アトピーで落ちる皮膚にヒントがある?観察して対処法を見つけよう!

アトピーと皮膚と落ちる1
スポンサーリンク

「あっ、この服かっこいい!いや、だけど色が黒くて、皮膚が落ちたら目立つから、黒い服着れないな」、そんなこと思った人いますか?「着る服も自由に選べないなんて最悪だ」、服を選ぶたび、わたしは落ち込んでいました。

いつからかそう考えるのが疲れてしまったので、いつも同じグレイの服を来ていました。

理由は、グレイなら皮膚が落ちても目立たないからです。

しかし、その落ちてくる皮膚には、アトピーを改善するヒントがあり、アトピー改善に大きく役立ちました。

そこで今回は、落ちる皮膚からどうアトピーを改善すれば良いのかを紹介します。

アトピーによって落ちた皮膚を観察しよう

アトピーと皮膚と落ちる2

わたしがアトピーがひどかったときは、落ちる皮膚がすべて0.5ミリくらいの大きさの皮膚がポロポロ毎日のように落ちていました。

そのときは、ものすごいかゆみが全身にあり、特に頭皮と顔のかゆみと炎症がひどかったです。

しかし、段々とアトピーの症状が良くなっていくのと同時に皮膚の落ちる量が減りました。

そして、落ちる皮膚の大きさも小さくなっていきました。

かゆみが落ち着き、社会復帰できることには皮膚は落ちることはなくなりました。

皮膚が落ちることが多かった時期はとにかく、落ちた皮膚を観察して、硬さはどれくらいか、色、皮膚は湿っているかなどを観察しました。

すると、いま自分の皮膚がどういった状態になっているのかが徐々に理解できるようになってきて、対処法も確立することができました。

湿った皮膚

落ちた皮膚が湿っている場合は、アトピーの炎症によるかゆみだけでないことがありました。

それはカビが原因かもしれません。

わたしが皮膚科医に行った時に、カビによるかゆみの症状が起こっていると言われてました。

(体部白癬と呼ばれる症状です)

そのとき、落ちてくる皮膚が湿っていました。

もしあなたの皮膚が湿っていたら、カビによるかゆみが出ているかもしれないので、そのときは皮膚科で真菌抗生剤をもらうか、真菌を殺す成分が入ったシャンプーや石鹸を買って、対処すると良くなる可能性が高いです。

色が黄色い場合

落ちた皮膚の色が黄色の場合は、炎症がまだ引いておらず、傷からリンパ液の黄色い汁が出ている状態です。

この場合は、皮膚のバリア機能が壊滅していて、ただちにステロイドで炎症を抑え、搔き壊しをやめなければいけません。

黄色い皮膚が陥る段階は、保湿剤を塗ることはお勧めできません。

なぜなら、落ちた皮膚が黄色の場合、炎症がものすごい強い状態なので、保湿剤を塗ると血行促進をしてしまい、かゆみをさらに強めてしまいます。

イメージとして、火に油をかけるようなものです。

さらに燃えてしまい、悪化しますので、すぐにステロイドで炎症を抑えましょう。

皮膚のサイズが大きい場合

落ちてくる皮膚のサイズが大きい場合は、まだ皮膚のターンオーバーが正常化しておらず、まだ炎症が残っている状態です。

なので、引き続きステロイドを塗り、保湿剤を使って対処しましょう。

皮膚のサイズが小さい場合

落ちる皮膚が小さくなってきた場合は、皮膚がだいぶ回復してきた状態です。

スポンサーリンク

しかし、まだ炎症が少し残っている状態なので、油断せずにかゆみ止めと保湿剤を使って対処しましょう。

アトピーで落ちてしまった皮膚の掃除で便利なアイテム

アトピーと皮膚と落ちる3

コロコロ

お掃除の定番、「コロコロ」。わたしがアトピーがひどかったとき、アトピーが治まってきた今でも、良く使っています。しかし、コロコロをフローリングで使うときに、くっつくときがあったんですよね。

しかし今は、コロコロも進化していて、フローリングでも使えるコロコロがあります。

なので、もしいま使っているコロコロがフローリング対応でなかったら、フローリングの上をコロコロしても、くっつかないタイプのコロコロを使いましょう。

レイコップ

布団の上にたくさんの皮膚が落ちている。起きてから、毎回シーツをほろって、またベットメイキングをする。

この手間が本当に面倒で、大変でした。コロコロを毎回かけていたら、何十枚も紙が必要だし、毎回シーツを洗うのも手間だし、どうしようかな、と考えていたときにたまたまテレビを見ていたときに、レイコップという携帯型の掃除機を見つけました。

今までのシーツをほろったりする手間の半分以上の時間で、非常にきれいになりました。

そしてレイコップのいいところは、殺菌作用もあるので、落ちた皮膚を吸ってくれるのと同時に、ベットの殺菌までしてくれるという優れものでした。

毎日、シーツを掃除したり、コロコロをかけて、精神的に疲れてしまっているひとは、特にレイコップがおすすめです。

ダイソン

レイコップも非常に優れていますが、ダイソンも良いです。ダイソンの良いところは、ベットの掃除もできる、コンセントもいらない、といったどこでも掃除が可能な点だと思います。

なので、一通り掃除が終わった後の延長でそのまま布団の掃除ができ、アトピーのひとが掃除をするときにぜひ持っておきたい掃除アイテムだと思います。

まとめ

アトピーと皮膚と落ちる4
  • 落ちている皮膚を観察することによって、自分のいまの皮膚の状態がわかり、どう対処すればよいかが、わかってきます。
  • 湿っている皮膚はカビが原因かもしれないので、真菌抗生剤、または真菌を殺すシャンプーや石鹸を使って対処すると良いです。
  • 落ちている皮膚が黄色い皮膚は、リンパ液が傷口から出ており、炎症が強い状態です。この場合は、ステロイドで炎症を抑えることが重要。
  • 皮膚のサイズが大きい場合は、まだ皮膚のターンオーバーが正常でないです。引き続き、炎症を抑え、保湿を続けましょう。サイズが小さい場合は、皮膚がかなり良くなっっている状態です。油断せずに、ステロイドと保湿剤を使っていきましょう。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です