アトピーだからこそベビーパウダーを使おう??ケアと驚きの使い方とは?

アトピーに効果抜群ベビーパウダー
スポンサーリンク

私の子供は幼いころからアトピーに悩まされ続けました。

ぐちゅぐちゅとした黄色い汁が、アトピーの発疹からでてくるほど悪化してしまったり、とても可哀そうな状態でした。

私は皮膚科から処方してもらったステロイドをしっかりと塗っているのに、症状が落ち着きステロイドの使用をやめた途端、再発という日々を繰り返していました。

子供は親戚やご近所さんに見られれば、必ず顔の湿疹を見られ「可哀そうに。なんとかならないものなの?」などと言われ悲しくなったり、私は皮膚科の指示に従って治療を進めているのに治らないというやるせなさから、かなり落ち込んだり自分に対してイライラする日々が続きました。

育児ノイローゼになってしまいそうでしたね。

夏になればアトピーの症状と共にあせもも出てきてしまい、子供の体は湿疹だらけでした。

半袖やスカートを着せたり、外で水遊びをさせてあげたくても、周りの目が気になり隠すようにして外出していていました。

そんな時に唯一子供のアトピーばかりを見るのではなく、可愛い可愛いと接してくれていた友人に、アトピスマイルクリームというものを勧められたのです。

皮膚科で処方されるステロイドの使用を良く思っていなかったり、どうにか治したいという一心で、すがるような気持ちでクリームを購入しました。

そして、アトピスマイルクリームは私の子供の肌と悩んでいた私をを救ってくれたのです。

私が子供によく使用していたベビーパウダーの事も合わせて、アトピー完治に至った要因を紹介したいと思います。

アトピーにベビーパウダー?!

image002

アトピーにベビーパウダーを使用している方も少なくないのではないでしょうか。

アトピーの症状が酷くなると、浸出液という黄色い汁が出てきてしまう事があります。

私の子供も湿疹が酷くなると良く黄色い汁が出てきてしまいました。

また、夏の暑い時期になるとどうしても汗をかきやすくなり、アトピーとともに、あせもができてしまい、湿疹が増えるようなことも良くありました。

そんな時に、あせもの改善について調べてみたところ、ベビーパウダーが効果的であるという事を知りました。

ベビーパウダーは汗を吸収してくれるため、塗った肌がさらさらとするため、あせもができにくくなり、子供も快適に過ごせるというものでした。

この情報を知った私は、すぐさま薬局へ行き、ベビーパウダーを購入したのです。

塗ってみたところ、汗がしっかりと吸収され、さらさらとした肌にもなり、特にオムツによるお尻付近のあせもが新たにできることが無くなりました。

こんなにサラサラになり、あせもが治るのであれば、アトピーの症状の進行に伴い、浸出液がでて、ぐちゅぐちゅ、ベタベタしてしまっているところにも塗れば、良い効果が期待できるのではないかと思いました。

アトピーにベビーパウダーはNG

image003

アトピーにベビーパウダーを塗ってみたのですが、まったくアトピーの症状が治まる様子はありませんでした。

逆に、アトピーの症状が悪化していたようにも思い、調べてみることにしました。

早く治したいという気持ちから、良く調べる前に試してしまった自分を恨みました。

ベビーパウダーにはあせもやアトピーを治す効果はないようです。

あくまでも、汗を吸収し快適に過ごせるようにする手助けやかゆみを一時的に抑えるものなのですね。

更に、汚れた肌にベビーパウダーを塗ったら、かえって肌への悪い刺激となってしまうという事を知りました。

アトピーからの浸出液は、汚れたものであるわけではなく、アトピーを治そうとして体が分泌しているものだとは知っていました。

しかし、体の老廃物も一緒に出てくるのですよね。

老廃物の上からベビーパウダーを塗り、ふさいでしまったら肌の中に老廃物を閉じ込めてしまう事になります。

浸出液が酷い時は・・・

浸出液が酷くても、ベビーパウダーで閉じ込めてしまうのは良くないという事は、どうしたらいいのかわからず、調べることにしました。

浸出液の分泌がひどい場合、皮膚科で相談した時は、ステロイドを処方され対処するようにと言われました。

しかし、調べてみるとステロイドを塗っただけでは、一時的に治まるだけで際は菟する可能性が高いようです。

そこで最も良い対処法として、体の場合はガーゼなどで覆い、細菌などが侵入しないようにしながら、浸出液をガーゼに出すようにすると良いそうです。

また。顔の場合はガーゼを巻くのはかわいそうなので、清潔に保つように心がけると沿いのです。

しかし、浸出液の影響でほこりや小さなゴミが付きやすくなり、そこから細菌が侵入してしまうと悪化に繋がるため、洗浄綿などを活用し、こまめに拭いてあげると良いそうです。

実際に私も、清潔に保つように心がけたところステロイドよりは時間がかかるものの、浸出液が治まっていきました。

また、浸出液が出ている状態のときや、アトピーの症状により湿疹が酷い時は、肌バリアという細菌や外部刺激から肌を守る力が低下してしまっているため、乾燥しやすくなったり、炎症を起こしやすい状態なのです。

その為、拭き取るときに、ティッシュペーパーを活用してしまうと、小さなきずができてしまったり、微量の化学薬品により、肌荒れを引き起こしてしまうようなので使用は控えたほうが良いですね。

肌バリアの低下と乾燥の関係

image004

浸出液の対処法を調べたときに、肌バリアという仕組みを知り、肌の健康状態に関わるという事で、子供のアトピーにも何か関係があるのではないかと思いました。

肌バリアという外部刺激から肌を守る力が、健康な肌には備わっているのですが、肌が乾燥すると肌バリアの力は低下してしまうそうです。

アトピーの症状が酷くなる一つの原因として、肌バリアが低下しているから、外部刺激に耐えらず、悪化、再発が引き起こるのですよね。

私の子供も乾燥肌だったのでしょう。

また、何度も清潔にするためにと、濡れたもので顔を拭くたび、乾燥を招いていたのだと思いました。

ベビーパウダーは肌の汗を吸着し、サラサラの肌触りにしてくれるアイテムですが、もともと乾燥した肌に塗ってしまったら、より肌の水分が吸収されてしまい、乾燥が進みます。

老廃物を閉じ込めてしまうばかりではなく、肌に必要な水分を吸収し、肌バリアを低下させるという理由からも、ベビーパウダーの使用は避けたほうが良いのだなと思い、タンスにしまい込みました。

スポンサーリンク

友人がおすすめしてくれたクリーム

 

脱ステロイド

友人が自宅に遊びに来た時に、いつも子供の肌のことで悩んでいた私の相談を受けてくれていました。

そのクリームの話を聞いた日も、肌のことについて相談していたのですが、アトピーの改善のためには保湿することが大切なのだと思うという事を告げると、保湿するならアトピスマイルクリームというものが良いとおすすめされました。

詳しい話を聞くと、子供と良く見ているNHKなどでも取り上げられたり、ニュースでも紹介されていたクリームだという事でした。

興味を持ちましたが、これだけでは購入し使う気にはなりませんでした。

更に友人が「肌の水分保持能力を改善することで、肌バリアってものが強くなるんだって」と続けたのです。

私が知りたかった肌に充分な水分を行き渡らせ、肌バリアの力を高めるという事を成し遂げてくれそうなクリームの情報でした。

友人の帰宅後、すぐにインターネットでアトピスマイルクリームを検索しました。

アトピスマイルクリームの事を調べていくと、私が使用を辞めたいもののアトピーの改善には使用するしかないのかと、諦めかけていたステロイドが使用されていませんでした。

更に、市販の一般的な保湿剤の場合、肌の表面しか保湿できないのにも関わらず、アトピスマイルクリームなら角質層まで水分が行き届き、水分が十分に肌の深層まで行き届くという事を知りました。

こんなにも深層から肌が潤うのであれば、少しくらい浸出液を拭いてもすぐに乾燥を招いてしまう事もないのではないかと思いました。

また、ライスパワーNo.11配合アトピスマイル クリーム は日本で唯一肌の水分保水能力を改善する効果が認められた外部医薬品という事で、どうにかステロイドに頼らず、アトピー自体を治すことはできないかと、わらにもすがるような思いで注文しました。

アトピスマイルクリームで完治・予防

膝裏のアトピー

注文したアトピスマイルクリームを、開封すると商品の説明のようなものも同封されていました。

そこには無香料。無着色で肌に優しく、肌になじみやすく優しいライスパワーというものが含まれていることを知りました。

もちろんステロイドは使われていませんでしたし、安心して肌の状態が良くない子供にも使えそうだなと思いました。

最初は恐る恐る塗ってみたところ、特に異常はなく数日使い続けることにしました。

すると、徐々に浸出液の分泌が治まり、アトピーの湿疹も新たにできなくなっていました。

正直、こんなにも効果があるとは思っていなかったので、驚きを隠せませんでした。

同時に、【アトピスマイル クリーム】 を紹介してくれた友人に感謝でいっぱいです、

アトピー完治後の予防

アトピーが治まった膝裏

子供のアトピーは数か月アトピスマイルクリームを塗り続け、症状が無くなりました。

また、再発するのではないかと恐れていたのですが、アトピスマイルクリームを塗り続けているおかげか、再発していません。

また、ステロイドのような薬が入っている訳でもなく、肌に優しいクリームなので使い続けても問題はないでしょう。

薬のように一時的に症状を和らげるのではなく、完治し再発しないというところまで見守ってくれるアトピスマイルクリームは、私たち親子の大きな味方です。

ベビーパウダーの効果的な使い方

私がアトピスマイルクリームに出会う前に、アトピーを悪化させてしまい、タンスの奥へしまったベビーパウダーが活躍するときが来ました。

夏の気温が高い時期、やはり深夜の寝汗などが酷くあせもができやすくなってしまうのです。

そんな時に活躍してくれたのがベビーパウダーです。

アトピスマイルクリームは肌の正面だけに潤いを与え、保湿するようなクリームではないという事で、深層まで潤っているうえにベビーパウダーを少量つけるのあれば問題ないのではないかと思いました。

そこで本当にうすーくベビーパウダーを塗ることで、サラサラとした肌触りになり、あせもを防ぐことができました。

また、アトピスマイルクリームのおかげで、肌バリアが強くなってくれているので、ベビーパウダーを塗ったからと言って、肌が荒れたりアトピーが再発することもありませんでした。

肌の深い部分まで、潤いを与え、肌自体を強くしてくれるクリームがあったから、ベビーパウダーもうまく活用することができました。

輝かしい日々に変化・・・

私は自分の子供が生まれて、2か月のころには乳児湿疹ができはじめ、4ヶ月の頃にはアトピーと診断され、ずっと「可哀そう」「痛そう」「何とかしてあげたら」というような言葉ばかりかけられていました。

私も子供の成長よりも肌の事ばかりに気を取られていたなと、振り返ることがあります。

買い物に行く時も抱っこ紐で体が隠れるように、顔が私にしか見えないようにしたり、ベビーカーの日よけ部分を深く被せたりしていました。

アトピスマイルクリームに子供が7か月の頃に出会い、どんどん状態が良くなり、私の気持ちも明るくなっていきました。

今では買い物に行く時も抱っこひもで隠すことなく、前向きのお店のカートを堂々と使用できますし、ベビーカーの日よけも程よく明けて聖典や風を気持ちよく感じさせてあげれています。

もうすぐ仕事復帰も控え、保育所に預けることになりますが、安心して預けられそうです。

このクリームに出会えて本当に良かったと思います。

まとめ・・・

  • アトピーにベビーパウダーはNG
  • ベビーパウダーにより乾燥を招き、肌バリアが低下
  • 肌バリアを高めるためには保湿が重要
  • 一般的な保湿クリームは表面しか保湿できない
  • アトピスマイルクリームは肌の深層まで保湿し、水分保持能力を高める
  • 肌バリアが強くなり、アトピーの改善・予防につながる

アトピーの悪化やアトピーの完治・予防がしたいと考えている方は、是非一度使ってみてください。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です