アトピーで抗生物質を付けたら怒られた。貴方は飲む?塗る?

抗生物質軟膏
スポンサーリンク

抗生物質というと「風邪の時に出される薬」というイメージが強いですが、大分前にはTVで「風邪で抗生物質を出す医者は信用するな」とやっていました。

ですが、現在でも抗生物質は普通に処方されますね。

 

風邪だけではなく歯医者でも、皮膚科でも。抗生物質は飲み薬だけではなく、抗生物質入りの軟膏などもあります。娘の手に木のトゲが刺さり皮膚科に行った時にも抗生物質入りの軟膏が処方されました。

 

 

では、なぜ私はアトピーに抗生物質入りの軟膏を塗ったら医師に怒られたのでしょうか?

 

 

抗生物質とは

細菌の画

抗生物質とは、ざっくり言うと細菌を殺す薬です。

膿んでしまった箇所には傷口に最近が入り込み炎症を酷くしている状態です。

 

風邪などで抗生物質を処方されるのは、体内の細菌を駆除するためでしょう。歯医者では、抜歯などで処方されると思いますがそれは傷口に細菌が入るのを抑えるためです。

 

 

でも、風邪に直接効く薬はなく対処療法と言われています。

その辺はアトピーと同じですね。

 

抗生物質を飲むとどうなる?

細菌が殺される様子

抗生物質は細菌を殺す薬です。

飲み薬でも塗り薬でも細菌を殺します。飲めば腸内の細菌を、肌に塗れば肌に付いている細菌を殺します。

 

 

私たちの腸内には数え切れない程の細菌が常に存在しています。

 

必要な細菌、体に不調を起こす細菌であればバイキンと言われますね。

その全てに抗生物質は反応します。

 

抗生物質を飲んでお腹の調子が悪くなった経験のある方もいるでしょう。

それは必要な細菌も抗生物質により居なくなってしまった為です。

 

 

だからと言って、「抗生物質を飲んではいけない」という訳ではありません。

医師から指示を受けた量と期間はしっかり守りましょう。

 

その間不調が現れた場合は直ぐに医師に相談してください。

 

 

膿が酷いアトピーに抗生物質を塗ると

 

アトピーとは、体の老廃物を体内から排出する症状です。

傷口にバイキンが付くと膿を持ったりしますが、膿も体内の細菌とバイキンの戦いの結果出来たものですので溜めておいて良い訳ではありません。

 

以前、数年治まっていた娘のアトピーが急に発症しました。

私が見たときには、目を背けたくなるような膿がビッシリの足。

 

その時すでに医師からステロイドの禁止を言われていたので、私は抗生物質入りの軟膏を塗りました。「膿には抗生物質」と消毒のように思っていました。

 

 

翌日病院へ行きその事を話したら医師に「そういう事をするから酷くなるんだ!」ととても怒られました。

口は悪いけど、その医師の言うとおりにしているとアトピーは治まるので私が間違っていたのだと素直に認めました。

 

人には傷を自然に治す力があります。

 

抗生物質はその肌を再生する細菌も殺してしまいです。

だから、私は自分の勝手な判断で抗生物質入りの薬を娘に塗って医師に怒られたのです。

 

その診察で娘に処方されたのは、抗アレルギー剤のみでしたが1ヶ月もしないで見事にキレイにアトピーは治りました。

 

抗生物質を体に入れない選択肢も

NOを伝える女性
スポンサーリンク

医師から抗生物質を処方されたときや自分で薬局で抗生物質を購入した場合。手元に抗生物質がある場合、飲んだ方が良いか飲まない方が良いかは是非ご自身で判断して欲しいです。

 

アトピーは様々な原因により発症しますが、その1つとして腸内環境のバランスの悪さが上げられています。

 

 

風邪で抗生物質を処方され飲んで、アトピーが悪化する場合もあります。

軟膏を塗る時も同じです。

 

 

娘は手にトゲが刺さり抗生物質入りの軟膏を処方されました。その時期はアトピーが治まっていたせいかもしれませんが、それによりアトピーが発症することはありませんでした。

 

その間、風邪をひいて抗生物質を飲んでもアトピーは発症していません。

 

それだけアトピーの要因となる物が娘の体に無かった時期だったからだと思います。

 

 

ですが、今娘は大きなストレスを抱えアトピーが発症して一進一退を繰り返しています。

 

膿が出来ても抗生物質は与えていません。

かゆみ止めと保湿、抗アレルギー剤の飲み薬だけで対処しています。

 

 

ストレスが発散出来ると、アトピーも鎮まります。

ストレスが溜まると驚くほど一気に悪化します。

 

風邪で高熱があれば解熱剤は飲ませますし、インフルエンザであればその薬は飲ませます

 

でも風邪は薬を飲まなくても治りますよね?

 

風邪もアトピーも対処療法しかないという共通点があります。

 

私は信頼している医師の指導の元、娘にアトピーではステロイドも抗生物質も与えません。

 

 

それでも膿は治っています。

 

まとめ

  1. 抗生物質は細菌を良くも悪くも殺す薬です。ウィルスには効きません。
  2. 抗生物質は飲むと腸内環境が変わります。それによりアトピーが発症する可能性もあります。使用に関してはご自身で判断してください。
  3. アトピーが「膿を持っているから」と言う理由だけで抗生物質の使用はやめて下さい。抗アレルギー剤の使用と生活習慣、食習慣だけで治る時もあります。アトピーではなく他の皮膚病かもしれません。アトピーであっても悪化する恐れがありとても危険です。自己の勝手な判断での抗生物質の使用はアトピーの悪化を招く場合があります。
  4. 抗生物質を処方された時は、医師と相談の元ご自身で決めてください。アトピーでの抗生物質の治療は対処療法です。アトピーが治るわけではありません。
アトピのポツポツが出た皮膚 アトピー治りかけの皮膚

これは娘の写真ですが、1枚目と2枚目は同じ場所を撮っています。角度や写し方で違う場所に見えるかも知れませんが同じ場所です。

 

1枚目の写真から2枚目の写真まで2週間経っています。

ステロイドも抗生物質も一切使っていません。

 

抗生物質の使用を全面的に否定するわけではありませんが、使わなくてもここまで回復することは出来るのです。

 

娘に対して、一時の改善よりも長い目で将来的な完治を私は願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です