかと探ってみたとこを、【アトピスマイル クリーム】 というものを発見しました。

このアトピスマイルクリームは、肌の奥深くにある基底層というところまで潤いを与え、待機している皮膚にまで潤いを与える事が出来る保湿剤だったのです。

これで落屑、アトピーの完治になるのではないかと思い購入してみることにしたのです。

アトピーによる落屑をアトピスマイルクリームを使って保湿

落屑している私の肌にはアトピスマイルクリームを使うことが効果的だと感じた私は、毎日朝とお風呂上りの2回塗ることにしました。

以前まで使用していた市販の保湿剤は朝に塗っても昼間にはカサカサしてくるので、外出先や出勤時に保湿剤を忘れることを恐れるほどでしたが、【アトピスマイル クリーム】 を塗ってからは朝から晩までカサカサすることが無くなったのです。

これだけでもとても驚いだのですが、あんなにも毎日むけ落ちる範囲が広がり酷い見た目の肌だったのにも関わらず、アトピスマイルクリームを塗ってから見た目も潤いカサカサ感がかなりなくなりました。

それからも塗り続けたところ、剥け落ちた皮膚の下にある肌は潤いのあるカサカサ感のない肌だったのです。

その後はアトピーの炎症が起こることもなく、落屑ももちろん起きなくなりました。

まとめ

治癒に向かって

落屑が起きていることがアトピーの完治まであと一歩だったという事に全く気付いていませんでした。

いままで何度も完治までの道を逃してしまったと思うと悔しくなりました。

しかし、アトピスマイルクリームに出会うことができ、しっかりと治すことができ本当に良かったなと思います。

夏場肌を隠すために必死でバカみたいに汗をかいていた私ですが、今では半袖も着られるようになりましたし、夏が来るのも全く怖くなくなりました。

また夜もぐっすり寝られるようになり、イライラすることも減りました。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です