アトピーさんはボディソープを使わないという選択

水洗
スポンサーリンク

アトピーになってしまったら、とにかく患部への刺激を極力避ける生活習慣を身につけなくてはなりません。

そこで必ず遡上にあがるのが、洗顔料やシャンプー、ボディーソープなどの洗浄剤についてです。

刺激を避けるのが最優先である以上、それら洗浄剤については、最も刺激の少ない製品を選ぶというのが定石になるかと思います。

低刺激で肌に優しく、敏感肌でも使える製品を選ぶのが必須となりますが、体を洗うボディーソープについては、むしろ使わないという選択もあります。

ボディーソープを使わないなんて考えられない、と思われるかもしれませんが、実際に体を洗わない入浴方というのは存在します。

洗浄剤は肌のバリア機能を低下させる原因のひとつであるため、それを取り除くだけで、アトピーの回復速度は圧倒的に上がります。

今回は、対アトピーのための、ボディソープを使わない入浴法について記してみたいと思います。

あなたのアトピーの悩みを解決するヒントになれば、と思います。

湯船につかるだけで80%の汚れは落ちる

水洗

ボディソープを使わないでどうやって体の汚れを落とすのか、という疑問についてですが

非常に明快な答えが出ています。

お湯を張った湯船につかり、手で体を丁寧になぞるだけで、実に体の80%の汚れは落とせます。

この80%、というのが非常に重要なポイントで、洗浄剤を使用してこの数字を100%に近づけることで、本来肌に必要な菌まで落としてしまうことになります。

肌に必要な菌、というのは美肌菌とも呼ばれる、肌の常駐菌で、肌の保湿に強いかかわりを持っている菌になります。この美肌菌は洗浄剤の殺菌効果により、簡単に消失してしまうため、洗浄剤を使用しての洗体は、著しく肌の乾燥を呼んでしまうのです。

保湿といえば、アトピー治療の大原則のひとつです。いかに正しく保湿するかによって治療の是非が変わってくるということは、ボディソープを使わないという選択は、理にかなっているのです。

お湯で丁寧に体を洗い流すという習慣を身につけることにより、アトピー治療の純度はかなり高くなります。

体は毎日、ボディソープで洗うというのが、あまりにも当たり前に習慣として浸透しているため、かなり抵抗はあるかと思いますが、治療期間だけでも、その習慣を変えることを強くオススメいたします。

習慣化すれば、きっと気にならなくなるはずです。

スポンサーリンク

どうしても洗いたいならオレイン酸がたっぷり入った製品を

ソフトソープ

とはいえ、どうしても洗いたい。

ボディソープが使えないなんて不潔すぎるという、そうしたイメージに勝てないのであれば、ボディソープの製品選びにこだわる必要があります。

こだわるポイントは、オレイン酸です。

オレイン酸というのは、植物油の中に含まれている脂肪酸で、美肌効果をもたらす成分です。

皮脂を洗い落とす力を抑えているため、肌の常駐菌である美肌菌を極力残したまま、肌を洗浄することができます。

オリーブオイルや椿油を主原料とした固形石鹸に含まれる成分となっています。

そうした製品はたいていコピーやパッケージに、オレイン酸という言葉と数字が記載されているため、製品選びの基準になるかと思います。

ちなみに、選ぶのであれば固形石鹸がマストです。

液体石鹸は肌に不要な成分が多く含まれているため、肌本来のバリア効果を損なう他、アトピーの治療を遅くする原因の一部が含まれていたりします。

シンプルな成分で精製されている固形石鹸が、アトピー肌にはオススメです。

どうしても石鹸を使いたいのであれば、オレイン酸をたっぷりと含有した、植物油を主原料とした固形石鹸を選んでください。

少しづつ習慣を変えていく

遅い

お湯だけで洗う、洗浄剤を使わない習慣を身につけるか、オレイン酸をたっぷりと含んだ低刺激の石鹸を使用するか、比較してしまうと、それはお湯だけで洗う習慣の方が、遥かにアトピー治療には効果的です。

もちろん、習慣を変えるストレスというものが、治療に影響を与える可能性はあるため、強制はできませんが、出来る限り洗浄剤を遠ざけた生活というのが、治療の原則のひとつとなっているのは事実です。

できれば、最初は2日に1回だけボディソープを使うなどの条件をつけて、徐々にその頻度をコントロールしていき、最終的には洗浄剤を使わない習慣を身につけるというのがベストであると私は考えます。

抵抗を感じる最も大きなファクターであると思える不潔感、についてはお湯洗浄だけできちんと80%の汚れは落ちる、つまり充分に汚れは落とせるという事実を強く意識することでクリアできれば、と思います。

少しづつ無理のない形で、習慣をコントロールすることで、あなたのアトピーの悩みが解消されること願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です