アトピーって顔だけなることある?顔にアトピーができてしまった時の対処法とは

アトピーと顔だけ1
スポンサーリンク

アトピーは、アレルギー反応を伴う免疫系の皮膚疾患です。アトピーの肌は、通常の人よりも乾燥しており、敏感で刺激にも弱い傾向にあります。

また、ホコリなど本来であれば無害なものにもアレルギー反応を起こしてします。そして刺激があれば、基本的には身体のどこであっても湿疹ができます。

しかし、顔にだけアトピーが出ることもあり、悩んでいる人も多いようです。今回は、顔だけにアトピーが出た場合の対処法について書いていきたいと思います。

どうして顔に出るの?

アトピーは、湿疹が出てかゆくなったり、掻き傷や乾燥肌が痛かったりして大変です。また、湿疹は見た目も気になりますし、顔にアトピーが出ると、とても憂うつです。

私は子供の頃からアトピーなのですが、炎症は全身に出ます。炎症が出るのは、汗をかいたり、ホコリっぽかったり、何らかの刺激を肌が受けている時です。

ですが、顔にだけアトピーが出る人がいると言うのは、とても納得の行く話です。と言うのも、体と違って顔は外気に常にさらされていますし、化粧品などの刺激も受けやすいからです。

顔だけにアトピーの症状が出るのは、顔にアレルギー反応が出るような、より多くの刺激があるからなのです。

顔にアトピーができたらまず何をすべき?

アトピーと顔だけ2

アトピーは、まず何らかのアレルギー反応がなければ、症状は出ません。ですので、アトピーの症状が出ているということは、顔の肌に触れる何かにアレルギー反応を起こしていることになります。

しかし、アトピーは普通なら何でもない刺激にもアレルギー反応を起こすので、炎症の原因を特定するのは割と大変です。とりあえず、アトピーに良くないとされるものを順番に疑うというのが、基本的な対処法となります。

まず、アレルギー反応の原因として可能性のあるものは、できる限りやめます。やめるのは、主に化粧品になるかと思いますが、洗顔料や、シャンプーなどもそこに含まれます。

もし、使っている化粧品の中で刺激を感じるものがあれば、すぐに使用中止してください。使い切るまで我慢すると、アトピーは悪化してどんどん治りにくくなります。

化粧品の中にも、アトピーに対応したものはありますので、自分の肌に合うものを探します。アトピー専用を謳っていても、肌に合わなくて湿疹が出ることもありますので、必ず結果を見て判断するようにしてください。

スポンサーリンク

アトピーの基本的な対処法

顔だけにアトピーが出る人の中には、大人になってからアトピーになったという人もいるようです。そういった方々のために、アトピーの基本的な対処について書いていきます。

アトピーは、乾燥肌の超敏感肌です。肌をしっかりと保湿して、刺激のあるものをなるべく減らします。

肌の保湿でおすすめは、刺激のないワセリンです。美容効果などは期待できませんが、アトピーでこれに勝る保湿剤はありません。塗りすぎるとベタベタになるので、そこだけ注意です。

湿疹ができていれば、皮膚科で塗り薬をもらいましょう。塗り薬は、少しでも早く掻き傷や湿疹を治してくれますので、アトピー治療には必要です。また、状況に応じて、アレルギー反応を抑える飲み薬が出ます。

肌に触れるものは、できるだけ清潔にして、部屋もほこりっぽくないようにきちんと掃除しましょう。汗をかいたら、アトピー悪化の原因になりますので、放置せず出来るだけ早く洗い流しましょう。

早く治すためのコツとは

アトピーと顔だけ3

アトピーはアレルギー反応を起こして炎症が出るものなので、完全に治すのはとても難しいです。しかし、症状を軽減させ、少なくとも見た目は改善させることができます。

アトピーは、湿疹ができると痒みを我慢できず掻いてしまい、それが原因で炎症を繰り返し、なかなか治らなくなります。湿疹を繰り返さないためには、出来るだけ掻かないようにするのが大事です。

湿疹ができたら、痒くなくてもきちんと薬を塗り、湿疹ができていなくても、保湿をきちんとしましょう。朝起きた時と、晩のお風呂上りのすぐ後に薬を塗り、保湿します。

湿疹に正しく対処することで、なるべく掻かなくても済むようにしましょう。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  1. 顔の肌は刺激が多いのでアトピーの症状も出やすい。
  2. まずはアレルギー反応の元をなくすようにしよう。
  3. アトピー対処の基本は、保湿、塗り薬、そして清潔にすること。
  4. 保湿と塗り薬で掻かないようにすれば、アトピーは早く良くなる。

顔にアトピーができてしまったら、見た目も気になるし、本当に焦ると思います。でも、できてしまったものは仕方ありませんので、冷静に対処しましょう。

アレルギー反応や乾燥肌への対処ができれば、必ずよくなりますので、きちんと対処して、早く良くなるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です