アトピーでステロイドを処方された肌でも皮剥けを乗り越えてきれいな肌へ

ステロイドと皮剥け
スポンサーリンク

ステロイドと聞くと漠然と怖いイメージを持っていませんか?効果や副作用をそれほど知っているわけではないのにいざステロイドを処方されると使うのをためらってしまいますよね。私がそうでした。次男がアトピー持ちなのでいろいろと皮膚科を受診しましたがどの病院でもステロイドを処方されました。

ステロイドを処方されるたびに「結局ステロイドなのね」と思いました。でも怖がって自分の判断で中途半端に使うことの方がアトピーを悪化させるということを知りました。正しい使い方をすれば新しい皮膚の再生に大きな効果を表します。

ステロイドを使う意味

ステロイド外用薬には抗炎症作用といって患部の炎症を鎮め、アレルギー反応を抑える効果がありアトピー性皮膚炎の治療に使われることが多くそれ以外の皮膚炎にも幅広く処方されます。アトピーの肌は炎症に加えかゆみも伴っているのですが、ステロイドを使用することで炎症とかゆみが治まります。

ですが、その効果はステロイドを使用している一時的な期間であってアトピーの根本的な治療にはなりません。アトピーのかゆみというのは健康な肌の人には分からない生活に支障をきたすほどの強いかゆみです。

かきむしることで自分の肌がボロボロになってしまうのにそれすら我慢できなくさせるのがアトピーですが、このつらいかゆみをステロイドが緩和してくれるのです。

ネットでも多くの副作用があがっているので漠然と怖いイメージだけを持って、実際のところ何が悪いのか分からなくなっている人も多いと思います。

ステロイドのどこが怖いのか、副作用でどうなるのかその不安を医師に相談し不安を解消し納得したうえで使用することをおすすめします。

全ての人にステロイドが良いとも言えませんが、息子の場合は短期間集中して処方されたステロイドを使い肌がきれいになったのは事実です。

きれいになった肌を少しでも維持し強い肌にするため、前の肌に戻るもんか!!と必死に食らいついて保湿、保護を欠かさず行っている状態です。

ステロイドを使う必要があった最悪の状態は抜け出すことができました。もし医師から使う必要があると診断されたのであれば、一度使ってみるのもアトピーの症状を今よりも緩和させる一つの方法だと思ってみてください。

ステロイドの使い方

ステロイドを使うとき患部はまずきれいに洗い流して清潔な状態にします。

そして湿疹の状態や部位によっても変わってはくるのですが、基本的には大人の人差し指の第一関節ほどの長さのステロイドを出してその量で大人の両手の手のひらほどの面積を塗ることができます。

これが出してみると結構量があります。この量に初めはビビッてしまうかもしれませんがステロイドに対して慎重になるあまりごく少量を塗っていては全く効果がでませんでした。

ただ意味のないステロイドを塗り続けていることとなります。ステロイドには強い抗炎症作用があるので通常であれば数日から一週間で効果が現れます。

正しい使用法で使っているにも関わらず、全く効果がみられないようであれば医師に相談してください。ステロイドは正しい方法で医師の指示に従って使用すれば安全でそれほど心配いりません。

スポンサーリンク

アトピーの皮剥けとは

正常な皮膚はだいたい28日サイクルで新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。新しい皮膚を作るため皮膚の奥深くで細胞分裂や増殖を繰り返し、その細胞が上へと押し上げられ肌が再生していくのです。

上へと押し上げられた細胞は表面へと到達すれば最後はアカとなる仕組みになっています。肌は絶えず入れ替わっているのでケガをしてもかさぶたとなってはがれ落ち肌は再生されるのです。

ですが、アトピーの人や肌荒れを起こしてしまっている肌はこの皮膚の代謝が正常に働いておらず代謝異常を起こしています。

アトピーでカサカサになった肌がポロポロと落ちる経験ありませんか?これはアトピー治療の過程において必ず通るといわれている皮剥けです。

皮膚の代謝が行われ新しい角質層が形成されたことによって、アトピーの乾燥した古い皮がアカにはならずポロポロと自然に落ちるのです。

この状態が起こると、外出するのが嫌になるほど見た目が悪くなってしまい落ち込むと思います。ですが皮剥けが落ち着いたあとの肌はきれいな新しい肌になっているのです。これを繰り返して丈夫できれいな肌へと再生します。

皮剥けに対する理解

皮剥けの過程はとてもつらい時期です。せっかく治りかけて良い方向に向かっているにも関わらず肌からは薄い皮がパラパラと落ち、見た目は悪くなり周りの目を気にしてしまいます。

ポロポロと落ちる皮膚はアトピーを理解していない人からすればフケと思われてしまうこともあるかもしれません。アトピーが快方に向かっているこの状態を周りの人に理解してもらうことも必要です。

知らぬ間に周りから誤解されていてはせっかく皮膚が良くなっても対人関係は良くなりません。だから私は息子のアトピーを知ってもらえるように親しい人には自ら話すようにしました。

相手も気を使って聞きにくいこともあるので相手が抱く不安を自分から話すことで症状を理解してもらい、誤解をクリアにするよう努力しました。

こういった小さな心がけで少しずつストレスをためないようにすることを身に付けました。

まとめ

  1. ステロイドの何が怖い?副作用は何?その気持ち全てお医者さんにぶつけてみよう
  2. アトピーの激しいかゆみや炎症を一時的に緩和してくれるのがステロイド
  3. ステロイドにビビッて少量ずつ使っているようでは効果が発揮されないので使わない方がまだマシ
  4. アトピーが悪化しているかのように皮剥けが起こることがあるが、それは良い兆候
  5. 皮剥けの時期の辛さを周りに理解してもらいストレスフリーで過ごす

周りの人から二度見されるような真っ赤にただれた息子の肌を見ていると、これがいつまで続くのかと思うと先が見えず落ち込む日々でしたが、私の息子の場合はステロイドが救世主となりました。

少しでも良くなる兆しが見えたのです。アトピーは長期間の治療を必要とする皮膚疾患です。気持ちが折れてしまわぬように少しでもアトピーの人のストレスが無くなればと願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です