アトピーにとって大敵ともいえる汗ですが、実は味方のようです。

落ち込む女性
スポンサーリンク

アトピーをお持ちの方で、汗をかかないようにしている方も多いのではないでしょうか?

私もその一人でした。

理由は、汗が傷口にしみることやべたついた肌は痒くなることなどです。

実際に汗にはそのような成分が含まれているため、掻かないほうが肌の刺激にならずいいと思っていました。

しかし、最近では汗をかかないようにしていることがアトピーの悪化につながっているという話があるのです!

 汗の持つ効果とは

あまりアトピー患者からしていいイメージのない汗ですが、何と大きく分けて3つの効果があるんです!

まず一つ目は、肌の表面の保湿です。

汗をかくことによって乾燥していた肌の表面に水分を回すことができます。

アトピーは乾燥がもとになっているようなものなので、保湿は大事ですよね。

二つ目は体温調節です。

肌に流れた汗が蒸発することによって一緒に体温を下げてくれます。

体が熱くなると炎症を引き起こしやすくなるアトピーでは、自然と体温を調節できるので助かりますね。

3つ目は、抗菌する成分の補給ができることです。

基本的に肌という体の一番外側にある部分に症状が出るため、外気にある色々なアトピーを悪化させる物質に触れ放題ですが、汗から抗菌ペプチドや免疫グロブリンといった抗菌作用のある部室を肌に補給することができるので、肌をまもることができます。

確かに、汗をかいた後ってベタベタするなとは思っていましたが、乾燥している!とは思ったことがありません。

汗には、確かに炎症を引き起こすような成分も含まれていますが、それ以上にアトピーを治すために効果的なものがたくさん含まれていますね!

 でも痒くなる、どうしたらいい?

落ち込む女性

「汗はアトピーにいいからどんどんかけ!」なんて言われても困ります。

だって汗をかくと痒くなるし、炎症部にしみるし。。。

確かにそうなんです。私も、汗を掻くとなんだか痒くなるし炎症部がひりひりするし、いいと言われても困ったなー。と思っていました。

しかし、解決法があるんです。

全く汗をかかなかったのにいきなり汗をかくようになるとしみてしまったり痒くなるのは当然なんです。

だって、汗にはそうなる成分も含まれているんですから。

じゃぁ、どうするの?と思いますよね?私もそう思いました。

スポンサーリンク

簡単に言えば、その対処法は慣れてしまえばいいんです!

簡単に言われても、と思うかもしれませんがそれしか今のところ方法がありません。

それに、なんだかんだで肌は汗の刺激に慣れていきます。

何事にも個人差はあるので、なれるまでの期間は人それぞれだと思いますが。。

慣れてしまえば、かゆみなどもあまり引き起こさなくなります。

ただし、なれるためにかゆみやしみることを我慢するのはよくありません。

私は慣れるまでよく、「痒くなってきた」や「ひりひりする」といった症状が出たらすぐに汗を洗い流しに行ったり、その部分を冷やしていました。

それらを繰り返しているうちにだんだん肌が慣れてきて、洗い流しに行く回数も減っていって今ではあまり行かなくても大丈夫になりました。

無理せずに徐々に慣らしていくことが大切だと思います。

 汗をかく方法

お風呂に入る女性

汗をかけかけ言われてもそんな簡単にかけるものでもないですよね。

方法はたくさんありますが、運動をしたりすることが一般的ですよね。

他にも、サウナに入ることや岩盤浴なども汗をかくのでいいと思います。

半身浴なんかもじっくりと汗をかけるのでいいですね。

自分に合った汗のかき方でどんどん肌を慣らしていってみてください。

ただし掻いた汗をぬぐう際、あまりごしごしと拭いてしまうと肌を傷付けてしまったり炎症を悪化させてしまう危険性がありますので、気を付けましょう。

 まとめ

  1. 運動やお風呂などで汗をかくようにしましょう。
  2. 痒みやしみると思った時は我慢せずに汗を洗い流しましょう。
  3. 汗を流すだけではだめだというときは、患部を冷やしましょう。
  4. ごしごしと汗をぬぐうのは肌に刺激が強すぎます。やさしくぬぐうようにしましょう。
  5. 自分のペースで肌を汗に慣らすようにしましょう。

これらを踏まえて、汗を積極的に掻くようにしてみたらアトピーの炎症を抑える効果が得られるかもしれません。

何事もですが無理は禁物なので自分のペース、自分のやり方を見つけてみてください。

これらは私の体験談などをもとにした話ですので、すべてが正しいわけではないかもしれません。

一意見として試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です