アトピーが顔だけにでる原因は!?薬や対処に悩んでいるあなたへ!

アトピーと顔だけ1
スポンサーリンク

大人のアトピー性皮膚炎で多いのが顔だけにアトピー症状がでること。顔のアトピーって辛いですよね。人目に触れるし、隠すこともできないし。

いち早く治ってほしいと切実に願うばかりですよね。だけど、顔に薬を塗るのって少し抵抗があったりしませんか?

私も顔のアトピーの治療は、色素沈着や跡が残るのが嫌なので他の部位より慎重になります。そして今のところ、色素沈着もなく、炎症さえ起きなければ肌はキレイな状態でいられます。

そこで、どうしてアトピーが顔にだけでてしまうのか?薬や対処の仕方はあるのか?原因と共にまとめてみました。

アトピーが顔だけにでる理由

アトピーと顔だけ2

顔のアトピー症状で、赤みやカサカサに悩む人は多いのではないでしょうか。首は湿疹や、しわのところが切れてジュクジュクしたりしますよね。

私は子供の頃からアトピーもちで、昔は足や腕など体の症状がひどかったのですが、大人になってからは体の症状は時々でるかな…程度まで軽減しています。

そのかわり、首と顔は毎年花粉の時期になるとアトピーがでます。今年はなぜか秋口から、おでことアゴにカサカサと赤みが出ていて、治ったりでたりを繰り返しています。

アトピーが顔だけにでる原因としては主に、

  • 化粧品が合わない
  • 顔は乾燥しやすいが皮脂も多い
  • 髪の毛があたる
  • 寝具のダニやほこり
  • ハウスダスト
  • アレルギー物質

などと言われることが多いです。

髪の毛があたって湿疹がでるのは私も何度も経験してます。毛先が首筋にあたったりして刺激を受けるとかゆくなって、ポリポリかいてしまうとあっという間に湿疹が広がるんですよね。

乾燥しやすいのに皮脂が多いっていうのも納得です。Tゾーンの皮脂が気になるから洗顔を念入りにする。すると結果肌が突っ張るんですよね。

どうすりゃいいの!ってしょっちゅう思います。

そしてアレルギー。私はアレルギー検査をしたことがるのですが、ハウスダストとカビのアレルギーがありました。

ハウスダストについては、おすすめのお掃除のコツがあるので紹介しますね。

でも、その前に。アトピーが顔に出てしまった時、どのようにして症状を改善していますか?

プロトピックをどう使う!?

アトピーと顔だけ3

顔のアトピーにはプロトピック軟膏を処方されることが多いですよね。

皮膚の薄いところに効き目があって、顔の赤みをとるのに効果的なのがプロトピック。だけど、塗った直後にひりひりしたりほてりが出たりするんです!

そんな生やさしいもんじゃない!って声もありますよね。激痛と灼熱地獄!ってくらい辛い症状が一時的にあるみたいです。

私は実は使ったことがありません。いつも弱めのステロイドを処方されるので…。ステロイドと保湿でいつものりきっている感じです。

プロトピックは顔の赤みをとるのに高い効果があると聞いたら、私はとても気になるのですが…。プロトピックもステロイドと同じで怖いとか、危ないとか言われているんですよね。

プロトピックを使ったらいつまでも使い続けなくちゃならないのか?と不安になることもあると思います。脱ステならぬ脱プロなんて言葉もあるくらいですからね。

スポンサーリンク

実際、気をつけなければならないこともあるようです。

例えば、

  • 皮膚の免疫を低下させるので感染症に注意する
  • プロトピックを塗った部位は紫外線にあててはいけない
  • 長期使用はNG

などなど。

確かに注意点を見ると怖くなりますよね。人によって合う合わないもあると思います。

不安になったり迷った時は、まずお医者さんに注意点や副作用を納得がいくまで聞いてみるのがいいでしょう。そこで不安を拭いきれなければ、違うお薬や別の対処法でお願いすればいいだけです。

患者側から注文をつけると嫌な顔をするお医者さんって確かにいます。だけど、自分が納得していないまま何か月も何年も治療を続けるのはストレスになりますよね。

アトピーはすぐに治るわけではないので、何でも相談できて、信頼できるお医者さんを見つけるのも大事だなと思います。私も結構、転々と皮膚科を渡り歩きました。

そして今は、信頼できるお医者さんのところへ通っています。

でも、どんな薬も同じですが、一番よくないのはお医者さんの指示を守らず、自分の判断で薬をたくさん使ったり、途中でやめてしまうことですよね。

プロトピックも指示を守って慎重に使いながら、症状を改善している人はたくさんいますよ。

ハウスダスト対策のコツ!?

薬や保湿による治療をしながら、同時に気をつけていきたいのが生活環境です。

寝具のダニなどはまめにお布団を干す、または布団乾燥機をかけることが大事です。カバーはまめに洗濯しましょう。できれば毎日が理想的です。

そしてできれば化繊ではなく綿素材がいいです。肌に直接触れる枕カバーだけでも綿にすると良いかもしれません。

ハウスダストについては、毎日のお掃除はもちろんですが空気清浄機を活用するのもおすすめです。

ところで、空気清浄機ってリビングで使う人が多いですよね。でも、お掃除のプロが空気清浄機はここに置くべき!と推奨するのは『寝室』なんですよ!

家中のハウスダストのいちばんの出どころって、実はお布団なんです。

なので、寝室に空気清浄機を置くことで、お布団から出る繊維のくずなどのハウスダストをまず除去するんですね。そうすると、家中のハウスダストが自然と減っていくんです。

もちろん、花粉なんかもあるのでリビングにも同時に置けるのがいちばんなんですけどね。

そして、フローリングの掃除は朝いちばんでやるのがコツです!まだ誰もドタバタ歩いていない起きたてに、お掃除シートやモップ掛けをするのがハウスダストに効果的です。

夜寝ている間に、ほこりは床に落ちてきます。そこを歩いてしまうと、せっかく何時間もかけて床に落ちたほこりがまた舞ってしまいます。

なので、そ~っとお掃除するのがコツです。

間違っても、朝一番に空気の入れ替えをしちゃいけません。したいですけどちょっと我慢です。

顔は常に外気に触れている分、色んなものが付着しやすいです。面倒でも、ハウスダスト対策のお掃除はこまめにした方が良いですよ。

まとめ

アトピーが顔だけに出る原因としては

  • 化粧品が合わない
  • 顔は乾燥しやすいが皮脂も多い
  • 髪の毛があたる
  • 枕のダニやほこり
  • ハウスダスト
  • アレルギー物質

などがあります。

治療法や薬についてはお医者さんとよく相談して決めましょう。ハウスダストを軽減するコツは、空気清浄機の活用法と朝いちの静かな掃除です。

顔の赤みや粉をふくようなカサカサは治りにくいと言われていますが、適切な対処をすれば次第によくなっていきます。

人目につく顔の症状を気にし過ぎて、自信を持って顔をあげられないなら、薬に頼ってひとまず治すのもありだと思いますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です